SCHUMA 3冠日~競馬・POG・予想~

SCHUMA 3冠日~競馬・POG・予想~

2005年10月23日。ディープインパクトが菊花賞優勝。ついに無敗の3冠馬のオーナーになった。1993年初夏に始まったPOG人生。翌年にはサンデーサイレンス産駒が登場した戦国時代を12年11勝で生き抜き、SS指数によって発掘した史上最強馬で、今ここに天下統一を果たした。

本日は3日間開催の真ん中、中京で秋華賞トライアル・ローズSが行われる。ワタシにとってはアカイトリノムスメのライバルを探す一戦だが、まだサトノレイナスを欠いたショックのほうが大きく、紫苑Sの時のような高みの見物といった気分にはならない。そんな中、このレースに望むことは、新たな勢力の台頭を許さず、春の勢力図がそのまま移行してくれることか。アカイトリノムスメのライバルは、ソダシだけで十分だ。

【ローズS】

◎⑭アールドヴィーヴル

○⑤クールキャット

△①⑨⑫⑬⑯⑰

3連複◎○~△

馬連◎~○△

本命はアールドヴィーヴル。クイーンC2着、桜花賞、オークスともに5着の結果から、アカイトリノムスメに続く存在であることは間違いないところ。脚質的にどうしても展開に左右される面はあるが、ディープの肌にキンカメという成長力を持ってすれば、この秋はもっとしっかりした走りが期待できる。

相手はクールキャット。こちらはダンスインザダークにスクリーンヒーローなので、さらに奥手の印象があるが、フローラSを勝ち切ってオークス切符を✌️にしたよう性能は確かなものがある。ここは再びルメールとのコンビ。今回は行きたい馬もいるのでフローラSのように好位をがっちりキープして、直線で早めに抜け出してくるだろう。

以下、春の既成勢力と上がり馬を混ぜて、馬連&3連複で勝負!

中京3Rに出走したプルサティーラは、最後に伸びてきたが2着まで。絶対に負けられない2戦目だったが、残念ながら勝ち上がることはできなかった。次に期待。

さて、3日間競馬である。日曜にローズS、月曜にセントライト記念が組まれたため、本日は重賞のない土曜日。馬場状態を考えれば、トライアルが少しでも回復した芝でやれるのはラッキーだった。ただ、今日の予想は難しい。

【中山11R初風S】

◎オヌシナニモノ

枠連⑧~②⑤⑥⑦⑧

極端に時計が速くなりそうな砂のスプリント戦ということで、ここは持ち時計と先行力がモノを言うはず。この条件に一番合致しそうなのがオヌシナニモノというわけで、この馬から流すことに決めたのだが…。相手がどうにも絞りきれず、だからと言って手広く買うには資金がもったいないので、枠連5点でいく。

【中京11R】

◎⑧アラタ

○⑤マリアエレーナ

△①②④⑥⑩

3連複◎○~△

中京の馬場もかなりの水分を含んでいるようだが、レースを見ていると芝では重の巧拙が大きく影響しているようにも見えない。大事なのは馬のヤル気か。実績より勢いを重視して3連勝中のアラタと連勝中のマリアエレーナの2頭軸で買ってみる。

かつては武豊か乗ってくれる馬を探していたPOGも、その後はアンカツを経て、外国人騎手へと移り、現在はルメール・川田・福永が3トップといったところか。

2歳戦での個人的な印象は、

ルメール~騎手の腕込みで勝たせたい

川田~しっかり追って勝たせてほしい

福永~教育しながら勝機を見つけたい

簡潔に言えばこんな感じか。とりあえず、ルメールが乗ってくれれば陣営も勝負がかりなのが伝わるし、川田や福永ならその馬の長所・短所を理解した上で、川田なら勝率が、福永なら連対率が上がりそうな気がする。

今期の我が軍団の騎手成績は以下の通り。

川田【1110】

福永【0110】

池添【0010】

ルメ【0001】

戸崎【0001】

吉隼【0001】

ルメールがリンクスルーファス(5着)にしか乗っていなかったことに驚いた。近年はワタシにとっては一番の相棒だったので、今年の勝率の低さはこのあたりにあるのかも。川田と福永は良くも悪くも期待通りの数字。ただし、騎乗馬の人気を考えると、それぞれもう1つ着順を上げてほしかった。池添と吉田隼については、あまり馴染みがないので、今後も代打要員か。奮起を期待したいのは戸崎で、昨年度もアカイトリノムスメの主戦に指名されていたように、国枝厩舎の指名馬が今年も2頭いて、どちらも未デビューなので今後は騎乗機会が増えるはず。ルメールに強奪される前に、しっかり結果を出してもらおう。

さて、POG。

土曜の枠順が確定し、“絶対に負けられない2戦目”となるプルサティーラは、5枠7番に決まった。前走好走馬も何頭かいる14頭立てのレースだが、「最大の敵は台風14号」と前回も書いた通り、心配なのは明日からの雨。余程の極悪馬場にならなければ素質の違いで何とかしてくれるだろうが、17日夜から台風の中心が愛知沿岸部を通過しそうで、馬場悪化は避けられそうにない。というより、土曜の開催自体が大丈夫なのか新たな心配も芽生えてくる。馬への負担を考えればやはり少しでもいい馬場で走らせてあげたいが…。

ちなみに、来週以降はこんな予定になりそう。

ダンテスヴュー

⇒1002中京2000(川田)

ウィズグレイス

⇒1003中山1800

リアグラシア

⇒1003サフラン賞

コリエンテス

⇒1010東京2000(ルメール)

ダンテスヴューが中京最終週を、ウィズグレイスが中山最終週をそれぞれ選択し、リアグラシアが次走にサフラン賞を選んだことで、10月第1週が3頭出しになった。ダンテスヴューにとっては“絶対に負けられない2戦目”。ウィズグレイスは国枝牝馬のデビュー戦なので能力でどこまでか。リアグラシアは昇級戦で初の右回りなので、まずは上手に走ってくれればといった感じ。3つ勝てれば最高だが、今期の流れからして、とりあえずダンテスヴューが川田できっちり勝ってくれることを願う。

我がドラ1コリエンテスの“絶対に負けられない2戦目”も決まった。10月10日の東京2000にルメールで臨む。国枝厩舎のレッドランメルトという強い馬が川田で出てくるそうで、ハイレベルな未勝利戦になりそうだが、相手関係は気にせず、コリエンテスがルメールとのコンビでしっかり自分の走りをすれば結果は自ずと付いてくるだろう。

話は変わって3歳馬。来週といえば、26日の神戸新聞杯に武豊で復帰する予定だったヨーホーレイクは、目の外傷でトライアルをパスして菊花賞本番に直行することになった。先日はサトノレイナスの骨折・秋絶望が伝えられたばかり。春のクラシックを賑わした有力馬でも、順調に次の目標に向かうことの難しさを痛感させられる。レイナスが消えた秋華賞には、ソダシが正式に出走表明し、我がアカイトリノムスメにとっては最大のライバルの出現と同時に、同じ金子馬という心強い味方を得た形になった。レースではそのソダシを先導役にして、同厩サトノレイナスの分まで、アカイトリノムスメにはぜひ最後の1冠をつかみ取ってもらいたい。

先週のセントウルSは、出遅れて一度は諦めたジャンダルムが直線で猛然と追い込んできて、最後はギリギリでクリノガウディーを交わしたと思っていた。◎△○で3連複ゲットだ!そこから京王杯AHまでに福岡のオールレディースと多摩川では長嶋万記のレースがあったので、慌ただしく映像をチェック。さて、的中した3連複の配当は?とPATの残額を確認すると、まったく増えていない。まさか…。馬券のレース番号や買い目を確認し直しているうちに、確定成績でジャンダルムが4着だったことを知った。あれが、届いてないのか~。見事に映像マジックにダマされた。

