SCHUMA 3冠日~競馬・POG・予想~

SCHUMA 3冠日~競馬・POG・予想~

2005年10月23日。ディープインパクトが菊花賞優勝。ついに無敗の3冠馬のオーナーになった。1993年初夏に始まったPOG人生。翌年にはサンデーサイレンス産駒が登場した戦国時代を12年11勝で生き抜き、SS指数によって発掘した史上最強馬で、今ここに天下統一を果たした。

5日に大阪での会議が入ったので、1日前倒しして本日から待ちに待った大阪入り。単身赴任から戻ってきて5年。毎年訪ねることを目標にしていたが、コロナの影響で今回が実に3年半ぶりになる。自分の大切な友だちからこんなにも長く遠ざけられてしまうウイルスを心底恨むが、この夏に実際に罹患して、退治してきたから、今は無敵の気持ちで堂々と移動してやる。

というわけで、夕方から友人が営む千里丘の「炭火ダイニング 縁」で、悪友2人を誘ってチョイと一杯。明日はあの肉どうふが食べたくて西天満の「よしたろう」を予約してもらい、夜の方は万全の態勢が整った。久しぶりに第2の故郷を満喫したい。

ちなみに、本日の自腹での宿泊代は、旅行割と楽天ポイントの使用でたった120円。おまけに地域クーポン券までもらえるので、これだけはコロナ様々である。

【チャンピオンズC】

◎⑫テーオーケインズ

○⑤ジュンライトボルト

▲①グロリアムンディ

★③④⑩

△⑨⑬

3連単◎○▲ボックス

3連単◎⇔○⇒★

3連複◎○~★△

3連複◎▲~★

盛り上がりに欠ける今年のメンバーを見たら、テーオーケインズがグリグリになるのも仕方がない。常勝チャンプというよりは条件がハマった時に特に力を発揮するタイプで、どこか全幅の信頼は置けないが、前年圧勝したこの舞台なら好走する確率はかなり高いだろう。◎はこの馬しかいない。

この王者テーオーケインズを倒す馬がいるとしたら、ダートで底を見せていないジュンライトボルトとグロリアムンディだろう。前者が3戦2勝2着1回、後者が5戦4勝2着1回で、どちらも連対はパーフェクト。それぞれ芝では勝ち切れない事情があっての砂転向だったが、新天地で再び頂点を狙えるポテンシャルがあるのがキンカメ産駒の奥深いところ。順調さの比較でジュンライトボルトを上位にしたが、グロリアムンディが最内枠からブリンカー着用でムーアがどんな作戦に出てくるか興味はある。

大方はこの3頭の戦いになる(なってほしい)とみているが、砂経験の少ない○▲に何かがあれば、3頭目の座にはハピ&クラウンプライドの3歳2頭と、末脚確かなスマッシングハーツが突っ込んでくる。以下、展開次第で△2頭が押さえ。

昨日は朝4時起床でスペイン戦を観戦し、まさかの大逆転勝ちに興奮を隠せないまま午前中から高崎に出張。で、用件を済ますと蕨で途中下車することなくトンボ返りで出社して、来週の月曜に大阪出張で不在になる分も一気に伝票を処理。電話やメールでの問い合わせも多く、こんなにも仕事があるものなのかとフル回転していたら、あっという間に18時になっていた。う~ん、なんか師走って感じになってきた。

さて、本日はちょっとホッとする何もない休日。馬券のリズムは上向いてきているので、自宅でのんびりしながら2重賞に立ち向かいたい。

【ステイヤーズS】

◎①ディアスティマ

★②ユーキャンスマイル

★⑦シルヴァーソニック

★⑨ディバインフォース

★⑫プリュムドール

★⑬アイアンバローズ

3連複◎流し★へ

2歳時から類い稀な素質の持ち主との評価を受けながら、なかなか順調に使えないまま5歳になったかつてのPO馬ディアスティマ。ディープ産駒にして長距離戦でスピードを生かす珍しいタイプで、ペースが多少速くても渋太く粘れる脚力があるので、3600㍍でも緩急自在に面白い逃走劇を見せてくれるだろう。靭帯炎による14か月の休養から復帰2戦目。状態は間違いなく前走以上で、とにかく順調にさえ使えればまだまだ上を目指せる器だ。

相手は★5頭ですんなり。

【チャレンジC】

◎⑩ソーヴァリアント

★①レッドベルオーヴ

★③エヒト

★④サンレイポケット

★⑨ブラヴァス

★⑫ヒンドゥタイムズ

3連複◎流し★へ

ソーヴァリアントの前走は心房細動を発症しての大敗で度外視していい。昨年3歳で制したレースで、ここはメンバー的にも軸として信頼できる。相手も★5頭ですんなり。

【クイーン賞】

◎①グランブリッジ

○⑦ショウナンナデシコ

▲⑭テリオスベル

△⑥⑪

3連単◎○▲ボックス

3連複◎○△ボックス

1番人気の信頼度が高いレースというわけで、グランブリッジとショウナンナデシコのどちらがその座に収まるのか注目をしてきたが、2倍台で並んだ状態から19時を過ぎて抜け出したのはグランブリッジだった。確かに、展開を考えれば、テリオスベルが希望の大外を引けたことで、早めにショウナンナデシコに絡んでいくことも考えられるとなると、この2頭の単勝が買いにくくなるわけで、しっかり差してこれるグランブリッジに食指が動くのもよく分かる。

ただ今回、勝負を分けるのは展開よりも船橋の砂厚のような気もするのは、つい先日、今後のダート3冠路線の番組が発表になり、南関の各場に対する適性が改めてクローズアップされてきたから。その点でいうと、440㌔台のグランブリッジより470㌔台のショウナンナデシコにより船橋向きのパワーを感じるわけで、△で大型馬のホウオウピースフルやコスモポポラリタを押さえたのもそんな理由から。◎○のどちらかがコケて△2頭の激走が穴で面白そうだ。

11日の誕生日あたりからの浮かれ飲み会モードが終わり、ワタシの中では本日から本格的な年末モードに突入した。8時間の勤務中は、少しでも手が空いたら資料作りに没頭。パソコンにこれだけ長く向き合っていると、首から肩がかなり硬くなり、ちょっと懐かしくも嫌な疲労に再会した。こんなに頑張る必要があるのかどうかは分からないが、分からないからこそ一応やっておくのが信条でもある。週末には高崎、週明けには3年ふりの大阪出張があって、“第2の故郷”に行けば絶対に癒される…はず。千里丘の友人の焼鳥店にも予約を入れ、こちらの方も準備万端で臨む。

さて、POG。

サウジアラビアRCでまさかの4着に敗れたノッキングポイントは、1月5日中山のジュニアCを目標に調整されることになった。この選択もなかなかの“まさか”で、フットワーク的には東京向きなのに、あえて中山を使ってくるのだからそれなりの勝算があってのことだろう。

いや、待てよ。実は勝算というか適性うんぬんは別の話で、もっと単純に素質の違いで押し切ろうとしているのではないかと、ふと思った。その意図としては、ここを勝ったところで次の適鞍が見当たらないので、中山コースを克服した勢いそのままに皐月賞に直行、その結果いかんでNHKマイルとダービーという2つの路線が見えてくる。これが最も無理のない戦い方に思えてきた。

実際のところは、ジュニアCを勝ってからのお楽しみだが、ワタシ的にはくれぐれもダノンザタイガーがスタンバイしている共同通信杯は使わないように!と祈るしかない。いずれにしても、 ダノンタッチダウンを含めたクラシック級のこの3頭には、順調に来春を迎えてもらいたい。

昨日のジャパンCは、まず○ダノンベルーガが抜け出しを図り、そこに内から★ヴェルトライゼンデ、外から◎シャフリヤールが迫って、交わしたところを、間から▲ヴェラアズールがズバッと突き抜けて、非常に見ごたえのあるレースになった。終わってみれば日本馬が掲示板を占めたが、騎手に限れば外国人が1~4着を独占。4頭出走した外国馬はグランドクローリーの6着が最高で、以下7、9、15着。数は揃っても日本の高速馬場の壁は厚く、今後も狙うべきは外国馬より外国人騎手ということか。

馬券は3頭軸の変則買いが奏功し、▲◎★の決着で3連単9850円&3連複2360円が見事にヒット。検討にも書いた通り、シャフリヤールに本命を打ったが一番の注目はヴェラアズールであり、ダノンベルーガは半信半疑だったので、きこの3頭によるこの並びでの決着は理想的。資金さえあればもっと買い足してもよかったが、そこまで欲はかくまい。

PO馬「ダノン」2頭の重賞連続2着で上向き始めたバイオリズムが、これで完全に軌道に乗った感じ。今週からの師走競馬では、年末の大一番でピークを迎えられるよう、うまく仕上げていきたい。

さて、POG。

日曜4Rで去勢明け2戦目を迎えたノイアータークは、これまでとは一転、果敢にハナを切る積極的な競馬で見せ場を作ったが、大本命の勝ち馬にがっちりマークされた上に、ハナに立っても掛かる素振りを見せて、最期は完全にガス欠になって7着に終わった。

この教訓から、やはり2000は長すぎたわけで、ペース的にはマイル以下の方が合っていそう。すでに“走る労働者”の身なので、ここで休む必要はなく、すぐに距離短縮に切り替えて、メンバー手薄な1400あたりで行くだけ行ってみてほしい。

というわけで、師走競馬である。年末に向けてワタシも仕事が忙しくなりそうで、今週は高崎、来週は大阪への出張が決まっている。その翌週には札幌も決まりかけていたが、こちらはコロナ第8波の影響で延期に。いずれにしても、のんびりギャンブル三昧どころではなさそうな、師も走る忙しい月に突入する。

12月の出走予定は、

11日中山新馬戦1800サトノロワ

18日朝日杯ダノンタッチダウン

決まっているのはこの2頭だけだが、間に合えば中山後半にアイリッシュパールが使う可能性がある。POG的にもワタシの懐も、とにかくダノンタッチダウンに頑張ってもらうしかないわけで、この馬でいい形で2歳戦を締め括って、年明けからの一段階上の快進撃へとつないでいきたい。

【ジャパンC】

◎⑮シャフリヤール

○⑭ダノンベルーガ

▲⑥ヴェラアズール

★③ヴェルトライゼンデ

☆②オネスト

△⑤⑦

3連単◎○▲ボックス

3連単◎○▲⇒◎○▲⇒★

3連複◎○▲★☆ボックス

3連複◎○▲~◎○▲~△

シャフリヤールを「日本の総大将」と呼ばなければならない今年のメンバーは、馬券を買うファンにとってはかなりきつい。ダービー馬にはなったが、どちらかと言えば負けた時のだらしなさが目立つタイプで、それは前走・天皇賞での裏切りによって、さらに際立たせてしまった感じ。それでも、藤原英師が「ここ目標に前走以上の状態」と言ってくれてしまうと、鞍上もCデムなので買うしかないし、買うなら本命にするしかない。まったく応援していない◎である。

○ダノンベルーガは中3週での参戦でどこまで状態を維持できているかがカギになりそう。レベルが高い3歳世代のトップクラスで、天皇賞ではシャフリヤールにも先着しているので、好勝負はしてくれるだろう。ただ、ハーツクライ産駒なので、完成時期はまだ先であり、正直、期待と不安は半々といったところ。

▲ヴェラアズールは5歳で芝に転向して激変した変わり種。京都大賞典はメンバー的に一枚落ちるので、ここで即通用の太鼓判は押せないが、どんな走りができるか一番楽しみでもある。しかも、鞍上にはムーア。◎○▲3頭の叩き合いに持ち込めたら、こんなメンバーでもレースとしては盛り上がりそう。

以下、日本馬では★ヴェルトライゼンデを押さえておきたい。決め手の差で突き抜けるイメージはないが、レーンのエスコート次第では3着食い込みは十分ありそう。

話題の外国馬ではオネストがルメール起用で最も色気ありとみて☆を打つ。以下、グランドクローリーとテュネスに△。

【京阪杯】

◎⑭トウシンマカオ

○⑬ジュビリーヘッド

△⑤⑦⑩⑫

馬連・ワイド◎○

馬連◎○~△

【京都2歳S】

◎⑥グランヴィノス

○⑩コスモサガルマータ

★②⑦⑭

3連単◎1着流し○★へ

3連単○⇒◎⇒★

グランヴィノスがどれほど強いのか。他人のPO馬なので、実はそれほど…というオチをどこかで期待しているのだが、デビュー戦で1馬身半の差をつけた2着馬が続く未勝利戦を4馬身差で圧勝し、3着馬もここに出ているティムールとなると、その決め手の確かさは認めざるを得ない。不安があるとすれば、キャリアの浅さはもちろんだが、ワタシの「ダノン」で2着を量産してくれた川田が乗ること。ペースはかなりのスローになりそうなので、得意の後方ゆったり大外ぶん回しになると、何かに足元を救われるかも。

その一撃要員として対抗評価にしたのがコスモサガルマータ。この馬の魅力というか、POG的に感謝しなければならないのは、紫菊賞でライバルPO馬のダノントルネードを末脚一閃、見事に差し切ってくれたこと。内有利、前残りの展開を外からまとめて交わしたのだから、能力はなかなかのものがありそう。そして、そこにさらなる強力援軍としてムーアが乗ってきたとなると、いつもより一段前から巧みに抜け出してくるシーンがあっても不思議じゃない。

以下、キャリア2戦目で確実に進化を見せた★3頭を狙ってみる。


この前振りだけは、実は木曜に書いている。というのも、その前夜のW杯ドイツ戦に触れるのを忘れていたから。

ドイツ戦は夕食後に部屋で一人、焼鳥でチョイと一杯やりながら観戦。防戦一方だった前半を終えた時には半ばやけ酒になっていたが、後半は攻撃的にシフトして酒を飲むのも忘れてテレビに見入っていた。そんな中で生まれた堂安の同点ゴールは、見ていてスカッとしたし、安堵もしたが、チーム全体がはっきりとした意思を持って前掛かりに攻めていく中で、それは偶然ではなく必然のように思えた。その後の浅野の逆転弾に至っては、もう完全に流れをつかんでいたので、まったく当たり前のように感じ、すごく冷静に受け入れていた。

ドイツに勝ったことは、どれくらい凄いことで本当に奇跡的なのか。サッカー通ではないワタシにはよく分からない。それでも、ドーハの悲劇をテレビの前で落胆した記憶に始まり、その後もW杯の日本戦はすべて見ているので、日本サッカーが着実に進化してきているのは理解しているつもりだ。

組み合わせが決まった時、ドイツを倒すことはジャイアントキリングだったかもしれない。それは単純にドイツが最強国の一つに数えられていたから。ただ、日本も海外組が多数揃い、最強国と聞いても臆するところがまったくない。しかも、ラッキーなことにW杯の初戦で戦える。相手は決勝までにらんでチームを仕上げてくるが、こちらはそこに集中して臨める。競馬に例えれば、ドイツはトライアル感覚で、日本はクラシック本番。それならば、格差はグンと縮まり、展開次第では大駆けがあっても不思議じゃない。それが今回の結果だった。

