先日、仕事から帰って来て自宅玄関を開けようとした時に、玄関脇の雑草の中に小さな黄色い花が咲いているのを見つけた。

それから、毎日ずっと気になっていた。

朝、出掛ける時には気付かないのだが、夜帰って来た時に気がつく黄色い花なのだ。

薄暗くなって、夜を迎える時間にきれいに咲いている小さな花に、何となく心奪われる…。

 

「夜に開く花…」

 

そんなけなげさを感じる花は、なんて言う花なのだろう…って思った。

で、調べてみると、これが「マツヨイグサ」というものだと知った。

大正ロマンを代表する竹久夢二の詩「宵待草」に唄われている、あの花だ…。

こうしたけなげではかなさを感じる姿が、日本人の心には響くようだ…。

自分も心を奪われたので…。

 

ということで、今夜はネットで「宵待草」の歌を探して聴いたりしている…。

 

 

★YouTubeチャンネル:21fups

 

●個人サイト:倒産社長!再起への「道」!!

 

昨日の水曜日は休日予定だったが、午前中に保健所の巡回指導があるということで、その立ち合いに行って来た。

昼過ぎからは通常の休日のように過ごそうと思っていたのだが、職場施設で現在最年長の利用者さんの容態変化の連絡が来た。

もうすぐ105歳になる方なのだが、これまでに何度となく危険な状態を乗り越えてきている。

今回も何とか乗り越えて欲しい…と思っていたが、夜になって息を引き取った…、との連絡が来た。

取りあえずまた仕事着に着替えて、施設へ向かった。

こうして、夜に仕事に出て行くこともある。

この仕事に就いてから本当に多くの方の最期の時に立ち会ってきて、その都度強く思うことがある。

 

「誰にでも、終わりは必ず来る…」

 

どんな物語も、やがては終わる時が来るのだ…。

 

だからこそ、人生の物語がまだ続いている今現在を生きている自分は、この今現在を大事にしよう…と。

 

一人一人の人生って、本当にすごいんだよなぁ…って、またそんなことを感じる瞬間を体験させて頂いた…。

 

 

★YouTubeチャンネル:21fups

 

●個人サイト:倒産社長!再起への「道」!!

 

実は、「おみくじ」には自信があった…。

これまでの人生で数限りなく「おみくじ」を引いてきたが、随分多くの確率で「大吉」が出ているような気がするのだ。

「おみくじ」がある神社やお寺に行った時には、そんな自分の運を確認したくて「おみくじ」を引くことが多い。

だって、自分が「おみくじ」を引くと、気分が良くなることが多いもので…。

そんな自分が、先日の仕事の休日に近場の観光地のお寺に行って「おみくじ」を引いた…。

書き出しで自信があった…、と過去形で書いたのは…、

 

ここで出たのが…、何と、何と…!

 

…「凶」だったのだ!!!!!

 

今までの人生で「凶」を引いたことがない訳ではないと思うのだが、思い出せる中では「凶」のおみくじの記憶が出てこなかった。

でまあ、結構ショックで、この後何ヵ所かカメラを持って観光地を回りたかったのだが、家に帰ることにした…。

だって、おみくじに「静かにじっとしていた方が良い…」とか書かれていたもので…。

 

それで、ちょっと興味を持ったのだが、「おみくじ」の「凶」の割合ってどの位なのか調べてみた。

場所や時期によってそれぞれ違うようで、一概には言えないのだが、多くの場合は「大吉」よりも確率は低いようだ。

 

でも、ちょっと待てよ…と。

「大吉」よりも確率が低い札を引くなんて、本当に「選ばれた人」と言えなくもない…?

考え方を変えれば、もしかして「超!ラッキー!!」なのかもしれない…。

 

「凶」…!?ラッキー!!

 

そう考えることにした。

 

 

★YouTubeチャンネル:21fups

 

●個人サイト:倒産社長!再起への「道」!!

 

告示日が近付いてきて、ニュース等で東京都知事選挙の話題が頻繁に出るようになってきている。

蓮舫さんが出馬表明をした後、一時期小池さんとの一騎打ちのような報道が圧倒的だったが、最近ネットの情報を見ていて自分自身はかなり石丸伸二氏に注目している。

多くの人がそうであるように、自分も何となく見ていたYouTubeで彼のことを知ったのだが、今回の都知事選に出るということで、過去の彼に関する動画をあれこれと見るようになった。

それで、俄然その言動に興味を持ったのだった。

まあ、自分自身は政治や選挙に詳しいわけではないし、ただ単に今まで選挙には極力行くようにしていたというだけなのだが、今回東京都民がどう動くのかには注目したいと思うようになった。

特に若い人の選挙に対する行動に、もしかしたら変化が出るのかもしれない…、なんて期待している。

自分には東京都知事選挙の選挙権はないが、ウチの子供が二人東京都民になっているので、今回の選挙はどうするのか聞いてみたい…と思っている。

ウチの子供たちが選挙権を持つようになって、まだ自宅に住民票があるうちは、選挙の時には必ず子供も連れて一緒に選挙に行くようにしていた。

選挙の棄権は極力しないように…、と自分自身も親からそう教わったので、子供たちにそれは伝えたつもりなのだが…。

 

 

★YouTubeチャンネル:21fups

 

●個人サイト:倒産社長!再起への「道」!!

 

「ひろみちおにいさん」が、病気で突然歩けなくなった…というニュースに驚いた。

 

ウチの4人の子供たちのうち3人が、「おかあさんといっしょ」に出演させてもらったが、この時の体操のお兄さんは「ひろみちおにいさん」だった。

長女が出た時は歌のお姉さんが「りょうこおねえさん」の時代で、おねえさんの隣に座らせてもらってTVにもよく映っていたが、双子の長男次男の時は大変だった…。

歌のお姉さんは「しょうこおねえさん」に代わってすぐの頃だった。

番組収録中、双子の長男次男は他の子供たちとはまったく違う行動を取っていて、スタジオの後ろの方で二人で遊んでいた。

出演者の皆さんやスタッフが声をかけて、みんなの所へ連れて来ようとするのだが、そんな言葉はまったく無視で、ずっと他の子供たちとは離れた場所で好き勝手なことをやっていた。

スタジオ収録をNHKの一般見学者と一緒に見ていた自分の所へスタッフが来て、「お父さんはいますか?」と言われて「ハイ!」なんて手をあげて、二人にここから手を振ってあげてください…なんて言われて、一般見学者の中から「オーイ!」なんて手を振って、出演者の方々が「ほら、お父さんがあそこにいるよ…」なんて二人を何とかみんなと一緒の場所に連れて来ようとしていた。

でまあ、結局長男次男は番組中ずっと二人で後ろの方で遊んでいたのだった。

そんな二人を、「ひろみちおにいさん」がエンディングの体操の時にうまく手を引いてみんなの所に連れて来てくれた。

番組の最後の行進の時は、「ひろみちおにいさん」と手をつないで歩いていた…。

歌のおにいさんもおねえさんも、スタッフも…、みんなが声をかけてくれたけどダメだったウチの双子を、「ひろみちおにいさん」が体操をしながらみんなの中に連れて来てくれたのだった。

「ひろみちおにいさん」には、そんな思い出がある。

 

どうか、元気になって欲しいと祈っている。

 

 

★YouTubeチャンネル:21fups

 

●個人サイト:倒産社長!再起への「道」!!