聖心美容クリニック 前多 一彦 Blog

ブログの説明を入力します。


テーマ:
今日は、目の上のタルミについて。

定番の、「眉下リフト


今回、30代女性のお悩みは?

「腫れぼったい目で、メイクが大変...」


もし、二重術を行うと、切開+脱脂をしても、

腫れぼったい印象が、さらに悪化します。


そこで、「眉下リフト」をお勧めしました。


ブログへの掲載を承諾してくださり、心から感謝致します。

30代女性 術前  メイクなし
術前
術後1ヶ月(本日) メイクあり
術後1M

とても良い仕上がりだと思います。

「目力が、格段にアップ!」


まゆ毛側の、厚い皮膚を切除&リフトするため、

目の腫れぼったさも、解消しています。


さらに、楽に目が開くようになり、

まゆ毛と目の距離も、短縮しています。


術前デザイン
術前デザイン

今回、最大切除幅は、右9mm、左8mm。

私は、あえて眼輪筋切除や皮下剥離は行わず、

片側で、10針以上の皮下縫合をしています。


傷痕だけでなく、まぶたの中央〜内側が平坦な、

いかにも、「眉下リフトした変形」を防ぐため、

こだわりは、「曲面&ボリュームをどこに出すか?」


術後1ヶ月(本日) メイクなし
術後1Mメイクなし

症例数も多い、40代以降と比較して、

30代以下では、傷の赤みが長引きます。


30代の、1ヶ月目としては平均的な状態です。

この方も、「メイクあり」だと分かりません。


赤みは、3〜6ヶ月で落ちつきます。

今後の経過も、またご報告します。



↓できればクリックをお願いします。
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村


美容外科ランキング
いいね!した人  |  リブログ(0)

前多 一彦さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります