連日まだまだ色々なニュースが飛び交ってますが

前回の記事にも書いたように

ストレスフルな状況が続くと

免疫力は下がります。

 

 

では、免疫力を上げるためにはどうしたらいいか

ということを今日はお話させていただきます。

 

 

 

免疫力は腸内でつくられるものが70%

残り30%が無意識の領域である

自律神経によってコントロールされています。

 

 

バランスの良い食事をとって

腸内環境を整えることで

免疫力はアップするんですが

無意識の領域にある自律神経もバランスが

とっても重要です!

 

 

 

ですが、無意識レベルにある自律神経を

どうやって「意識的」にコントロールするかというと

それには交感神経と副交感神経というのが

重要な鍵を握っています。

 

 

 

皆さんもよく耳にする

「交感神経」というのは

適度の緊張を持って

覚醒している状態に優位に働く

神経の領域です。

 

 

 

 

仕事をしているときや

元気に活発に作業したりしている時

運動している時などは

交感神経が優位になっています。

 

 

 

 

逆に「副交感神経」というのは

ぼんやりとリラックスした状態の時に

優位に働く神経です。

 

 

 

緊張した状態を作るのは簡単だし

意識せずとも常に行っているので

意識してやることは

リラックスできる状態を常に作ることです。

 

 

 

 

【呼吸】

 

呼吸は意識と無意識をつなぐ唯一の方法で

普段は無意識的に行ってますが

意識して深呼吸をすることで

副交感神経が優位に働きます。

 

カウンセリングにいらっしゃる

クライアントさんなどは特に多いのですが

悩んでいたりストレスがかかってる方は

大抵この呼吸が浅いのです。

 

なので、意識的に

深〜〜〜〜〜く呼吸をしてみてください。

 

ポイントは

まずゆっくりと息を吐くこと。

 

理想は8秒くらいかけて

ゆっくり息を吐ききってから

6秒かけてゆっくり鼻から吸っていきます。

 

これを4〜5回

約1分繰り返すだけでも

脳も身体も神経もリラックスしてきます。

 

ストレスフルな時、休憩中

特に寝る前などに

是非毎日意識してやってみてください。

 

脳と血液に酸素が廻って

心身ともにリラックスしてきます。

 

 

 

 

【環境】

 

日常を過ごす環境を整えるのも

とっても大事なことです。

 

人は散らかった乱雑な環境にいると

知らずにストレスが溜まるもの。

 

逆に綺麗に片付けられた環境には

気持ちもスッキリするものです。

 

たまに「散らかってるほうが落ち着く」

という人がいますが

あれは落ち着いてるんではなくて

その環境に慣れてしまってるだけで

無意識は必ずしもリラックスしてるとは言えません。

 

部屋の状態が心の状態を表しているように

やはり散らかった部屋や

乱雑な環境に慣れている方は

ストレスが溜まっている状態かもしれません。

 

少しでも自分の周りを整理整頓してみたり

好きな香りのアロマを焚いてみたり

頭が冴える蛍光灯ではなく

優しい灯の間接照明を灯してみたりと

リラックスできる環境を意識的に作ってみてください。

 

 

 

 

【習慣】

 

環境と同じく

副交感神経が優位に働くような

習慣を作ってみましょう。

 

お気に入りの入浴剤を入れたお風呂にゆっくり浸かる

朝や寝る前に瞑想をするなど。

 

つい私もやってしまいますが

ブルーライトは交感神経を優位にするので

ベッドにスマホを持ち込まないことや

寝る前にPCなどを見ないというのもよく言われてますね。

 

 

 

 

【エンターテインメント】

 

好きな映画や音楽に浸るのも

大事なストレス発散になります。

 

笑いは免疫力を増強させるので

お笑いのコンテンツを楽しむのはとてもいいとされています。

 

ただ、何よりも大事で気をつけたいのは

緊張状態とリラックス状態のバランスです。

 

副交感神経が優位になってばかりでもいけないし

交感神経優位ばかりももちろん休まる時がありません。

 

何事もバランスが大切で

自律神経も交感神経と副交感神経のバランスを

保つことが重要です。

 

生活が乱れたり、ストレスが溜まると

このバランスが崩れて「自律神経失調症」にもなり

ゆっくり休むはずの夜に眠れず不眠症になってしまったり

活動する日中に眠気に襲われたりと

心身ともにバランスが崩れてしまいます。

 

こんな時だからこそ

食事や習慣を意識的に見直して

自律神経のバランスを整える生活を

目指してみてくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サンマーク出版より発売中の

 

私の初の著書

『あなたは何も悪くない』

 

 つい頑張り過ぎてしまう人へ

 つい自分を責めてしまう頑張り屋さんへ

 なかなか自分を好きになれず大切にできない人へ

 

自分を好きになって

人生を大切に生きるための

心が楽になる本


 

お求めはAmazonでPC

(岡田沙織で検索してくださいね!)

 

今回のコロナ禍で

テレビやメディアでは

色々なニュースや情報が連日流れていて

それを見ているだけでも

人間の身体には様々な現象が起こることを

ご存知ですか?

