ちょっと変な症状改善のご報告です。

 

本日2回目のご来院となった30代の男性。

 

今回の症状は、右腕を内側にひねると小指側の手首が痛むという事でした。

 

まあ、これは難なく改善させられたのですが・・・

 

 

実は、初回に来院された時の症状は頭痛。

 

それもお酒を飲むと確実に出るものでした。

 

前回は肩首の筋肉をゆるめ、その場では若干改善したものの・・・

 

スッキリされないようでしたので、お帰りになった後にその原因を筋肉反射テストで探りました

 

 

すると・・・

 

 

原因として出たのが

 

「おろち」!

 

 

 

しかも、2匹憑いているとの反応が。

 

(もちろん、楳図かずお先生の「おろち」とは関係ありません)

 

 

まあ、そういう反応が出たのですから仕方なく、それを取り除くことを遠隔で行いました。

 

 

それ以降、次回予約もいただいていなかったのですが、本日ふらりと来院された際に

 

「あれから頭痛はどうでしたか?」

 

とおたずねしたところ

 

「翌日からはすっかり良くなりました」

 

とのこと。

 

しかも、お酒を飲まれても痛みは出なくなっているとのお答え。

 

 

じゃあ、やっぱり頭痛の原因は「おろち」だったのかのな?

 

と思った次第です。

 

その男性には原因のことをお伝えしませんでしたが、

 

実は、言いたくて言いたくてウズウズしていました。

 

 

まあ、アヤシイ整体院と思われるのもナニかなと思ったので、

 

そのことは胸にしまっておくことにしました。

 

 

>HPもリニューアルしましたので、よろしかったらご訪問下さい。

>ネット予約はこちらから

 

色々あって、久々の記事の更新となります。

 

腰痛の施術で新発見がありました。

 

50代、腰痛の女性の施術をしていた時に気になったのがハンマートゥでした。

 

 

 

「浮き指」「つち指」「屈み(かがみ)足」とも呼ばれる足の指の変形です。

 

 

これを伸ばしてやったところ、腰ばかりか膝の痛みまで軽減されました。

 

私にとっても初めての経験でしたが、これは足の指から腰にかけての筋膜が矯正された結果ではないかと思っています。

 
なかなか良くならない腰痛でお困りの方は、ぜひ足の指の形を確認してみて下さいね。

 

 

 

HPもリニューアルしましたので、よろしかったらご訪問下さい。

 

ネット予約はこちらから