鹿屋 東串良 整体 美容鍼 体も心も軽くして自然体の自分になるために「祐天堂(U.do)」 体と心をつなぐカウンセリング レイキ

鹿屋 東串良 整体 美容鍼 体も心も軽くして自然体の自分になるために「祐天堂(U.do)」 体と心をつなぐカウンセリング レイキ

体が緩んで整うと、心が解放されていき、自然体の自分に還っていく。

その心で願った未来は、体と心をつないでいくことで実現していく。

整体、美容鍼灸、レイキヒーリング、体と心をつなぐカウンセリング
Embody Salon「U.do(祐天堂)」 鹿屋 東串良

朝起きた時、仰向けになっていますか?

 

眠る時には、うつ伏せだったり横向いたりしていても、朝起きた時に仰向けになっている。

 

これは疲れが抜けて自己調整がされている状態。

 

 

うつ伏せで寝ると早く疲れが抜ける。

 

下を向いている方が疲れは早く抜けるし、下を向いているのはある意味自然でもある。

 

 

ただ、体も心もリラックスできるのは仰向け。

 

体も心もリラックスできることは、性質的にフラットな状態になっているともいえるかな。

 

 

 

眠る時には偏りがあっても、寝ている時に緩んで調整されれば、リラックスして自然な状態(自分の)に戻っていける。

 

これは、朝起きる時に、そのリラックスして自然な状態の仰向けになれているうちは、偏りが抜けて修正できているということなんです。

 

 

そういう意味で、寝方より朝起きた時が大事ということ。

 

 

縮まって寝てようが横向きだろうが、朝起きる時に仰向けになっているうちは大丈夫。

 

 

それが、夜寝た時の格好のままだったりすると注意が必要なことがある。

 

 

体って、寝ている時は無意識の状態が出るから、観察してみると面白いよ。

 

 

友だち追加

 

 

 

整体・美容鍼・アロマセラピー・レイキヒーリング・体と心をつなぐカウンセリング

EmbodySalon 「U.do(祐天堂)」
鹿児島県肝属郡東串良町川東1594

【営業時間】  8:00~19:00
【定休日】  日曜・祝日

 

お客様の声

メニュー

ご予約・お問合せ

今月のお知らせ(イベント情報やお休みなど)

ブログのトップページへ


電話 0994-63-7269 〈予約制〉

 

U.do(祐天堂)ホームページ

 

その痛み、本当に天気の影響?



僕は、雨で痛みが出る理由は、大きく分けて2つの理由があると考えています。


・低気圧で血管が拡張(広がる)して、周りの組織を圧迫する

・湿気が皮膚を覆ってしまい、汗が出るのを抑えてしまう。もしくは出し切る前に抑えてしまう


前者は、体や組織の硬さや強張りにより影響を受ける。

後者は、出しきれない汗の停滞による冷えなどから起こる循環低下により影響を受ける。



これは、あくまでも一つのきっかけというか要因として挙げておく。


雨だから
雨が降る前だから

それで体に痛みが出る。

仕方ない。


と、それを理由に体のことを諦めてしまっている人を多く見るけど、これは簡単に諦めてしまえるような当たり前のことじゃないと知ってほしい。



これね、周りの組織や筋肉とかに柔軟性があれば、ほとんど影響受けず緩和していける。

出しきれるように少し変えてあげれば、それだけで循環を滞らせることは減っていく。


いつまで天気のせいにしてるの?


天気のせいじゃなくて、天気の影響に対応できない体と心のせいだよ。



心が体に影響していくという面から見ていくと、

雨が降る = 痛みが出る

この思い込みが、痛みに対しての抵抗や拒絶による防御で体をさらに固くしてしまう。

雨前の場合は、それを体の感覚が無意識でキャッチしてしまうから体を強張らせてしまう。



これが天気によって体に痛みを発してしまうという思い込みから作られる体と心の連動というか仕組みみたいなもの。



体の不調も、起こる出来事によるストレスも、不具合を生じる原因は自分にしかないよ。

体も心も、自分を変えていくことで苦痛を回避していける。


雨に捉われてしまっている思い込みを外すだけでも、天気による影響は半減できるよ。



雨は恵みの雨でもある有難いこと。

嫌がらずに、どんな天気も喜べて楽しく動ける体と心で在りたいね。

 

 

友だち追加

 

 

 

整体・美容鍼・アロマセラピー・レイキヒーリング・体と心をつなぐカウンセリング

EmbodySalon 「U.do(祐天堂)」
鹿児島県肝属郡東串良町川東1594

【営業時間】  8:00~19:00
【定休日】  日曜・祝日

 

お客様の声

メニュー

ご予約・お問合せ

今月のお知らせ(イベント情報やお休みなど)

ブログのトップページへ


電話 0994-63-7269 〈予約制〉

 

