SEAWEST

SEAWEST

同人ゲーム制作サークル「SEAWEST」(しーうぇすと)のブログです。


テーマ:

こんにちは、缶三郎です。
4月の活動報告です。

4月、新年度。
仕事の方は新たな人たちとの関わりが多く、気を揉む日々でした。
心機一転、新たなことに挑戦だ!なんていう気概が生じる隙がないほどにヘトヘトでした。

そんなわけで制作作業の方ですが、
外注している絵の方は素晴らしいキャラクターデザインがあがってホクホクです。

つんもWEBに、背景にと頑張ってくれています。
 

ですがシナリオ執筆の方は全然進んでおりません。やばいです。
生き方見直した方がいいんじゃね?とか30にして思います。

でも頭の中にはあるんです!
僕の頭の中にはとっても面白い「サマーバケーション」があるんですよ!

それをそのまま取り出してくりゃいいだろうが、という話なんですが、
それができないんからこの野郎、アホと思うわけです。

想起された観念と言語との間に架かる橋が僕の頭の中にはないもんで、
少し少し、彼岸から泳ぎ渡るようにしてことばがやってくるもので、
いっこうにお話が書けない。進まない。

とりあえずでもいいから、と旧版サマーバケーションのシナリオのごとく
川を渡った此岸で話を適当にでっち上げで書くこともできるんですけど、
僕の貧弱な言語野ではヘボヘボなものしかできないんですよね。

つまり何が言いたいかというと、
やっぱり生き方見直した方がいいんじゃないの?
ということです。


来世に期待しますか。

でも徳が低いので、次も大した人ではないでしょうね。
というか人に生まれ変われるんですかね。
果たして来世では何に生まれてくるのでしょうか。

なんて人知で考えていても埒が明かないので、
今生をよく生きるべく、一にも二にも勉強していくしかないです。

ちなみに僕は根暗野郎なんで後悔が宿命みたいなところがあるんですけど、
歴々の数ある後悔の中でも、高畑監督の『かぐや姫の物語』を劇場で観なかったことは
かなり後悔度の高いことの一つです。

なぜ……
予告編見てたはずなのに、どうして当時の僕は観ようと思わなかったのか。
どこをとって見たって凄まじいのに。

あんがい自分も見る目がないのだなと痛感します。

かぐや姫の物語はかなり後になって観ましたけど、こんなに凄い作品はないです。

観終わった後はずっと放心してました。
心奪われるほどの物語とはこういうものなのだと知りました。

今月、高畑監督の訃報を聞いて、また観直したんですが、
やっぱりとてつもない。

物語の力を改めて強く感じました。
そんな4月でした。


※画像は舞台となる海です。つん加工です。


テーマ:

こんにちは、缶三郎です。

 

あっという間に4月になってしまいました。
オーマイガー! 新年度です。

関東では桜が見事に咲いて、早くも散り始めていますね。
先週はよく晴れて天気にも恵まれ、まさに花見ウィークという体でした。

私も昨日はゲーム制作者さんやら音楽の方やら愉快な方やらとつくばで花見をしてきて、
基本眺めているだけでしたが、とても楽しい一日を過ごさせてもらいました。
トンQのとんかつ弁当はすげーおいしかった。


さて、3月の進捗ですが、

 

サマーバケーション(仮)の担当グラフィッカーさんが無事に決定しました!

ということにつきます。
ありがとうございます。ありがとうございます。

今後、描いて頂いた絵などとともにご紹介させてもらおうと思っていますが、
とても可憐で華やかな絵を描かれる方なので、私自身が今から楽しみでなりません。

グラフィックはまさにゲームの顔ですから、
また今までとは違った印象の当サークルの作品になるのではないかと思います。

今回は当サークル初の絵描きさんの募集でして、募集告知の時などは
本当に応募してくれる方はいるのだろうかと心配で心配で寿命がかなり縮んだ思いでしたが、万事うまくことが運んでうれしい限りです。

これも、ハンナのキービジュアルが目を惹き付けて多くの方にツイートを拡散してもらったことで得られた良縁だと思いますので、描いていただいたKazukiさんには感謝するばかりです。


↑できれば大きな画面で確かめてほしい、このアジア系とは異なるヨーロピアンなハンナの髪質の柔らかさ繊細さ。すごいんです!



というわけでして、

一番のネックだったキャラクターグラフィック担当問題が解決し、
サマーバケーション(仮)の制作は極めて順調といえる状態です。

今月はとうとうシナリオも書き始めましたしね。
まだ10分の1程度ですけど、ここからすばばばーと進んでいくものと自分に期待しています。

今年冬に完成頒布予定のサマーバケーション(仮)
お楽しみに~


テーマ:

おはようございます。
缶三郎です。

3月6日ですね。
二十四節気でいうと今日から啓蟄です。
大地も暖かくなって虫が土から出てくる頃だそうです。
「春のうらら」の主人公の春彦の誕生日でもあります。
いい日旅立ちですね~

前回ブログに書いたいくつかの発表なのですが、
すみません。先にTwitterの方で公開しました。

①「春のうらら」をふりーむ様にて無料公開しました。

https://www.freem.ne.jp/win/game/17080
②「春の日に道が続く」(フルボイス版)をふりーむ様にて無料公開しました。

https://www.freem.ne.jp/win/game/9848
③「サマーバケーション(仮)」の告知ページを公開しました。
http://sw-seawest.com/svn1/index.html

ということでした。
ホントは今日公開予定で計画を進めてたんですが、
なんでフライングしてしまったかと天気が良かったからです。
関東では今週は寒の戻りがあってしかも雨とかいう天気予報でしたので、
ならば天気の良い週末にやってしまえと慌てふためきつつ公開しました。

「春のうらら」は天気の要素がでかいんですよ。
僕個人の信条として天気の要素がでかいというのもあります。
晴れると気持ちいいじゃないですか、やっぱり。

そんなわけでした。すみません。



さて、そんなわけで、とうとう「春のうらら」無料公開してしまいました。
これは、かなり悩みました。

せっかく、お金出して買ってくれた人もいるのに(特に年末にDL販売で買ってもらった方とか…)

ホント申し訳ないです。

それでも、正直なところこの作品を有料にしておくのが辛かったという心情があります。
それはクオリティ的なこととはまた別で、サークル内での話であり、また僕個人の話でもあります。

公開停止というのも考えましたけど、ちょっとそれも違うかなと思いまして。

なら、いっそボイス付けてフルボイス化、
ついでにフルリメイクして出しちゃえと今回真剣に考えました。

刷新。良い言葉ですね。
刷新!リメイク!!

もともと「春のうらら」は当初よりずっとフルボイス作品の予定……
というか、そもそもあの作品展開はすべてボイスによる核となる演出を生かすために
積み上げ考えたものでした。ボイスが作品のコアに密接に絡んだ作品でした。

それが制作の想定外の長期化をはじめとしたいくつか理由により、ボイスを切り捨てて出さざるえなくなり、
ボイスなし版として若干の修正をして発表しました。

作品の質をみたときに当時の自分たちには最善でしたし、完成版という言に嘘はないつもりでした。


実際、なまじボイス付けて良い効果が得られたかというと極めて微妙だと思います。
上手くボイスを使えなければマイナスになる可能性も大いにありました。
だから結果的には良かったのかもしれません。

それでも、逃がした魚はデカいと思うもので、どこか不完全だと燻る思いはぬぐえませんでした。
だから、今度こそフルボイス版にしよう!

それが、けじめだと思いました。

そう思ってうららを見返してみれば、まあ、あれよあれよとダメな点ばかりが目につきます。

なんでもっと上手くできないのかなーと呆れてしまうような箇所ばかり……

やはり書き直すべき。フルリメイクしようと思いました。
声優さんの配役も考えました。
ちょちょいと手を加えるだけで今よりも数倍おもしろくする自信がありました。
本当の、作りたかった「春のうらら」を作ろうと思いました。

ダメですよ。
まったくダメです。
心が折れます。

涙がでます。
ひとつひとつの箇所に、詰まってるものがあふれ出てきます。
グラフィッカーの絵も、メンバーで撮った背景写真も、希望の背景写真を撮るために奮闘したことも、
加工も、選曲も、自撮りした効果音も、システム系のボタンも、演出も、
見えないところで消えていった前のバージョンの絵も、背景も、ボタンもなにもかも重ね合って浮かびます。

僕には荷が重すぎました。
書き換えることが、どうしたって無理そうでした。

制作が長かったのがいけなかったのか、
今はもうなくなった当時の環境が映り込み過ぎているのがいけなかったのか。

一文字たりとも、へたくそな表現すら変えることはできそうにありません。
本当に心が折れました。

なので、僕はもう「春のうらら」に関しては何もしません。
今回のフリー公開を最後に今後は一切何もしません。

僕は「春のうらら」を手放します。

以上。

いつかまた巡る季節に~ってな感じで、さようなら。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。