企業イメージ戦略!プロデュースから教育まで

企業イメージ戦略!プロデュースから教育まで

~企業のイメージが人の心を動かす!~
クリニック・サロン・店舗など人が集まるところには
心を動かせるハードとソフトのイメージが必要です。
「イメージづくり」からそこで働く人のイメージに相応しい「教育」を致します。

印象ブランディングの専門家の余語まりあです。

自粛後の週末ということで各地かなり人が出ていらっしゃいますね。

 

ただまだ東京など感染者増えだしたりと油断できないですね。

 

今回はこのコロナ騒動で

一気に増えた「オンライン」を使っての学び 

 

大きく分けて二っ

個人の方向けの学び!「オンラインセミナー」と

企業の社員様向けの「オンライン研修」です。

 

こちらはオンラインをそれぞれ利用はしますが

目的が全然違います。

 

ということは

魅せ方、伝え方、使い方全て違います。

 

そこをきちんと理解していないと

誤った魅せ方、伝え方、使い方などをされてませんか?

「オンライン研修」は言わずと知れた企業様での研修がオンライン化され

実施されます。

今までとどこが違うかといえば

核となる部分は変わりませんが表現方法、ワークスタイル、準備なども

大きく変わってきます。

こちらについてはまた後日で

 

今回は「オンラインセミナー」についてです。

 

個人向けのオンラインセミナーは

本当に増えましたね。

今日学んでいる人は明日は講師みたいな感じで

お互いが学び合う関係性が進んでますね。

 

以前私が講師を学んだ東海テレビの講師養成講座では

「いずれ誰もが講師になる!」と言われてましたがまさにです。

 

いけないことではないと思います。

一人の方が得た知識、情報、経験を通して学びたい方に届ける

 

但しオンラインセミナーのやり方はみんな同じでもダメだと思います。

 

オンラインセミナーでもまた二通りあります。

カリスマ性が高くコミュニティを持っていらっしゃる方の場合と

一つひとつ丁寧に情報をお伝えしファンを増やす場合

 

前者の場合は

リアルでもカリスマ性が高く一定のファン層を持っていらっしゃるので

オンラインセミナーやライブ配信などをしても

一定層のギャラリーもいますしそれに伴いバックのビジネスにも繋がるでしょう。

 

そのような方の場合は自分の魅せ方もお得意ですが

オンライン上でもそこは意識されてとても大事です。

 

ファンの方はオンラインでも繋がりたい、見ていたい、聴いていたいなので

正直、話の内容よりはそこにその方が存在していらっしゃるだけで満足なのです。

そういうファンの方をどれだけ持って見えるかで次のビジネスへの展開が有利になります。

 

あなたの生き方、考え方のファンだからです。

 

そういう方の話し方や魅せ方はカリスマ性を活かしたオンラインをされていらっしゃいます。

何もアナウンサーのように上手にお話しされるという意味ではありません。

その人らしさを体現されていらっしゃるのですよね。

 

次に実直に日々配信されていらっしゃる方
その方はどのように魅せるか、伝えるかは

自分のファンになってくれそうな方が

どのような価値、どのような雰囲気、どのようなコミュニケーション

どのような魅せ方を期待するかとことん考えましょう。

 

たとえが悪いかもしれませんが

高級銀座クラブの№1などはお客様マーケティングが長けているのです。

そのお客様に応じて自分の魅せ方はじめコミュニケーションを知っているのです。

 

自分のキャラクターを知りつつ

もしオンラインセミナーで学ぶ系を行っていかれる方なら

単にきれいに、単に上手にではなく

自分のビジネスに効果的なオンラインセミナーをぜひ構築してみてください。

 

例えば背景はどんな色味がいいか?

映りこむ服の色はどんな色味がいいのか?

髪型は?

話し方は?・・・・等々

考えること沢山あります。

 

その方向性も定めずにただオンラインで発信しても

効果を出せません。

 

SNSから全て自分で発信するものは

自分のブランディングを意識してお客様をマーケティングしないと

意味がなくなりますね。

 

オンラインセミナーに関するレクチャーやサポートも

沢山出てきました。

 

しかし一番大事なのは

「誰にどのようなことを届けて自分がどうなりたいか」

そこを明確に定めたらマーケティング視点を持ち

自分の魅せ方、伝え方、使い方を磨きましょう。

 

自分のスタイルと違う魅せ方、伝え方、使い方を気軽に習わないように!

なんでもそうですが、そう簡単に色々なことはできません。

 

自分のオンラインセミナーを有意義なものにされたい方は
色々な魅せ方、伝え方、使い方を一度知って自分スタイルを構築するか

考えてみてください。

まずは踊らされず自分スタイルをしっかり作りましょう。

 

天性なのかもしれませんが
自粛後はこちらの爽やかポロシャツ
大阪のEXPOロゴ入り
ボタンダウンタイプなので立ち襟のため
ラフな中しっかりしているイメージになりますね。

それも白‼️
爽やかさ!満載ですね。

緊急事態の際はこちら!


緊急性が伝わって来ますよね。

また、吉村知事の場合は
「伝える力」が、素晴らしいですね。

数字を入れ込むことで
論拠がはっきりする

キーフレーズを使う
大阪モデルもそうですね
その後他の県も○○モデル言い出しましたね

若いリーダーの
スピードと決断力の素晴らしさを
感じた方も多いのではないでしょうか。




印象ブランディングの専門家の余語まりあです。

 

オンライン上で会議、打ち合わせ、コンサルティングなどをされる場合に

気になるのが話し始めるタイミング
特に複数の場合 

 

リアルで二人でお話ししていても

相手の話のどのタイミングで入るか

どこから自分は話していいのか?

お相手が話すタイミングを失っていないか?

気になりますよね。

 

オンラインでは空気感がつかめないので

よりそのようなことが起こります。

 

同時に話し始めて

「どうぞ」「いやどうぞ」

そのようなことが多々発生します。

 

そうなると進んでいた話も一時止まりますし

思いついたことがフッと思考が途切れたり

お互いに変な感じになったり・・・

数名で進行役が居ない場合は尚更起きます!

 

そこでオンライン上で会議、打ち合わせ、コンサルティングなどを

行う際には

 

話しだすタイミングを「所作」で示すことが大事です。

例えば「次にこのようなことを話したいな」と思ったら

手を挙げる、

すると話していた人にも見えるので

話し手も話の内容のタイミングで切り上げるでしょうし

話しを遮るまでにはいかないので

お互いに不快な思いはしません。

 

その手のあげ方も

やたら大きく挙げればいいというものではなく

この所作は少し、わかる程度

画面の下の方、ご自身の胸の高さあたりで

あげていただければ印象的にも不快になりません。

 

どうしても想いが強い方だと

オンラインでは一方的に話しがちです。

リアルではその熱さも良かったのですが

オンラインでは置いてきぼりにされる感じになります。

オンライン上での会議や打ち合わせ、コンサルティングの際には
そのようなことを事前に決めごととしてお伝えしておいて共有しておくと良いですね。

 

**************************
弊社では印象ブランディングの専門家の見地から
「オンライン上での好印象研修」をスタートしました。 
 
研修内容の詳細はこちらです。
https://ys-effect.co.jp/online-impression/

***********************

 


**************************