SEAWEST blog

SEAWEST blog

同人ゲーム制作サークル「SEAWEST」(しーうぇすと)のブログです。

どうも、缶三郎です。

久しぶりのブログ更新です。
2か月以上開いてしまいました。

この間に何をしていたかといえば仕事をしてました。
前回、書いたように自分はワーカホリックではないことが判明したので、
思う存分に仕事をしてました。

とくに楽しくはないのですが、充実感はあります。
仕事はひと月も頑張ればいくらか成果がでるので、同人活動と比べるとコスパが良いです。
ただそうやって調子乗ってると次々に面倒な仕事に連鎖してしまうのでワークライフバランスを考えると良くないです。

難しいところですね。

あとはもう、最近はちょっと諦め気味というか、
人生あるあると思いはじめましたが、
思わぬところから生じてくる問題に生活レベルの見直しを迫られたりします。

2020年もしんどい年でしたが
2021年も終わり間際までしんどい年となりました。

平穏をかき乱すのものは敵だと思っていた若かりし頃ですが、
今では不穏こそが人生のデフォルトだぜ!と思い直してます。

そう思えば、抱えてる潜在的リスクはまだまだ沢山あるわけで、
現状の生活が過ごせてるだけ、ぎりぎり幸運かも?と思えなくもないわけです。


まあ、それはおいておきまして。
春の日に道が続く(三)の話です。

感染状況が下火になった先月、タイミング的には今しかないと思って、
岩手にロケハン(シナハン?)行ってきました。

もう1年半以上?温めていた話のメイン舞台となる念願のロケハンでしたが、
結論から言うと、舞台設定の見直しに至りました。

ロケハン1日目にして自分の中で「なし」と思いが決着してしまいました。

がっくり来ましたが、2日目からは普通の旅行と割り切って観光を楽しみました。

考えていたロケ地と花巻が近くだったので急遽、宮澤賢治の史跡巡りなどすることにして満喫です。
羅須地人協会跡地、賢治の眠る「雨ニモマケズ」の詩碑を前にすると色々と頭をよぎるものがあります。

「欲はなく……」
昔は賢治の思い描く理想像に憧れてたはずなのに、
いつからかそういうのを青臭いと否定するようになった自分。

いったい、いつから変わってしまったんだろうか、とか。

北上川の川べりを歩きながら、じっくり感傷的に人生を振り返ります。

天気もよく、周囲に人影もなく、何にも邪魔されない贅沢な時間でした。

あとはすぐ近くの桜地人館、めちゃくちゃ素敵な所でした。
雰囲気が個人的にドツボです。

ちなみに、そこで詩碑の除幕式を映したビデオが見られます。
著名な高村光太郎の手による詩碑、歴々の町長をはじめとしたお偉方たくさん出席しての壮大な除幕式で、
刻まれた詩文との対比がなんとも皮肉な感じですし、
そこで賢治の母親、腰の曲がった小さなお婆さんが詩碑を前に手を合わせている姿なんかを見ると、
宮澤賢治も普通の人の子だったんだなというのが感じられて、新鮮でした。


花巻、良いところ。
 

賢治詩碑から見下ろす「下ノ畑」

こんばんは、缶三郎です。

とくに書くことのない日々を過ごしています。
それなので先月はブログも書きませんでした。
創作的なことはほぼ皆無で、仕事漬けの日々です。
寝ても覚めても仕事のことばかり。
10年近く同じ仕事をしてるのに、余裕のなさは一向変わりません。

以前、本で読んだのですが、
画家の平山郁夫先生は藝大学長の頃、どんなに多忙でも校門から一歩外に出たら仕事のことは忘れ、
毎夜、ひとりの画家として自身の作品と向かい合っていたそうです。

背筋が伸びます。

僕は平山先生大好きですから、
憧れと尊敬の念をもって真似しようと思いましたけれど、
これが3日と続きません。

日曜に、「よおし、明日から頑張るぞ! 定時で帰って創作するぞ!」と鼻息荒くして。
月曜日は想定より1時間くらい遅く残業して、時間確保のために睡眠時間を少し削ります。
火曜日は睡眠不足でテンション下がり、ダラダラ残業コースに突入。帰ってからは、わずかな作業をして自分を誤魔化し、明日は頑張るからと早めに就寝。
そして水曜日くらいになると、たいてい何かしら想定外のトラブルや仕事が生じて、「今日はもう無理だ(気持ち的に明日も無理だし)、週末に頑張ろう」と諦めモードに入ります。
もちろん週末は平日に溜めに溜めた疲れや悩みに振り回されて、「また今週も何もできなかった!」という焦燥だけを抱えて終わります。

ずっと、そんな感じです。
最近はさらに悪化して、失敗がわかりきってるのでトライすらしなくなりました。
 

もういっそ、と開き直って仕事ばかりしてます。
新人時代を思い出すワーカホリックぶりです。

と、ここまで書きまして。

ワーカホリックって実際どういう状態だろう、ニュアンスでしか知らないから調べてみようと思いググってみたら、
ワーカホリック診断(質問紙形式のお遊びっぽいです)という感じのサイトが見つかりました。
当然、ワーカホリック判定されるだろうと思ってなんとなくやってみたら、
あなたは全くワーカホリックではありません。仕事の効率が悪いだけです。
と回答されました。

けんもほろろですね。
けんもほろろ、なんてことば初めて使いましたよ。
馬鹿正直に書けばいいってもんじゃないでしょう、もうちょっとことばをオブラートに包んで欲しいんですけど、
まあいいや。

当初このブログで書こうとぼんやり考えていた落としどころも忘れる衝撃を受けましたので、
この辺で終わります。

明日からは心を入れ替えて真面目に働きたいと思います。

それでは、また。

カラスウリいいですよね。『老人と少女』において、つんの意見を無視してカラスウリを取り扱ったのは思い出すだけで恥ずかしい失敗だと思っていますが、カラスウリ自体は今でも好きです。

こんにちは、缶三郎です。

前回のブログで書いたように、創作活動を再開しています。

再開に当たり、まずは何からすべきか。
作るものを決めねばなりません。
作るものは春の日(三)と、決めました。
完全新規での新作作りたい気持ちも生じましたが、やはり一度はじめたお話は終えねばな、と。

そして次は何をすべきか。
休止前まで考えていた春の日(三)の全体像を振り返ってみました。

春の日(三)は2部構成の予定でした。
『SUMMER!』の終わりから、ドイツを舞台に小真たちとのバタバタを描く「温かな冬」編と、
昇と別れて孤独となった宮下さんを描く「冷たい冬」編です。

この2部構成ではありましたが、

もともとのシリーズ構成からするとイレギュラーなものでした。

当初の考えでは、
「春の日(一)」

『SUMMER!』の夏休み旅行部分(本来の「春の日(二)」)

昇と宮下さんとドイツ留学の座を賭けたバトルの話(本来の「春の日(三)」)

ドイツ冬の話(本来の「春の日(四)」)

という感じでした。

それが『SUMMER!』制作時にスケジュールが劇的に変わり、
本来の「春の日(三)」であった宮下さんヒロインの話を丸々カットし、

結末だけを『SUMMER!』にぶっこむという荒療治を行いました。

当時、そうすれば最短でシリーズ一区切りの「ドイツ冬の話」に取り組めると考えたゆえでした。
ただやっぱり色々と無理もありました。

いざ『SUMMER!』が終わって「ドイツ冬の話」を作ろうと思った所、
エピソードがカットされ端役に甘んじる宮下さんの不憫がふつふつと沸きあがります。

考えあぐね、結局、彼女のエピソードを「その後」という形に変えて復活させようと思い立ちました。
元来の自分の性格でいうと、宮下さんが紡いでくれる薄暗いお話の方が好みというのもありますが。

ただ宮下さんの話だけだと、暗いしあまり相手にされないかなと邪推もしました。

ならばと華やかさのあるドイツ編と抱き合わせて発表しようと思ったわけです。
そうして生まれた2部構成。
温かいお話(でも暗い)と冷たいお話(でも明るい)の温冷療法だったわけです。

おおーどっちも捨てずになんとかなったじゃないか!わっはっはっは。と安心してました。
以上が活動休止前の話です。
サークルTwitterのヘッダーにもそんな感じで書いてあります。

 

休止期間でいろいろと頭を冷やしました。

できること、できないこと。

書きたいこと、書きたくないこと。

やるべきこと、そうでもないこと。

創作から完全に離れることで、多少、創作する自分を客観的に見つめられるようになりました。

そこでもう一度、よくよく考えてみました。

 

やっぱり2部構成はうまくいかない。

というか、ドイツ編が残念ながら力及ばず面白くなりそうにない。

 

やめました。

宮下さんを中心とした話、1本に絞ることにしました。
ドイツ冬の話はなし。

前作『SUMMER!』で思わせぶりな終わり方で、続きへのご要望ももらってるのにそこを描かないのはどうなの?
という期待を裏切るような忍びなさはもちろんあります。

またドイツ編のためにつんやZephyrさんに協力してもらったことやハンナ役のANNEさんにもまたお願いしますと伝えしていることとか……
後ろめたさはいっぱいあります。

 

申し訳ないです。
でも僕は宮下さんを書きたいんです。

もちろん昇と小真の関わりがシリーズの主題となってくるので、

そこをおざなりにするつもりはありません。

宮下さんの話もサイドストーリーってわけではないのです。

 

ご理解のほど、よろしくお願いします。