それにしても、前半の日本を見ていたら後方ポツンの横山典を思い出した。あの戦法は、正攻法では10戦10敗しそうな相手を、展開次第でハマれば1回でも倒すチャンスがあると思う気持ちがそうさせるのかも。見た目は大博打でも、それが叶ったときはすべて計算ずく。何事も準備が大事ということだろう。

さて、POG。

今週は出走馬なしだと思っていたら、日曜東京4Rにノイアータークがスタンバイしているという。ドイツ戦直後に「ノイアー」と聞くと、ここも2失点してしまいそうだが、本来は最強GKの一人であり、ドイツの頼もしい守護神。いい意味で彼にあやかって、この馬もここからしっかり巻き返してもらわないと…。

話を馬自身に戻すと、今回は去勢明け2戦目で距離を2000に延ばし、ブリンカーを付けてきた。復帰戦の前走では行きっぷりがひと息で、最後にバテることなく脚をつかっていたことから、陣営もここでの一変を期待して、まずはやれることをやってきたといったところか。

想定メンバーを見ると、デビュー戦2着の素質馬レヴォルタードの名前があったので、さすがにそれを倒すまでの自信はないが、叩き2戦目の変わり身と陣営の工夫の成果で、少しでも上の着順を目指してほしい。

ちなみに、ノイアータークの意味はドイツ語で「新しい日」。いいジャパンカップデーにしたいものだ。

ついでにもう一頭。先週、2戦目で初勝利を飾ったアスパルディーコは、間隔を空けて2月の東京開催を目指すことになった。これはワタシも大賛成。目指すべきは春のクラシックではなく秋華賞とみているので、焦ることなく、しっかり成長を促しながら、いい上昇曲線を描いてもらおう。

月初めから始まった我が家の大規模修繕は、風呂場、洗面所、壁紙ときて本日のトイレでついにフィニッシュ。完成したトイレは帰宅してからのお楽しみというわけだが、そのために9時前から業者が入って一日使用できないので早めに出勤。おかげで兵庫GPの予想がはかどったわけだが、はたして“ウン”は良くなるか?

【兵庫グランプリ】

3連単⑦③⑪ボックス

3連単⑦⇒⑨⇔②⑪

さて、POG。

先週の東スポ杯で2着のダノンザタイガーは、年内はお休みして2月12日の共同通信杯を目標に調整されることになった。陣営もここまで3戦すべて左回りの1800なので、成長を促しながら賞金を加算していく段階では、走りやすいこの条件がベターと考えたのだろう。例年、頭数が揃いにくい重賞でもあり、早めに出走表明したことで他陣営への牽制にもなって、登録の段階からレースを支配できそうだ。

もう一頭の「ダノン」、ダノンタッチダウンは予定通り朝日杯へ。ワタシ的には順調ならノッキングポイントで勝つつもりでいたレースなので、ノッキングが間に合わないとなった今、タッチダウンにはぜひとも2歳王者に輝いてもらって、来春のNHKマイルで2頭の一騎打ちを実現したい。

そのノッキングポイントはといえば、年明け復帰となっているが、噂されるシンザン記念を本当に使ってくるのだろうか。というのも、ここに間に合わなければ共同通信杯が有力な選択肢として浮上してしまうわけで、さすがにタイガーとの対戦は避けたいところ。とりあえず早いとこ帰厩してもらって、次のターゲットを明確にしたい。

【浦和記念】

◎④ケイアイパープル

○②ラーゴム

▲⑨タイセイドレフォン

★⑥⑦⑩

△⑤⑧

3連単◎▲⇒◎○▲⇒○▲

3連単◎⇒○⇒★

3連複◎○~▲★△

白山大賞典の内容からケイアイパープル>ラーゴムの力関係が成り立つが、その他の馬との力比較が難解。まとめて交わすならCデム起用の3歳タイセイドレフォンか。以下、★△へ。