U.do(祐天堂)ホームページ

 

皮膚と心の関係を知り整えていく



恥ずかしくなったら赤くなる
怖かったら青くなる
恐怖で白くなる
楽しかったり幸せだと顔色も明るくなる
希望を持てば艶が出る


皮膚には心の反応が非常に早く起こる。

そういう反応を見ていると、皮膚は自分の内側を映し出している器官でもあると言えます。


「出す」

この出入りを司るのは呼吸器系。

東洋医学では、肺と大腸がこの呼吸器系にあたります。

その呼吸器系の状態が表れるのが「皮膚」。


今アレルギーによる皮膚病は多い。

ここ最近は、腸とアレルギーの関係性が解明されつつあるが、腸の機能うんぬんというよりも、この「出す」ということと大きく関わると僕は考えている。



「出せない」ものが「形を変えて出る」。

その中でも子供のアレルギーの原因の多くは、無意識の不安と拘束感から出ている例を多く見てきました。

心の中に不安と窮屈さがあると皮膚病になりやすいとも言えるということです。


その不安や窮屈さは、理解できないことや訳の分からない物事から起きてくる。

訳の分からない叱言
理解できないテレビからの大きい音
寝ている時に入ってくる光や音
大人同士の言い合い(言い合いでなくても強い口調で話し合っているのも子供には理解できない)
行動の拘束(「○○してはいけない」などの理解できない拘束感など)


そういった子供が理解できない音やエネルギー、強制的な行動の抑制というものを子供は無意識下でとても敏感に感じ取って受け取ってしまう。

 

そして、不安や窮屈さということでさえ理解できていないから、その感情が何かさえ分からないから訴えることもできない。

 


何の音か分からない結びつきのない音を突然聞く
何か分からない拘束を受ける


その度に心臓がドキドキしたり、おなががキュッとなったり、血行が変わって青くなるとか赤くなるとか体が反応する。

これは心の即時の反応。

 

 

分からなくても体が反応する

分からないから体が拒絶する

その反応が継続することで、体を萎縮させて強張らせて変えてしまい壊してしまう。


その初期段階の即時反応として、先ず皮膚に表れているということ。


大人は当たり前に理解して受け取れるから、受け取る物事を選別できる。

しかし子供は、理解できないから、そういった物事をすべてエネルギーのまま全部を受け取ってしまうんです。

自分を守ることが出来ない。


とても素直であるけれど、それだけ沢山の理不尽を受け取ってしまっているとも言える。

それが表れている形の一つの例として皮膚症状というものがある。



僕も覚えがある。

幼い頃、父が夜中に帰ってきて(水商売のため夜中帰宅)、母が怒られて謝り続けているのを何度も耳にした。

なぜ母が一方的に怒られているのか。
なぜ母は何も言い返さないのか。

幼い僕は分からないけど、それを聞くたびに不安と無力に襲われていた。

きっと、そういう場面だから気がついたぢけで、それ以外は仲が良かったかもしれない。

でも夜中に目が覚める時は、そういう場面ばかり。
(数えるぐらいしかないのに、幼い頃はいつもって思ってたなぁ。子供はそういう場面に敏感だから親は気をつけないとならないですね。と、改めて気づく(笑))


人とのコミュニケーションも苦手だったから、友達も少なく篭りがち、自分を出すなんて考えもせず、いつもおとなしくして人に関わられることを苦手としていた。


そんな幼い頃の僕はしょっちゅう発熱してたし、何かのたびに皮膚が過敏になっていて、皮膚が弱いとよく言われていた。

今思うとそういう内面が皮膚に映し出されていたんだと分かる。



子供だけでなく大人でも、皮膚に何かしらの症状が出るような時、不安や窮屈さを少しでも取り除き、よりたくさんの「安心」を感じられる環境を見直してみてください。

小さい子には、より丁寧に安心の環境やコミニケーションを。


敏感な人ほど皮膚は過敏になります。

表情
触れ合い
心地よい音や声
温かさ
自然の香り

五感のすべてに心地よい環境を築いていく。

それが皮膚の状態に変化を与えます。


体のサイン、皮膚のサインから、改めて自分にも環境にも向き合って、心地良い日常を築いていこう。

 

 

 

友だち追加

 

 

 

整体・美容鍼・アロマセラピー・レイキヒーリング・体と心をつなぐカウンセリング

EmbodySalon 「U.do(祐天堂)」
鹿児島県肝属郡東串良町川東1594

【営業時間】  8:00~19:00
【定休日】  日曜・祝日

 

お客様の声

メニュー

ご予約・お問合せ

今月のお知らせ(イベント情報やお休みなど)

ブログのトップページへ


電話 0994-63-7269 〈予約制〉

 

U.do(祐天堂)ホームページ