昨日、カフェZで開催中の「久山淑夫・作品展」に行ってきました。

4月初めに届いた案内状に写っていたコンドルの彫刻に惹かれ

実物を見たいと思ったからだ。

近年、倉敷市立美術館、県文化センター、瀬戸内美術館など比

較的広い会場での個展が多かった久山さんだが、今回は、小さ

な会場でどんな展覧会を見せてくれるのか楽しみだった。会場に

入ると中央に1年をかけて制作されたコンドルの彫刻が目に飛び

込んで来た。会場は、猫の6号サイズの鉛筆素描主体の構成だ

った。久山さんの猫は観る者に強烈なインパクトを与える。一瞬

の動きを捉え、鋭いタッチで鉛筆を走らせる。久山さん独特の切

り口で迫ってくる。

喫茶コーナーの通路には猫の彫刻が数点置かれ、壁には200号

クラスの絵画も展示されていた。ユーモアと遊びのある展覧会だ

った。

 

この展覧会は4.14(水)~25日(日)まで 

岡山市南区浜野の「カフェZ」で開催中