Photo title:.女神の吐息

至福の時を司る女神

--------------------
みあげてごらん
--------------------

この果てしない空より
大きな悩みってあるかい?

この重くたちこめる雲より
不安な気持ちに覆われた事があるかい?

この三日月の欠けた所より
心に大きな穴が開いたことがあるかい?

この流れ星より
儚い人生ってあるかい?

立ち止まってしまいそうな時は
みあげてごらん

「大丈夫だよ」って
空が優しく語りかけてくれるから

--------------------

流すということ。

私たちの日常には無数の色のない事実が重なり続けています。
善悪良否何もないそして何の極性を持たないその透明な事実たちに向かい合い、思考や感情を巡らせ、その事実の1枚1枚に色をつけているのです。
そしてその色がついた事実が、私たちのいや、あなたの現実となるのです。

その色は今のあなたの思いの色ですので、好きに色付けていけるわけなんですが、喜怒哀楽どの色を色づけるのかそして何を選ぶのも決めるのは自分自身なのです。

その色のない事実にあなたの色をつけていくためには、その事実を心の手でつかまなくてはなりません。

心の手には限りがあるので、その心の手で持っているすべての平均した思いや時には一際強く思ってること、それが現実として色濃く現れるのです。

心の手はある程度はどの事実を掴むのかコントロールできなくはありません。
自分にとって嬉しいものを選ぶ、そういう意識を持つのが大切だという事とはそういうことなのです。

顕在意識側でできる選択はそこまでなのですが、あなた自身のほとんどを司る、潜在意識側では一つ一つ取捨選択することが自分の意思ではできず、潜在意識の中に渦巻いているその中でより強いものに影響されるのです。

私たちは嬉しいものを選ぶ時も、悲しいものを選びたくない時も同じ心の力を使います。

こうなりたいそしてこうなりたくない肯定も否定も同じ力いや、むしろ否定の方が強く願ったりすることもあります。

潜在意識では顕在意識のように肯定否定やイエスやノーのような選択がありません。

強く思ったものが肯定否定に関係なく、潜在意識内で増幅されていくのです。
そして、それがすべての見るもの、聞くもの、味わうもの、触れるもの、五感に作用して、心の手が何を掴むかを司っているのです。

ですので、もちろん生きていく上には肯定否定、善悪良否など顕在意識下で思考する、それは避けられないことですが、ある程度のラインで否定しなくちゃいけないこと、嫌なことそういうことを流すと言うことを時にはやることも必要です。

嫌なこと辛いことなど、そういう思考は背を向けてしまえば知らないうちに、背中から飲み込まれてしまうと言う謎の恐怖感がありますが、実はそれは幻想なのです。
全ては思考の世界。この世界の現実はあなたが作り出しているのだから、心の手を自分の嬉しいこと、楽しいこと好きなことで出来るだけたくさん掴むためには、必要以外の思考はしないこと、嬉しいこと楽しいこと、それだけ思えない時にはその自分にとって不必要な思考から頭を外すこと。

好きな趣味に没頭したり、好きな音楽を聴いたり、好きな本を読んだり、とにかく頭を空っぽにして落ち着いた空間に身を委ねること、それがとても大切になります。

なりたくないことや嬉しくないこと、それに全力で否定するより、むしろこちらの方が上手くいくこともあります。

大切な事は自分がどう思ってるか認識すること。
全力で否定していても、その根本に肯定的な思考があれば乗り越えていけますが、それができないほど心が弱っている時、そんな時に"流す"と言うことをしてみてください。

向き合い乗り越えて行くだけが人生のを切り拓く道では無い。
時には風に靡く柳の様に力を抜いて何も考えずに身を委ねる自分を許すこと。

きっと何かが変わるはずです。
 

PowerPhoto&PowerWord036女神の吐息

Photo title:あの空に向かって

望む未来を純粋に想い描く事の大切さを説く女神


--------------------
正回転
--------------------

一点の曇りも無い
純粋な心で
望む未来に向かって
歩き続けていれば

あなたに繋がる
「時」の全ては
正しく回り始める

--------------------

現実創造の為の抽象度と具体性


思考の形である抽象度と具体性。
どちらも思いを形として自分にそして世界に向けて発するのにとても大切なものです。

以前、人と会話する際の抽象度と具体性についてお話ししましたが、今回は自分自身の内なる世界、そして現実と言う外に見える世界を創造するための抽象度と具体性についてお話ししたいと思います。
いわゆる現実創造を行う上で心に留めておきたいこと、それをお伝えいたします。

