今回は、アメリカのリアルな実情について。。。

 

日本にいると目にすることさえない、大麻(マリファナ)ですが、カリフォルニア州では、大麻を吸うのは合法になっています。アメリカの国としては、禁止しています。

 

しかし、映画のシーンで大麻を吸ってハイになっているシーングラミー賞の表彰式などでアーティストが「嬉しすぎて、大麻吸いたくなってきた」とジョークを言ったり、、、

 

大麻はかなり身近な距離にあるような気がします。

 

 

実際、アメリカの大学生にとって、マリファナを吸っている人は少数派ですが、結構います。(色んな人がいるので、一概にみんな好きという訳ではありません)

人によって、全く吸わない人や習慣のように吸っている人などがいます。人のドラッグに対する価値観ですね。

 

僕は、しっかり距離を置いているので安心してください!

 

大麻を吸うことによって、気分が高揚したり、気分が異常に落ち着いたりします。種類によって、効用は異なるみたいです。アルコールとかタバコよりも害は少ないとも言われています。

 

大麻を吸った直後の人とかは、目の瞳孔が大きくなっていたり、慣れない匂いがしたりするので、すぐに気がつくと思います。

 

 

でも、やっぱり、国としては、違法としているので、インターンを応募するときはドラックテストなどが大体あり、それのために一時的に吸うのをやめたりします。

 

理由としては、

ドラッグをやっている人が企業にいると、企業価値が下がってしまうから、多くの企業はドラッグテストをやってるみたい。友達が言ってたので、本当かは分かりませんが。

 

形だけのような気がするけどね。笑

 

 

今日は、留学しているからこそ、感じるアメリカについて書いてみました。楽しんでいただけたら、嬉しいです。

 

最後まで読んでくれてありがとう!では、また!