Shetland crew neck 2018

みなさんこんにちは~^^

 

この2日間長袖です。短パンは変わらないけど(笑)やっぱ短パンに長袖ってスタイルが好きなんだなぁと思うのです。一応、9月に入ったら短パンを履かないルールを課しているのですが(当たり前ですね)今年はルール変更をしてしまうのでしょうか。週間予報と入荷状況を考慮して決めたいと思います。ガンガン履いていたら笑って下さいね。

 

 

って事で本日のご紹介は昨日の予告通りシェットランドのご紹介でございます。

 

【SECOURS】”Shetland crew neck 2018”

自分史上最高とか良く聞きますよね。スポーツの世界ならキャリアハイになるのでしょうか。いずれにせよ、何かを成し遂げた時や感動をした時に使われるフレーズだと思うのですけど、このセーターにも同じ事が言えるのではないかと思うのです。ちょっと大袈裟な言い方ですが、でも大丈夫、今シーズンのシェットランドセーターは10年近く続けてきた史上最高の出来になったと胸を張って言えるのです。

 

たかが定番のクルーネックのニットでしょ?と侮る無かれ。使う毛糸が同じでも、編み立てる工場や担当してくれるニッターが違うだけで、その出来栄えはかなりの差が出るのですね。こちら側から、こうして欲しいとお願いをしてもトンチンカンなサンプルが届くことも珍しくないので(笑)根気強くやっていくだけなのですけど、今シーズンからお願いしている工場はちょっと違うみたいです。

 

工場自体は、ヨーロッパの有名ブランドのセーターを多数手掛けていると聞いているので、当店基準としてはさほど珍しい事では無いのですが、そこの担当者がかなりニットに精通している方みたいで、こちらの要望をしっかり製品に汲んでくれるのです。こんなにスムーズに行くなんて素晴らしい。お陰で素晴らしい出来栄えのセーターになったのです。

 

伝統的なサドルショルダーですね。肩周りの仕様等も満足な出来栄えとなりました。首元もガタガタする事無く、1発で決まりましたしね。これなら今まで良いモノを見てきた人達にも安心してご提案出来ますね。

 

最も違いを感じたのはこのふんわり感でしょうか。今までと同じシェットランドウールを使っていても、使う毛糸量や洗い、またまた仕上げの違いでここまで出来栄えが違うのがまたニットの奥が深いところでしょうか。そんなこんなで史上最高のふんわり感とボリュームになっているのですよ、奥さん。

 

長く着る事を想定して程よく目を詰めた袖リブでございます。

 

裾も同様ですね。詰め過ぎると品が無いし、ガバガバは言語道断ですよね。この辺もバッチリ調整出来ました。

 

毎シーズンご提案してもう10年を迎えようとしておりますが、何時見てもこのセーターが好きなんだなぁと感じる佇まいなのですね。そんなこんなで今シーズンは10色ご用意しました。今まで無かったお色から定番カラーまで幅広いのです。それでは見ていただきましょう。

 

まずはグレーです。これを外すシーズンはありえないと思っているので、お持ちのお客様も多いでしょう。かなりの数を積んでシーズンを迎えるのですが、いつも真っ先にサイズ切れを起こしてしまいご迷惑をお掛けしてしまっているグレーなのです。

 

上品な杢感が魅力なのです。グレー好きのお客様も納得でしょうか。

 

これを着るようになってスウェットを着なくなりました。こんなエピソードも多数ございます。サイズMを着ております。着丈とウエスト部分を見直し、袖も少し太くしたので大人っぽい印象を受けると思います。

 

これで結構なボリュームがありますので、とてもこのプライス帯で買えるニットだとは思えないかと(笑)

 

お次はライトベージュです。こちらも毎シーズンのようにやっているのですが、ベージュの濃淡が実は違うのです。

 

今シーズンは少し明るめをチョイス。メランジ具合も品があって人気があるのが頷けます。

 

元々女性に人気のあったお色ですが、これだと男性も間違いありませんね。持っていない方は是非。

 

その年の気分ってあるじゃないですか。ライトベージュ気分かも~

 

