セルフコーチング Artself 八巻理恵

セルフコーチング Artself 八巻理恵

セルフコーチング Artself 代表 八巻理恵(YAMAKI RIE)  医療・介護・学校法人・教育委員会
・企業・求職者支援講師など様々な業種で講師。又、セミナーを不定期で開催。

アップアップアップにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ アップアップアップアップ
アップアップアップアップ応援よろしくおねがいします!!アップアップアップアップ

セルフコーチング

運を味方につけ人生を切り拓いていく
パワーを手にするための方法であり、

人間の心理の本質を伝えています。


その方法は、自分で自分をコーチングしていきます。
この方法を手に入れる事で他者へも確実に
コーチングすることができる様になります。


セルフコーチングで大切なのは「意識」です。

まず、
自分の意識がどんな方向に向いているのか?
今、自分の意識がどこに焦点化されているのか?
どんなことを意識する習慣があるのか?
これらを明確にしていきます。

そして更に
自分の中の可能性を広げ、前向きに行動していくために
何を意識したら良いのか?
どんな意識を手放したら良いのか?
を自覚し、継続してトレーニングしていきます。



セルフコーチングが自在にできる様になることで、

運命は、確実により良い方向に動き出します!




セルフコーチングにご興味のある方は、
下記のオリジナルホームページをご覧下さい。
個別対応や各組織における研修をカスタマイズしてご提案致します。


[Artself公式サイト]
http://artself.jp

セルフコーチング八巻理恵blog




Amebaでブログを始めよう!

運を好転させていくために、言霊の力が不可欠であると思っています。

 

この事は、長く生きてきて、より強く感じる様になりました。

 

前向きな言葉を発すること。

 

又、私は、毎日欠かさず、

 

古神道祝詞集から自分で決めたいくつかの祝詞や

 

お経、ご真言を唱えることをしています。

 

私は、それらのことで、自分が超意識と繋がり、

 

大いなる存在と一体化する感覚が体に宿ります。

 

言霊が、人の余計な思考を取り去って、

 

超意識という広い世界に誘ってくれる気がしています。

 

そして、数霊。

 

96歳になる父から聞いてはいましたが、

 

数霊のことはあまり知りませんでした。

 

しかし、ここ数年、

 

家族の誕生、家族との別れ、ペットとの別れ、大事な行事、大切な事が決定する

 

この様な日に、必ずつく数字があります。

 

それが尋常ではなく続いているので、数霊を調べてみたら、

 

「色々な事が変化し、運命が好転していく証」と書いてありました。

 

この言霊に励まされます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨晩はウィンブルトンの準準決勝でした。

 

私が、スポーツ観戦が好きなのは、スポーツは心理戦でもあるからです。

 

二人の試合が終って、解説の方がフェデラーの技が圧勝という風な言い方をしていましたが、

私は、そういう見方もあるのかもしれないけど、、錦織選手は、相当メンタルで負けたと思えました。

 

錦織選手のメンタルがもう少し、自分が負けるはずがないという強い自信に溢れていたら

彼の腕があれば、十分勝てたと思えました。

 

錦織選手は、普段なら簡単に成功しているプレーもことごとく失敗していました。

 

運を味方につけていない。

 

一方、フェデラーの方は1回戦を負けて、こんなはずがないというメンタルだったと

感じられました。

 

自分を鼓舞する力がビックスリーは凄い!!

 

スポーツは、

 

「運を味方にする力がメンタルにあることを教えてくれます。」

 

 

 

 
「それは
それと
して」
 
仏教学者である鈴木大拙の言葉。
 
金沢の鈴木大拙館に行った時に
この言葉を知りました。
 
日本人の「和」の精神が表現されている気がします。
 
色々な考えがあるし、
 
色々な感情があるだろうけど、
 
それは横に置いてさ、
 
とでも
 
表現しているのでしょうか。
 
私は、そんな風に受け取って、この言葉を
 
壁に貼り、
 
心を楽にさせてもらっています。
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 


----- Original Message -----

������������

 

 

最近、観念についてよく考えています。

 

観念という言葉は、元は、仏教の言葉だそうです。

 

私達は、人や物事に対して、主観的に意識します。

 

それが観念。

 

そして、自分が主観的に物事を判断している事から離れるためにも

 

仏教でいうところの、心を「空」にできる事がとても重要なのだと私は思います。

 

人は、自分の観念で、人にも自分にも「色」をつけます。

 

心が「空」になれば、「色」を変える事ができる。

 

仏教は、宗教であるけれど、より良く生きるための「哲学」だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は、京都の大好きな「川口美術」という
 
 
骨董ギャラリーからお葉書が届きました。
 
 
下賀茂神社の糺の森の入り口近くにある小さなギャラリー。
 
 
ここの李朝家具と骨董に今年、一目惚れしました!
 
 
いつかいつか自分の家に置きたいものだと
 
 
憧れています。
 
 
今回は、韓国古陶磁探求陶人展の開催だそうです。
 
 
ああ、すぐにでも京都に行きたい!!
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 


----- Original Message -----

������������