馬券に絡めずに残念だったジャンダルムだが、勝ち馬以上のインパクトを残した走りは、次走のスプリンターズSでも間違いなく「買い」である。ただし、出遅れ癖だけはどうにもならないので、軸にはならない単穴まで。一か八かの丁半博打ならオッズ次第で単勝も面白そうだ。

さて、POG。

今週は土曜の中京マイルにプルサティーラが川田とのコンビで出走する。デビュー戦はコリエンテスとのまさかの激突で、後の新潟2歳S3着馬オタルエバーにまさかの逃げ切りを許し、コリエンテスにも先着されての3着だったが、直線でインに閉じ込められた格好になり、それでも最後はグイと伸びて馬券圏内をキープしたあたりが能力の証。絶対に負けられない2戦目は、相手関係が分からないが、この馬が重賞級であれば自分の競馬に徹すればいいだけ。そういう意味では現時点での最大の敵は、東シナ海で停滞している台風14号か。今後の進路予想によると、東寄りに進んで温帯低気圧に変わるとのことで、中京競馬場あたりは金曜からレース当日にかけての雨量が気になる。420㌔台の小柄なディープ牝馬なので、理想は瞬発力を生かせる良馬場で、道悪は未知数であってもプラスにはなるまい。台風14号が少しでも予報円の北側を進むことを願いながら、今週の動向を見守りたい。

紫苑Sが終わり、阪神戦の経過が気になってネットのスポーツ欄を見た瞬間、土曜日で閑散としている社内にワタシの悲鳴が響き渡った。

「サトノレイナス骨折、秋絶望」

秋競馬が開幕し、さあ秋華賞へ気持ちを上げていこう!と改めて気合を入れたこのタイミングで、まさか…。右トウ骨の骨折で全治半年とのことだが、春の雪辱へ最後の1冠獲りを目指していた中でのこのアクシデントは、本当に残念でならない。この馬、ホント運がないな。

有馬ルールのPOであるワタシにとっても非常に痛い、大ダメージだ。これで秋華賞VからジャパンC制覇という壮大な夢ロードはすべて幻に。2頭出しだった秋華賞には、同厩のアカイトリノムスメがレイナスの思いも背負って1頭で立ち向かうことになる。ただ、ピンチはチャンス。発想を換えればアカイトリノムスメにとっては、オークスに続いて“レイナス不在”の絶好機が転がり込んだわけで、今度こそ力を出し切ってビッグタイトルを掴み取ってほしい。

【京王杯AH】

◎⑩カラテ

△①②④⑤⑦⑪⑫⑬⑭⑮⑯

馬連◎~△

有力馬に休み明けが多く、荒れるハンデ重賞ならそれなりの本気度で挑んでくる夏使用馬から狙いたい。

本命はカラテ。4歳まではどちらかと言えば珍名ホースの一頭だったが、昨年暮れからの3連勝で一気に重賞ウィナーへ。コンビを組む管原の成長とともに、この馬自身も素質を開花させてきた。それでも東京新聞杯はまだフロック視される向きもあったが、前走の関屋記念でいつもより一段後ろのポジションから追い込んで2着した内容から、肩書に恥じない上級マイラーであることを周囲に認めさせた。520㌔超の雄大な馬体の持ち主で、ハンデの57㌔はまったく問題なし。今回は前の争いが見える位置から直線で突き抜けてくるだろう。

【セントウルS】

◎⑧レシステンシア

○⑩ジャンダルム

▲⑪カレンモエ

△③⑭⑮⑰

3連複◎~○▲~○▲△

ここはレシステンシアが堅い軸になる。相手はジャンダルムが面白そう。出遅れた前走を度外視すれば、春の最後に見せたスプリント能力は非凡で、ここでも一発の可能性を秘める。これにお気に入り馬のカレンモエが続き、以下、△4頭へ。