お次はグレイッシュブラウンですね。2年位前に少しだけやった気がします。

 

その時よりもベージュが強いような・・・。まぁこの辺のちょっとした違いもまたこの毛糸の面白いところでしょうか。

 

先程のベージュとこの後に出てくるブラウンと一緒に悩んでいただきたい(笑)

 

それ程主張が強くないお色のニットはかなり使いやすいはず。それでいて~ってやつですよ。

 

お次はサックスブルーです。これは3年振りだったかな。

 

何色か混ざっているのが分かりますね。サックスブルーにグレーが混ざっているのかなぁ。

 

程よく青みがあって好きなサックスブルーですね。昔やった時よりも少し濃くなっている気がするのですが・・・

 

素晴らしい。これぞシェットランドセーターじゃありませんか。

 

お次はライトグリーンです。これは実は初めてチョイスするカラーなのです。

 

ライトグリーンメランジ。グリーン系のお色が少なくとも3色以上見える気がします。

 

実は林田君のお気に入りなのです。ふんわり感も相まってメチャ高いセーターを着ているような雰囲気がします(笑)

 

いいねぇこれ。濃い目のリゾルトでも合わせたくなりますね。

 

お次も3年振りくらいになると思われるレッドです。

 

この微妙なメランジ具合がこの毛糸の魅力でして、独特な深みを持つレッドになっております。

 

深いですけど、ボルドー寄りではないのです。しっかりレッド。

 

リゾルトとの相性は間違いありませんね。ベージュのパンツとも合わせたくなります。

 

お次はブラウンです。毎シーズン何かしらのブラウンをご提案しておりますが、今シーズンは明るめな方のブラウンなのです。

 

アップで見るとマスタードっぽいお色も混ざっているのですね。去年が濃い目のブラウンだったのでかなりの違いを感じます。

 

このお色の感じそのままでよろしいと思います。

 

ブラウン系のアイテムと合わせたくなりますね。適度な深みとブラウンならではの明るさもあるのです。

 

お次はダークオリーブです。そのまんまですが・・・これ何気にニューカラーでして良くないですか?

 

よく見たらオリーブ系の何色かにブラウン系のお色が混ざっておりますね。これが独特の深みを醸し出すのですね。

 

おお、良いね。前からやっておけば良かったかも(笑)

 

まさかこんな大型新人が現れるとは。このブランドの糸はまだまだ奥深い。

 

お次はネイビーメランジです。こちらは2年間隔で展開しているお色ですね。濃いほうのネイビーと覚えて下さい。

 

もう大変。色々混ざっておりますねぇ。でも遠目から見るとかなり濃いネイビーなのが不思議なところ。

 

大人っぽいでしょ。こんなのを着て、人から良いセーターを着ているねって言われたいものです。

 

確か昨年はオーダーしたけど完売していたんだった。次はオリンピックイヤーになるので、気になっている方は今シーズン買ってください(笑)

 

最後は初登場カラーで〆ましょう。ブラックメランジです。

 

チャコールグレーの括りの最も濃い色がこちらになります。こうなるともうグレーじゃなくてブラックだね。

 

濃い。日差しを沢山浴びてこの濃さならかなり濃いのでしょう。ブラックのソリッドカラーはこのブランドの毛糸には存在しないので、ブラック好きなお客様はこちらをどうぞ。

 

離れれば離れるほどブラックですね。確かフィルメランジェにもブラックメランジがあってこんなお色だった気がします。

 

ふんわり感とボリュームが凄い。これでチクチク感の類が殆ど無いだなんて素晴らし過ぎますよね。まだ出番は先でしょうけど、自分が今シーズン着るニットを早い段階で揃えておくのは悪くないと思います。10月の出番の前に、しっかり揃えて置こうじゃありませんか。そう思える出来栄えとプライスになっておりますので是非お店で見てくださいね~^^そうそう、少量ですが今シーズンもレディースサイズを作っております。こちらもお気軽に声を掛けていただければと思います。それではお待ちしております~^^

 

 

 

【SECOURS】”Shetland crew neck 2018”

・10色

・サイズS(レディース)~LL

・ウール100%

・¥7,900

 

 

tanaka