SEAWEST blog

SEAWEST blog

同人ゲーム制作サークル「SEAWEST」(しーうぇすと)のブログです。

こんばんは、缶三郎です。

酒飲んでます。久しぶりに深酒してます。

 

ずいぶん昔、といって3,4カ月ほど前ですが

ハルカの国の星霜編をプレイしました。

 

 

おもしろかったです。

おもしろかったので

感想を書くつもりだったし、

途中まで書いてたんですけど、

投げ出しました。

 

直接的な理由は忘れましたが、

その頃はしんどいことがいくつも重なってしまった時期で、

気力が続かなかったように思います。

 

今日はさっき、たまたまその途中まで書いてたのを発見したので、

これも何かの巡りあわせと考え、いくらか加筆修正してここに載せることにしました。

深酒クオリティです。ご容赦。

 

===============================



星霜編、おもしろかった。越冬編、決別編に続いて良い作品だった。
端的に言えば、胸を打たれた。染みた。泣いた。
単純に作品のクオリティはめちゃくちゃ高い。よくぞここまで作り込んだなと思う。
一方でどこか浮遊感のあるストーリーでもある。
前を引き継ぎ、そして次に続いていく物語なのに、最初から最後まで行き先がぼやけている。
ハルカと別れて情熱を失ったユキカゼに向かう先はなく、あるのは行き場のない不安ばかり。
おトラやクリとのドタバタ騒ぎは楽しい日常であるけど、それが続いていく話でもない。
市井の中を生きていく悲喜こもごもを活写して、個人の想いや決意を越えて、縁に振り回されて進む物語。
暗中模索する主人公の苦悩と涙の物語。
世知辛さが実にリアル。写実とは違うリアリズム。
ユキカゼのイカヅチ、クリのトラユキ、そういうものを形にしたものなんだろうと思う。
だから、これは「僕」のための物語。
もちろん、ここでいう「僕」は、同時代に生きる同じような社会背景や感性を持つ多くの人を指す一人称だけど。
そういう意味で唯一無二だと思ったし、素晴らしき同人的な作品だ。

なので感想は、書きにくい。
下手な自分語りになってしまうし、作者への言及も多くなる。
だから酒を飲んで語り合うことにしましょうと言って、これも切ってしまおうかと思ったけれど。

果たしてそれでいいのかな、疑念が湧いてきた。
もう自分にはそう言う資格もないような気がしてきた。
水は低きに流れるもんで、すっかり負け犬根性が染みついた自分だもんで。
犬であれば、まだしっぽ振って恭順を示すだけの可愛げがあるものだけれど。
それすらないから、なんにもない。
失意だけはある。

なので、もう少し書いてみることにしました。

星霜編なにが良かったのか。正直にいうと、よくわからない。
越冬編の良さはいくらでもあげられる。桁違いの自然に圧されつつ、対比として生物の小さな営みの灯が美しい物語だ。
続く決別編も手に汗にぎるバトルあり、笑いあり、男の生き様ありで、ぐんぐんと引き込まれるストーリーが面白い。
そして星霜編……
湿っぽい物語だった。
涙、涙に暮れる物語。泣ける者も泣けない者も、みんな揃って泣いて泣いて慟哭して。そして酒を飲む。
酒と涙と謝罪ばかりの星霜編。あと、うどん。
皆、誰かに対して負い目がある。
それでも生きていかねば、闇の底で密漁してでも生きていかねばならぬ、という悲哀。
クリのように人の「国」憎しと言って、向かうべき敵も見えない。
周りの人間たちはみな優しく、けれど自分のことで手一杯な小さな人間たち。

右を見ても左を見ても辛い、辛い。
おトラのほどけ、喪失感に加えて圧し掛かるお金の問題、明日からの生活の問題。
一人枕を濡らすほかないユキカゼ、悲しみの晩。
夜が明けないことを願う晩。
わかる、その気持ちわかるぞ、ユキカゼ。

世知辛さの共感。
年取ると嫌でも思い当たることばかりで、そういうものに共感して慰めとなったのか。
それも大いにある。心によく染みた。
ただそればっかりじゃない。

屋根より高い巨大な船とどんちゃん騒ぎ。
怪物じみた赤黒い炭鉱とギトギトの坑夫たち。
するりするりとどこでも差し込まれるお化けのような株や金の話。
隣を歩く人のことなど気にも止めないビルディング、そして地震で崩れ去るビルディング。

関係ないようで、関係あるような。
あるようで、ないような。

大きな話と小さな話が折り重なった星霜編。
大きな話が象徴する時代があって、ユキカゼたちはその中のほんの小さな話の中で生きている。
その視野の行き来が、やっぱり良かったと思う。
背景としての時代ではなく、その時代のもつ生き物のような、うねりみたいなものが確かに感じられる作りだった。

時代に押し流されたり、その背に乗ったりして、ユキカゼたちは生きて行くのだな、
百年であればきっと、ずっと遠いところまで行ってしまうのだろうな、と。
悲しさ寂しさも含めて、そこでどんな景色を見せてくれるのだろうか、そういう期待を抱く作品だった。

とはいえ、きっと大きな話の中には「化け」の居場所はない。
ならどうするのか。

どうするんでしょう??
どうなるんでしょう??

次回、ユキカゼ怒りのイカヅチ大炸裂!!!
みたいな矛盾、期待してます。

 


 

こんばんは。缶三郎です。

大晦日になりました。2020年も終わりですね。

例年、1年の振り返りなどやっていますが、
今年に関してはとくに振り返るようななにかもありませんでした。

春の日に道が続く(三)を作っている一年でしたが、
UI等を除いて明確な進捗はありません。

当SEAWESTは2人態勢で、基本的にリーダーの缶三郎が企画、原案、脚本、ディレクション等を行い、
もう一人のメンバーであるつんがUIや背景加工、スクリプトその他もろもろを行ってくれます。
それ以外のグラフィックや音声などは外注でお願いしたり、音楽はロイヤリティフリー音源等を利用しています。

だから制作初期においては私(缶三郎)が動かないと実質ほとんどなにも動かないということです。
つんは働き者で有能ですが、あくまで私の作りたいものの希望を叶えるサポートをしてくれる立場です。

そいうことで今年は私がほぼ動けなかったので進捗がない状態です。
すみません。

ちょっと今年は肉体的にも精神的にもつらいことが多すぎました。
とりわけメンタル面はほぼ壊滅状況です。
とても制作に力を割ける状況ではなかったというか、
制作の原動力であったメンタルのエネルギーが消失した感じです。

ま、それ自体は別に悲しいことでもなくて、
逆に人生に彩りを与えてくれるきっかけになりました。
前々から自分の中での疑問であった「ゲーム作りなんてしない方が幸せになれるのでは?」
という問題は確かにその通りであった、と実証できたような感じもします。

であっても、ですよ。
人生の浮き沈みというのは常にあります。

ゲーム作ってるから不幸になるわけじゃないですし、
ゲーム作りやめれば幸福になるわけでもない。

そういうことです。
すでに沈んでおります。

というかゲーム作る意味をわざわざ求める時は決まって、うまくいってないときで。
人生に意味を求めるのと同じことですね。
作られるゲームからしてみれば「俺のせいにすんな」という至極まっとうな意見も聞かれることでしょう。

つまり、ゲーム作りにいちいち御託を並べる方がうんこな気もします。
うるせえ。

そもそもゲーム作りっていってるけど、本当におまえの作ってるもの(ビジュアルノベル)ってゲームなのって聞かれると、
うるせえ。としか返せません。すみません。

話を戻しましょう。

つんには先日伝えましたが、半年間ほど制作をお休みさせてもらうことにしました。
まだまだ、まともな精神状態でないのは明白です。
半年経ったら、改めて春の日に道が続く(三)の制作スケジュールを考え直します。

来年の2021年12月23日に公開すると1年ぐらい前に宣言していましたが、白紙撤回とさせてください。
守れないスケジュールを発表するな的な旨を知人の方が言ってたのを見かけまして、

本当にその通りだと思います。完全同意します。
このようにして皆様の信頼を少しずつ失っていくのだなと思います。
ただただ、申し訳ない限りです。

すみません。


このブログをわざわざ見てくれた方の、来年が幸多い良い年になることを願っています。
では、また来年。

こんばんは!
缶三郎です!

次回作の春の日(三)はWEBブラウザでのプレイを目指していて、スマホ中心な画面設計をつんがもくもくと取り組んでおります!
良い感じです!

僕はとりあえず頑張って生活してます!
正直、いっぱいいっぱいです!

当サークルのゲーム気にかけてくださってる方には大変申し訳ないのですが、最近は自分のことを最優先にさせてもらってます。
前よりもなお、ゆっくりとした制作です。

すみません。
よろしくお願いします!

あと、年末にはずっと気にしてる他所さまの作品やりたい!と思ってます!
では、また年末に!
ごめんなさい!