切らない眼瞼下垂+α法(1年半) | 聖心美容クリニック 前多 一彦 Blog

聖心美容クリニック 前多 一彦 Blog

ブログの説明を入力します。


テーマ:
今日は、眼瞼下垂(埋没法)について。

切らない眼瞼下垂+α法」(Ver.1)


以前、直後などの状態をご紹介しています。

昨日、別の処置でご来院されました。


50代女性 術前  メイクなし
術前
術後1年半(昨日) メイクなし


とても、良い仕上がりだと思います。

目が、楽に開くようになり、

当然、後戻りは一切ありません。


50代女性 術前  メイクなし
術前上方視
術後1年半(昨日) メイクなし


術前に、わざと力を抜いていない証明として、

眼瞼下垂の評価には、必須の「上方視」

まゆ毛を上げずに、目が楽に開いています。


術直後の状態  オペ室で撮影
術直後閉瞼
術後1年半(昨日) メイクなし


一般的な、切らない眼瞼下垂(埋没法)のように、

結び目が結膜側にないので、ゴロゴロ感もなし。


今回、左の留め直し+右の微調整をしていますが、

微調整が、簡単にできるのもメリット。


今後の経過も、またご報告します。


【術式の概要】
1本のナイロン糸によって、眼瞼下垂(埋没法)を行い、
目の開きを調整した後に、同じ糸で二重まぶたを作成。
今回は、片目につき2ヶ所ずつ行っています。

【リスク・副作用】
術後の腫れ、痛み、内出血、目の開き&二重の左右左、傷痕、
二重の消失、シスト、ドライアイ、視力の変化、眼瞼痙攣。

【手術費用】
・「切らない眼瞼下垂+α法」
札幌院独自メニューにて 25万円(税別)



↓できればクリックをお願いします。
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村


美容外科ランキング

前多 一彦さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります