SEAWEST

SEAWEST

同人ゲーム制作サークル「SEAWEST」(しーうぇすと)のブログです。


テーマ:

Hallo!

Ich heiße Saburo Kan. Ich bin verantwortlich für das Szenario bei SEAWEST, einer Gruppe für Animation Novels und mehr.


こんにちは!
ノベルゲーム等制作サークルSEAWESTでシナリオ担当してる缶三郎です!

現在、わけあってドイツ語を集中的に勉強しております。

わけといっても、直接的にはゲームとは関係ありません。

もちろん既にお伝えしているように目下制作中のサマーバケーション(仮)には

ドイツ少女のハンナが出るのでドイツ語は重要なファクターです。
 

ただ、そちらの方は、作中のドイツ語のセリフに関してはサークルメンバーのつん(ドイツの大学院卒)君とアドバイザーのZephyr(ドイツ語ネイティブ)さんに任してます。
※上記の自己紹介文もZephyrさんに添削してもらっちゃいました。ありがとうございます!

なので、ゲーム制作上の理由で必要に迫られて勉強しているわけではないです。

理想論でいえばドイツ語の知識があった方が制作上良いわけですから、
2年ほど前(制作が決定した直後くらい)にドイツ語教室に通った時期もありましたけれど……

半年経たずに挫折してます。

なにせ僕は学生時代から語学が大の苦手で、
英語は言うに及ばず、母語である日本語もまともに扱えません。

そんな僕がドイツ語教室でネイティブの先生による直接法(対象言語オンリーでの教授法)での授業を受けたので、それはそれは大変でした。なにを言っているのか、一向にわかりません。

その「わからない」状態こそゲーム上重要なので願ってもない貴重な体験でしたが、
仕事終わりの平日週2授業はやっぱりしんどかったので、しばらくして辞めてしまいました。

そんなかつての苦い思い出もありつつなのに、
なぜ今更ドイツ語の勉強を再開したのか、といえば……

ライバルが出現したからですよ。

ライバルは僕と同じくゼロからドイツ語を学びはじめました。
はじめの頃は圧倒的に僕が優勢だったので彼のことは相手にもしてませんでした。

彼は最初の1年くらいドイツ語はおろか、まともな音声表出さえままならなかったんですよ。
それがあれよあれよと(とくにここ1年くらい)、水を得た魚のごとくグングンとことばを発していきます。

それも2言語同時にです。
日本語のラ行音もまだしっかりと発音できないのに、なんと相手の話者によってコードスイッチングをするのだそうです。
つまり日本語話者には日本語で、ドイツ語話者にはドイツ語で話すのだと。
ドイツ語に関しては、すでに僕よりも遥かに語彙が豊富でした。

やばいっすよね。

そんなわけで、友人のお子さんに負けないよう僕もドイツ語を学んでやるぞー!と思ってるわけです。
絶対勝てない戦いですけどね。楽しいです。

さて前置きが長くなりました。
9月の進捗報告です。

シナリオはゆっくりとしたペースですが着実に進んでます。
やっぱり心にゆとりがある方がいいものができます。

ゲーム本体(?)の方もちゃくちゃくとつんが進めてくれています。

※こんな感じです↓

 

 

ホームページ関連も。

あと、ちょっとした小道具(?)の方の準備も進んでます。

グラフィックに関しては……なんと、完成しました。


紐途さま、おそろしや。本気ですごい。

魅力的なグラフィックなので早くお披露目したい欲にかられるのですが、
最高の状態で出しますのでゲーム完成までしばしお待ち下さい。

では!


テーマ:

こんばんは、缶三郎です。

8月が終わってしまいましたね。
やっぱり自分にとって8月は運命の月なんだなと感じたひと月でした。
運命ってなんだよ。

自分はあやふやな人間なので、あやふやなことばが好きです。
あやふやなことばのいいところは、なんと言ってもあまり人に怒られないところです。
建設的ではないので多用すると信用を失いますが、世渡りにはそこそこ有用でしょう。
かっちりきちきちではなく、ふわふわぼやあっと生きていきたいものです。

さて、サマーバケーション(仮)の進捗報告です。
前回のブログで外注でお願いしている紐途さまのキャラクターイラストを公開したのことで分かる通り、
グラフィックの方は万全です。幸いにも完璧な仕事ぶりをしていただけております。

今つくっているものはビジュアルノベルと呼称されるくらいですから、ビジュアルが良ければ半分はOKなわけですよ。
半分よければもう充分ですよね。ありがとうございます。


そんでもってシナリオの方も7月に概ね書き終わりました。
これでゲームの屋台骨はできたので、あとはつんが素晴らしい具合に仕上げてくれることでしょう。

そんな感じでいけば18年の年末に完成したと思うのですけどね。
そうならなかったわけです。
サマーバケーション(仮)は19年の夏に出すことにしました。

理由は明確で、けちがついたわけです。
けちがついたというか、なんか違うなーと思ったわけです。

この期におよんで、またシナリオを書き直すことにしました。

シナリオといっても表示されるテキストのことではなくて、筋書の方です。
どう考えてもやばいです(もちろん悪い意味で)


今まで書いたものと、これから書くもの。
後になって比較してみたら、きっと五十歩百歩だと思うんです。
それなのにまたロケハンに行ってみたりして(都合4度目)。

「老人と少女」の制作でやらかした失敗がなにも生かせていない。
あれは短編だったので、結局5回くらい書き直しましたが、
できあがったものは初回に書いたのと大差ないんですよ。

まったくアホらしいです。

アホらしいほどあやふやに作ってるので、自分の実力?を過小評価して同じくらい過大評価してしまう。
もうちょっと分析的にやってかないと成長しないし継続的に活動はできないなと思うんですけどね。

あやふやが好きなんです(というかそれしかできない)。

 

 

そういや家のごく近所にからすうりが咲いてました。

去年の夏は「老人と少女」のジャケットに使おうと思ってあっちこっち駆けまわって見つけた花だったんですけど、

しかもようやく見つけたと思ったらゲリラ豪雨にあって大変な目にあったんですけど、

今年は探してもないのに見つかりました。とても暗示的ですね。運命かな。

 

 


テーマ:

こんばんは、缶三郎です。

 

夏コミ参加された方は猛暑の中お疲れ様でした。
私は残念ながら夏コミも参加せず夏らしいことは何もしていないですが、
少しずつ次作の制作だけはしております。

さて、前回のブログ。

進捗報告を放棄しまして大変すみませんでした。
テキトーなことばかりしてるゆえか、その後、胃腸炎にかかりまして

熱、吐き気、腹痛やら下痢やらでしばらく苦しみ悶えておりました。


反省しております(人生の)。

ようやく体調も本調子になりましたので、ここらでちょっと挽回。

 

今回は長らく秘密にしてきておりましたグラフィックを一部公開します!

サマーバケーション(仮)はSEAWEST初のグラフィックの外注作品でございまして、
紐途(ちゅうと)(https://twitter.com/chuto_fm)さまに依頼しました。




ばばーん!







どうですか!

見ればわかりますが、すごいです!

女性キャラクターが問答無用で可愛いのはもちろん、細かい服飾の小物まで丁寧で、
見れば見るほどに見惚れます!

このキャラたちがですよ!

夏のビーチでキャッキャウフフするわけですよ!?

 

どうですか!!


ビジュアルのすごいビジュアルノベルゲームになりますので、
ぜひご期待ください!!!

 

そしてフルボイス仕様です!!!

来年の夏に出します!!!

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス