9月も終わってしまう…。

今年も残すはあと3ヶ月。

今年やりたいと思っていたことは、ほとんどそのまま置き去りになっている感じだ。

しかもこれからが、ウィルス感染拡大が心配になる季節と言われていて、積極的に動くことに躊躇する。

持ち越しになることがたくさん…。

中にはあきらめてしまおうか…、ということも出てくる。

 

そんな中、今日ふと読んでいた本で、また心動かされる。

日々、こうして何かに刺激を受けながら、頑張って先へ先へと進んで行くのだ。

こうして、何かしら心を刺激するきっかけがあるということは、まだ自分自身が人生の中でやらねばならないことがあるということなのだろう。

 

明日から10月だ。

うん。頑張って行こう…。

 

★個人サイト:倒産社長!再起への「道」!!

 

朝の出勤前、ゴミ出しに行くと、近所の知っているお父さんに会った。

ウチの長女と同級生の子のお父さん。

下の男の子がウチの子たちと同じ少年野球チームにいたことがある。

自分が会社倒産してから十数年になるが、この期間不思議と顔を合せなかった。

ウチの双子が小学校を転校する時に、家の前を雪かきしていて顔を合わせて、「寂しいです…」と言われたのが、最後の会話だ。

あの時小学3年生だった双子は、今大学2年生になっている。

それが、こんな日常の一コマである朝のゴミ出しで再会するのだ。

お互いに、「うわーっ!久しぶりです…!」となった。

確かに、自分自身が近所の方々と積極的な交流を持たずにひっそりと暮らしてきたこともあるが、何故今まで顔を合せなかったのか…。

お互いに子供たちの現在のことを話して、また普段の日常の中に戻って行った。

別れ際に、随分髪の毛が薄くなったなぁ…、と思ったけど、おそらく向こうも同じことを思っているんじゃないかと…。

近所に住んでいても、十数年も顔を合せないことがある。

次に顔を合わせるのはいつだろう…?

次のゴミ出しの日かもしれないし、もしかしたらまた十数年後かもしれない…。

十数年経ったら、お互いにもう髪の毛がないかもしれないぞ…。

 

★個人サイト:倒産社長!再起への「道」!!

 

今日は夕方から夜勤…。

今も月に何回かは夜勤に入っている。

通常、夜間に何かあった時には自分に連絡をするようになっているけど、自分が夜勤に入っている時は何かあっても助けを呼ぶ連絡先がない…。

何事もないことを祈りながらの勤務だ。

 

昼間は末娘の中学野球部の「お別れ試合」に行って来た。

部活を引退した3年生が、1.2年生と対戦する試合と、親と対戦する試合が行われた。

自分自身、久しぶりにボールを追いかけて走ったりしたが、それだけで身体がバキバキだ。

すでに中学3年生には、親はかなわない。

試合としては大差で負けるものだが、個人的には末娘が投手として投げるボールを打てるかどうか…。

結果はセンターフライだった。

4人の子供たちがみんな野球をやって、こうして上の子たちとも何度となく対戦してきたが、4人目の末娘の中学野球が終わって、いよいよ最後だ。

女子硬式野球部のある高校への進学を目指している末娘は、来春に家を出ることになりそうだ。

子供たちがみんな離れて行く…。

まあ、親としての役割がだんだん終わっていく…。

寂しさがあるが、となれば自分自身がもう一度自分のことで目標設定して何かをやってみようか…、と考えている。

 

まだまだ、これからだ…!と、思うようにしよう!

 

★個人サイト:倒産社長!再起への「道」!!

 

今年もまた、来年の手帳をどうしようか?…と悩む時期が来た。

ここ数年、手帳は記録帳として使っている。

予定は携帯アプリを使うようになって、書く手帳を利用することがなくなった。

それでも、毎年手帳は購入している。

記入するのは、もっぱら一日が過ぎた後。

これはこれで、後で見返すと面白いので、継続していこうと思っているが、最近は何も記入しないまま数日が過ぎて、後でまとめて何やら思い出しながら書くこともある。

現在の生活の中では、手帳をなくしてしまったとしても特に影響はなさそうだ。

どうしよう…、と思っていたが。

でも、やっぱり購入することにした。

何かを書いて残しておくことは、いずれきっと何かの役に立つと信じて…。

やめてしまうことは、いつでもできることなので…。

とりあえずは、続けていることは続けて行こう。

今年の手帳には、最初のうち「嬉しかったこと、楽しかったこと」を書き込んでおくように心がけて記入していたが、コロナの深刻さが増すにつれて途中から去年までと同じただの行動記録になってしまった。

来年はまた、新たな使い方を考えてみよう…。

 

★個人サイト:倒産社長!再起への「道」!!

 

今月、地元の経済新聞が休刊というニュースが出た。

この新聞は、自分が高校生の頃に発刊された新聞で、確か当時竹村健一さんが発刊のCMをやっていた記憶がある。

総理大臣を3人輩出している群馬が、「政治は一番」だけど「経済も一番やね…」なんていうことを言っていた覚えがある。

自分の経営者時代には、何度も取材してもらったし、よく記事を載せてもらった。

会社倒産後も付き合いがあり、去年の春から自分の「倒産体験」のコラムを連載させてもらっていた。

今月の初めに、新聞発行ができなくなる…、という連絡をもらって驚いた。

これも、いわゆるコロナ関連ということになるのだろうか。

この新聞は県内の企業情報の記事が中心だったので、読者のメインは県内の企業経営者がほとんどだったと思う。

自分も経営者時代は定期購読していた。

経営者は、会社業績が悪化すれば購読は止めるだろうし、広告も出せなくなるだろうと思う。

連鎖的にあらゆる業界が苦しくなっているのだろう…。

 

今年は、本当に世の中の転換期になっている。

まあ、自分の連載も途中で終わってしまうので、最後まで完結させられないのも残念だが、これはこれで何かの形で個人発信等で最後までまとめようとは思っている。

 

★個人サイト:倒産社長!再起への「道」!!