 

 

 

コロナは怖い

海外でも亡くなった人がこんなにいる

スーパーでこんなに人が密集している

マスクが品薄で買えない

コロナで殺人や強盗も起きている・・・等々

 

 

 

そのような情報は

「恐怖」を媒介として

私たちの無意識のレベルに

ネガティブな感情や思考を生み出します。

 

 

そのような状態が続くことで

ストレスホルモンは増加して

免疫力を司る自律神経にまで不調をもたらし

身体の免疫力を低下させます。

 

 

 

 

 

自律神経は

私たちの身体を意識せずとも守り機能してくれている

とっても大切なもの。

 

 

その自律神経が乱れることで

身体を守る免疫機能にも影響が起こります。

 

 

 

 

 

今回のコロナ禍で

「怒り」「不安」「恐怖」

などのネガティヴな感情が湧いた時

当然それは無意識に自律神経を通じて

身体にも影響は現れます。

 

 

よく、怖い映画を見た時に

その夜夢でも悪夢にうなされるなんてことがありますが

まさにそれは

無意識レベルで

脳が恐怖を処理してくれているということ。

 

 

 

このコロナで

知らず知らずに蓄積されたネガティヴな感情が

そんな風に身体にも

ダメージを与えているかもしれないのです。

 

 

 

 

せっかくコロナから身体を守るために

毎日何度も手を洗い

外出時は常にマスクをつけていても

自律神経にダメージを与え

免疫力まで下がってしまっていたら

その努力ももったいないものになってしまいます。

 

 

 

免疫力を上げるには

食事や体温を上げることや

色々な健康法がありますが

ひとつとっても大切なことは

自分自身をネガティヴな情報から守る

ということ。

 

 

 

 

無意識から大きな影響を受けている

免疫力や自律神経を健康に保つためにも

不必要な「心配」や「恐怖心」を煽られないように

時にはニュースや恐怖を煽る情報を遮断して

心身ともにリラックスできる状況を

意識的に作るようにしましょう。

 

 

 

過度な心配や恐怖心が

かえって身体に負担をかけて

コロナだけでなく

様々な病気を引き起こしかねないということ。

 

 

 

 

そして、コロナから自分の身を守るだけでなく

色々なネガティヴな情報からも

自分を守るということを

是非心がけてみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サンマーク出版より発売中の

 

私の初の著書

『あなたは何も悪くない』

 

 つい頑張り過ぎてしまう人へ

 つい自分を責めてしまう頑張り屋さんへ

 なかなか自分を好きになれず大切にできない人へ

 

自分を好きになって

人生を大切に生きるための

心が楽になる本


 

お求めはAmazonでPC

(岡田沙織で検索してくださいね!)

 

コロナ騒動で多くの人が

自宅待機を課せられている

という同じ状況下でも

その反応や感じ方やストレスの内容は

ひとりひとり違います。

 

 

ある人は

「コロナウイルスに感染してしまうので

ソーシャルディスタンスを保って

リスクを回避しなきゃ」

と外出自粛に徹して自宅にこもる。

 

またある人は

「コロナウイルスより、仕事が優先。

自宅待機なんてしてる場合じゃない」

と、今までと変わらない生活をキープすることで

生活を守ろうとする。

 

またある人は

「コロナで世の中が変わる。

この騒動が収束したアフターコロナでは何を始めようか?」

と、この状況でも未来に希望を託そうとする。

 

 

そんな風に

同じ状況で同じ日本人でありながらも

この状況に対する反応や感情・生き方は様々です。

 

 

 

このような違いは

大きく分けて3つの脳の処理の仕方によって分かれます。

 

①情報を五感を通して「どのようにインプットするか」

 

②情報を脳の中で「どのように処理をするか」

 

③情報を「どのようにアウトプットするか」

 

 

 

この「どのように」が

人それぞれ数え切れないほどのパターンがあるので

人間の反応は100人いたら100通り違うのです。

 

 

その「どのように」には

その人がそれまで生きてきた環境や価値観

考え方や思考のクセなど

その人の様々な背景が反映されています。

 

 

 

 

人から悪気なく嫌われてしまう経験をした人は

このコロナで反論したいことや不満があっても

否定され嫌われてしまうことの恐れから

言いたいことを我慢しているかもしれない。

 

周りから期待を背負わされてきた人は

このコロナでキツい状態にあっても

弱音を吐けずに

ひとり必死に頑張り続けているのかもしれない。

 

人から否定ばかりされてきた人は

逆に周りを攻撃することで

自分を守ろうとしているかもしれない。

 

 

 

 

 

そんな風に

人それぞれ経験や生い立ちなどの背景が違う分

そこから出てくる感情や思考にも違いが現れるのです。

 

 

 

自分の思考のクセや

自分が恐れているものなどからくる

「インプット」「処理」「アウトプット」

のパターンを認識することで

 

他人が自分と違うことを前提として

お互いが理解しあえるコミュニケーションが

取れるようにもなります。

 

 

 

『自分とうまくコミュニケーションを取れる人が

他人ともうまくコミュニケーションが取れる』

 

 

これは私自身が様々な経験を通して

実感しているセオリーのひとつ。

 

 

 

 

まずは

 

自分を知ることで他人を知り

他人との違いを理解し受け入れる

 

というのはこのご時世

これからより

大切になってくるのではないかなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サンマーク出版より発売中の

 

私の初の著書

『あなたは何も悪くない』

 

 つい頑張り過ぎてしまう人へ

 つい自分を責めてしまう頑張り屋さんへ

 なかなか自分を好きになれず大切にできない人へ

 

自分を好きになって

人生を大切に生きるための

心が楽になる本


 

お求めはAmazonでPC

(岡田沙織で検索してくださいね!)