現実創造のプロセスについて、語る前にとても大切な潜在意識と顕在意識についておさらいしていきましょう。

幾度もお伝えしていますが、顕在意識とは今あなたが思考している領域。
人間能力のほんの5%の領域で、日々人はこの5%の中で考え話し過ごしているのです。

そして人間の能力の95%と言うほぼすべての領域を支配する潜在意識、ここはいわゆる無意識領域で1日に60,000回以上も思考しています。
五感や人が生きていくために必要な心臓をはじめとした臓器など全てをつかさどっています

私たちが日々思考している顕在意識では、善悪良否そしてイエスとノーの様な基準のもとで思考していますが、純粋な領域である潜在意識では選択というものがなく、全てが肯定の世界で否定形は存在しません。
ですので、顕在意識下でいくら否定をしても、潜在意識化ではその部分だけは全く認識できないのです。

以上のことを踏まえてお話を進めていきたいと思います

現実創造のプロセスは、なりたい自分や夢を具体的に意識する事でその想いの核が無意識領域である潜在意識へと染み込んでいきます。
想いの核というのは、顕在意識下にしか存在しない肯定と否定というジャッジする思考をそのまま差し引いたものですので、"〇〇になりたい"であれば潜在意識下には「"〇〇"」と伝わりますし、"××になりたく無い"であれば、「"××"」と伝わります。
そしてこの"〇〇"や"××"のイメージの通りになるために潜在意識がフル活動してその方法を探し見えるもの聴こえるもの感じるもの全てに働きかけるのです。

全ては純粋で抽象的な世界が故の事象なのですがこの事を意識して、顕在意識下ではなりたい自分や夢は出来る限り具体的で明確に思う事が大切です。

それが抽象的であればあるほどいくら大きな夢でも想いの力が分散されてしまいますので、潜在意識下へうまく染み込んでいかないのです。

ただ、具体的にするのは今の自分が心から信じられるギリギリ一番遠い地点だけで、そこまでの道筋に関しては、抽象的に考える位でちょうど良いのです。

何も定まっていないうちにその道筋まで考えてしまうと、今出来ることや考えつく事を基準としてしまうので、潜在意識からの声をシャットアウトしてしまうからです。

あなたの能力の95%を占める潜在意識へと上手く染み込んでいければ、抽象的な能力をフル動員してさまざまな物事に囚われず、自動的にその夢の姿になる為の情報を日々目にする情報から探し続けてくれます。

そして、日々直感や天から降りてくる様な思考で伝えてくれるのです。

あとはそれに基づいて行動するのみです。

 

PowerPhoto&PowerWord035あの空に向かって

女神の後光

さまざまな想いを優しく温かい光で癒す女神

--------------------
ココロの解放
--------------------

心は自由に飛べるんだ
誰の心も飛べるんだ

いつも何かにしがみついてる
あなたの両手を
恐がらずに解き放ってごらん

きっと
たくさんの新しい光を
その掌に掴みとれるから

--------------------

手放すということ

あなたの今と言う現実を作り上げているたくさんの心の手。
その心の手がそれぞれ何をつかんでいるかによって今の心そして見えてるもの全てが変わってきます。
そしてこの心の手は1度掴むとなかなかその手を外す事はありません。

嬉しかった思い出、悲しかった過去、苦しかったこと、楽しかった出来事、それぞれ強く思えば思うほどずっと掴み続けているのです。
時を経て記憶が薄れてくると、だんだんと気がつかないうちに手放していきますが、その順番は早い順から喜怒哀楽、そうなっているのです。
だから、過去の嫌な思い出も意識せずしばらくすると楽しかった記憶だけ残るということなのです。

ただそれをいつまでも強い思いで思い続けると、心の中に楔で打ちつけてしまいその痛みにより増幅され、記憶が薄れてもその感情だけがずっとずっと残り続けることになります。
いわゆる心の傷なのです。
この心の傷は、その傷がつくこととなった原因である記憶と紐付いていることが多く、その治療に逆行催眠などが行われることがあるのはそのためなのです。

今この目の前にある現実を創り出しているのは、そのたくさんの心の手がつかんでいるものの中の何に心を奪われているのか、それによって目の前のフィルターが作られていきます。
強く思えば思うほど、その手からたくさんのフィルターが作られ、目の前にどんどん重ねられていきます

潜在意識の話の中で語った通り、自分自身の全てを司る潜在意識はイエスの1択。
だからなりたくないという否定形をつかんでいたとしても、なりたくない方だけが増幅し、さらに逃れられなくなるのです。

そんな時は、様々な難しいことを考えずそのことを手放す必要があります。


ただ手放すといっても、こんな思いは嫌だとか否定すればするほど強くつかんでしまいますので、とにかくいろんなことを考えずにそのことからほんの少し目を離すこと。

恐れている事柄から目を背ける事は、そのことに背を向けるようで、そして逃げるようで、もしもしかしたら目を背けるうちに飲み込まれてしまうんじゃないかと言うさらなる恐れが出てくるかもしれませんが、それは幻想なのです。

その悲しみ苦しみにとらわれて動けず、でも何か動き出さなければいけないと心から思うのであれば、まずそれが1番に簡単にできる方法であり、効果的な方法だと言うことを心においてやってみることです。

そして他の手に掴んでいる楽しいこと、嬉しいこと、それに集中すること、そして心を柔らかくすること、そうすれば悲しい苦しい物を掴んでいた心の手はいつの間にか緩み、いつしか優しく手のひらを開いて、その辛く苦しい思いを手放していくことができるのです。

そしてその開いた手のひらは暫く何も掴まないように、ゆっくり穏やかな心で過ごし緩ませること、そしていつも嬉しい気持ちで過ごすこと。
開いた手がつかむものは今あなたが思っているそして感じ望んでいることなのです。

人は一度手にしたものを手放すこと、そして失うことを無意識に恐れるものです。
それはそれがいいことであろうと悪いことであろうと、すべては潜在意識下で行われることなので選択の余地がないのです。

だからいつの時もうれしい自分、なりたい自分を想像し、あなたを創る水に響かせること、それを忘れずに日々過ごすことが大切なのです。
 

PowerPhoto&PowerWord034女神の後光

Phototitle:慈愛の女神の祈り

慈愛の心で空に祈り世界に良き波動を送る女神

--------------------
幸せへの転換
--------------------

マイナスにマイナスを重ねたら
もっとマイナスになるだけ

マイナスにプラスを重ねたら
少しずつでもプラスに向かう

そしてプラスにプラスを重ねたら
もっともっとプラスになり
全てが幸せに転換する

--------------------

波動の違い

日々の思考やあなたから発する言動などで、自分の体そして外の世界へと送られている波動

その波動には様々な種類があり、正確に言うと同じものはありませんが、大きな枠組みとして喜怒哀楽の4つがあります。

それぞれの波動は周波数の違いで大きく異なっており、近しいものはありますが、正反対の波動とは相容れないものとなっています。

喜びと楽しみは近いところにあり、そして怒りと悲しみは近いところにあります。
大きく分けて2種類に別れ、北と南、右と左、陰と陽のようにそれら2つは全く反対のところにあります。

ですので、その2つが向かいあった際、違和感を感じるのです。
さらにお互いの波動が強いと嫌悪感に似た違和感となり、無意識に排除しようと言う働きが生まれます。

どちらか片方の波動が強ければ、反対側の波動は少しずつ影響されていきますが、波動の強さが同じ位だった場合、ぶつかり合い反発し合う、そんなことになることもあります。そしてその反発しようとする力の波動は怒りとか悲しみの方が大きく、結果この場合怒りや悲しみの波動の方が優位となります。

かといって喜びや楽しみが怒りや悲しみに比べて弱いのかと言うとそうではありません。
喜びや楽しみは受容の力が大きく、受け入れる心で波動が増幅されます。
逆に怒りや悲しみは放出する波動ですので受容し続けると、それが自分の中で必要以上に増大し、最後には受け止めきれなくなるそんな波動なのです。

喜怒哀楽すべては人間にとって必要な感情で、どちらが良いとも悪いともありませんが、その力の方向で本来望んでいる自分の姿から乖離してしまう可能性も孕んでいます。

怒りや悲しみは、内に向けて溜めているだけでは処理ができなくなり、さらにその波動で自分の中が侵食されていきますが、外に向け放つことで、その波動は広い広い世界の中で薄まっていくこととなり、その波動を受けてくれた喜びや楽しみの波動の人によって打ち消されフラットな波動に近づいていきます。

逆に喜びや楽しみの波動を持つ人は、怒りや悲しみの波動を持つ人に同じ怒りや悲しみの波動で押し返すのではなく、喜びや楽しみの波動で受容できる範囲で向き合い、違和感が増大し、受けられなくなった場合は、自分の心から外すこと。そんな適切な距離感が必要です
心に留めておくべきなのは、人は誰しも他人を変えることはできないという事です。

だからそれができないと言って、相手と同じように怒りや悲しみの波動に呑み込まれる必要は無いのです。
自分は自分の都合で生きており、他人もまたその他人の都合で生きてるので、すべての人を救うなんて大きな事は考えず、まず自分自身いつの時も自分が心地良い心でいられることそれだけを守っていれば良いのです。

あなたは人と向かい合うときどんな心持ちでいますか?
あなたはどんな波動をいつも発してると思いますか?

 

Phototitle:天使の波動

天使が世界に向かって放つ優しき心の波動

---------------------
よき言葉
---------------------

良き言葉は
良き心を育み
良き時空を引き寄せ
良き人生を創る

--------------------


良き波動でいると言う事

人間を構成するものの中で大半を占める水、
人のおよそ60%が水分です。

日々想う思考や日々発する言葉は、あなたの水に反響し世界へと放たれています

そして、世界にはあなたと同じく水が60%を占める人たちが80億人もいて、さらにはこの地球も60%は海ですので、様々な波動を発しながら、そしてその体に響かせながら日々を過ごしているのです。

人の思考は常に自分自身の体に響いていますので、その波動によりどんな心持ちでいるのかが変わってきます。

波動の種類は細かく分ければ数限りなくありますが大まかに分けると喜怒哀楽の4種類のグループに分かれます。
喜怒哀楽、それぞれ同じ波動は、同じ波動を呼び寄せやすく、強く思えば思うほど、だんだんと増幅していきます。

いわゆるテレビやラジオのような周波数みたいなものだと思うと解りやすいかもしれません。

世界には常に様々な波動が混在して響いており、どの波動をどれぐらいの比率で受信するのかは今この瞬間に心の手が何を感じ思っているかによって変わってきます。

以前別の話で語りましたが、世界を認識しそして自分の思いをつかむ心の手には限りがあります。極端な例で言うと、心の手が10本あるとしてその10本のうちどの感情をいくつずつ掴んでいるか、どんな世界をその手の中で見るのか、それによって受信する波動が変わり、それがあなたの今の現実となるのです。

そしてまたあなたが与える波動も周りの人たちに影響し周りの人たちの心の手がつかむ1つになり得るのです。

そしてその心を掴んだ相手からまた同じ波動が来るので、結局は自分自身の思いが増幅され、また自分に向かって帰ってくるのです。

ただ、周りの世界に対して与えられる影響は、相手の心の手の10本の内1本もしくは2本いや1本の半分かもしれません。
ですので、自分の思いを全て自分の思ったように相手に伝えることなんてできないのです。
だからなかなか伝わらないとしても、そんなに落ち込む事はありません。
もしそれが相手に伝わるべき波動であれば、徐々に相手の中に浸透し、相手の心の受信するチャンネルをほんの少しだけ変えることができるのです。
そう思うとその伝わらないと言う悲しい波動を自分から発する必要がなくなり、その心の手の空いてる分、また嬉しい楽しい気持ちを掴めるから、そういう思考を持つことができるのです。
良き心でいると言う事は、すべては自分のためなのです。

もしいつの時も嬉しい、楽しい気分でいたいのであればその嬉しい楽しいことを待っているだけではなく、自らたくさん発すること。
そうすれば周りの水にその嬉しい楽しい心の波動が反響し、そして共鳴しだんだんと増幅されていくのです。

あなたは今良き心で、そして良き波動で日々を過ごしていますか?

PowerPhoto&PowerWord032天使の波動