【紫苑S】

◎⑧メイサウザンアワー

○⑩エイシンチラー

★①スルーセブンシーズ

★④エクランドール

★⑪ファインルージュ

★⑬ハギノピリナ

△8枠3頭

馬連◎○~◎○★

枠連48、58

秋華賞トライアルということで、本番に有力2頭、サトノレイナス&アカイトリノムスメを直行させる身としては、ちょっとした高みの見物気分。桜花賞で2頭と接戦を演じたファインルージュやオークスでアカイトリノムスメに迫ったハギノピリナには頑張ってもらいたいが、オークス以来の休み明けで中山2000という特殊な舞台に替わって、はたしてどこまで力を発揮できるか。

ここで狙ってみたいのは上がり馬の2頭、メイサウザンアワーとエイシンチラーだ。

メイサウザンアワーは赤松賞でアカイトリノムスメの2着だった実力馬。春はフローラS4着で樫切符を逃したが、カーネーションCをきっちり勝ち、ここを目標に仕上げてきた。中山で勝ち鞍があり、トライアル向きの先行力も備えており、何より母ディナシーという超高額母系から受け継いだスピードとパワーが魅力。今度こそGⅠの舞台に出てきてほしい。

対するエイシンチラーは、今夏の連勝の内容がいい。福島では先行して抜け出し、出遅れがあった新潟では絶体絶命のポジションから矢のような伸びで前をとらえた。中山2000なら中団より前か。ミルコがこの馬の成長に合わせて、さらに新たな一面を引き出してくれることを期待したい。

馬券は◎○2頭からの馬連と不気味な8枠3頭への枠連で勝負!

先週末は馬より虎で長男と盛り上がった。首位を明け渡した巨人との伝統の一戦は、逆転!逆転!劇的同点!で2勝1分け。こんな時、父子そろって猛虎党で良かったと改めて思う。ただし、勝ち方には注文があって、家飲みをゆっくり楽しくするためにも、どうか先行逃げ切りであってほしい。3戦目など0-6になった時点で諦めて「イッテQ!」を見てしまっていた。冷静な長男がスマホでチェックしていたから反撃を確認できたが、酒が入ってしまうとそこまで期待して待っていられない。

それにしても、だ。コロナ禍の特別ルールで9回打ち切りになったのは仕方ないとしても、優勝チームは勝利数が多いチームにすべきでしょう。引き分けが0.5勝以上の意味を持つのは、大人の数字遊びであって、ファンの気持ちとはちょっと違う。実際にファンを喜ばせた数が多いチームこそが最強だと信じたい。

さて、POG。

夏のローカルが終了し、今週からは舞台を中山と中京に移し秋競馬がスタートする。

今期の2歳戦も3か月が経過し、ここでひと区切りということでウチのメンバーの成績を見てみたら、10組60頭でわずか7勝しかしていなかった。ちなみに同時期の過去2年は、一昨年が15勝で昨年が12勝。今年の低空飛行ぶりは「PO馬戦線異常あり」である。しかも、最近の早期デビュー化の傾向もあって、全体の半数近い27頭がデビューしての7勝だから、指名馬全体のレベルダウンは否めない。

新馬勝ちしたのはすべて牡馬でディープ1頭、ハーツが2頭。未勝利勝ちはディープの牡とキンカメ、ドゥラ、ハーツの牝。ディープ産駒は実質最終世代とあって勝っても負けても2戦目は秋という大事な使われ方が多い印象。意外だったのは、この時期にハーツの子が3頭も勝ち上がったこと。早すぎるとその後の成長力が心配になる血統だが、ハーツ嫌いのワタシが言うのは余計なお世話か。

そんなわけで、秋競馬である。来春のクラシックを目指す血統馬にとっても、ウチのPOGにとっても、“勝ち組”として生き残るための大事な時期になる。秋デビュー組は秋が深くなるにつれて初戦の重要度が増し、夏の宿題を持ち越した馬たちは2戦目で将来の道筋が見えてくる。

我が軍団はプルサティーラ、ウィズグレイス、コリエンテスに続いてアグリも帰ってきた。これにダンテスヴューが加わり、秋の大反抗へ強力な5頭の手駒が揃う。そして、秋序盤戦の結果が出たころには、この秋最大の祭である秋華賞が控えている。9月中旬から徐々にエンジンをかけていって10月には確変モードに突入したいものだ。

ブログを打っている途中で画面が消えてしまって、ちょっとショック…。時間もないので短めにまとめよう。

【新潟記念】

◎⑬クラヴェル

★②⑥⑪⑰

馬連◎~★

3連複◎~★

本命はクラヴェル。今年の春まで条件クラスで歯痒い競馬が続いていたが、マーメイドSで2着に好走すると、中京記念もしっかり3着を確保。自慢の末脚は重賞でも十分通用することを証明した。この2戦の大健闘の要因には、馬自身が力を付けてきたこともあるだろうが、得意の暑い時期や軽ハンデもあったはず。二度あることは三度ある。夏の終わりの名物ハンデ重賞のここも据え置き52㌔と恵まれた。あの強烈な追い込みに魅了されたファンの一人として、ここも大いに期待したい。

相手は、かつてのPO馬ラインベックを応援しつつ、実力確かな3頭、ザダル、パルティアーモ、トーセンスーリヤを押さえておく。

【小倉2歳S】

◎②ソリッドグロウ

★③ショウナンマッハ

★④インプロバイザー

単勝◎

馬単馬連◎⇒★

3連単3連複◎⇒★⇒★

今年の北海道シリーズのスプリント戦で、衝撃的な強さを見せたのがソリッドグロウ。まさか小倉に遠征してくるとは思わなかったが、出てきた以上は自信ありとみて頭鉄板で勝負する。

相手はショウナンマッハとインプロバイザーの2頭。ソリッドグロウから2頭への馬単、馬連、3連単、3連複と、残金全部ソリッドグロウの単勝へ。

昨年の指名馬からはサトノレイナス、アカイトリノムスメ、ヨーホーレイクの3頭が春のクラシックで活躍してくれたが、一方で、大きな期待を背負いながら未勝利のまま3歳秋を迎えた連中が5頭もいる。このうち、アレンシュタインはすでに地方転厩しており、セブンサミットは格上挑戦の道を選んで治療に専念している。残った3頭から先週はギルティブラックとクイーンズキトゥンが初勝利を目指したが、8、2着に敗れた。  そして今週、ついに昨年の「イケてない王」アークライトが“最後の賭け”に打って出る。日曜札幌3Rダート1700。初めての砂投入である。先々週に一度は投票して除外されているので、優先権を持っての一発勝負。兄姉がダートでひと息だったので、変わり身を求めるというよりは今後への試走のような気がしないでもないが、初のスプリント戦で大敗を喫した今、もはや残された道も少なかったか。健闘を祈る。

【札幌2歳S】

◎②トップキャスト

○⑨ジオグリフ

▲①リューベック

△③ダークエクリプス

△⑦アスクワイルドモア

3連単◎○▲ボックス

3連単◎⇔○⇒△

10頭立てと頭数は少ないが、素質馬が揃って面白い組み合わせになった。

本命はトップキャスト。函館組ではこの馬の強さが際立っていた。逃げて5ハロン60秒2のハイペースを演出すると、楽々ひとり旅で1分48秒5の好時計をマーク。ここに入っても自分の競馬ができれば、結果は自ずと付いてくるだろう。

対抗はジオグリフ。こちらは6月の東京で33秒3の末脚で勝ちタイムは1分48秒2。函館組との時計比較は難しいが、その駆けっぷりはしっかり地面を捕らえた走りで実にパワフルだった。陣営もルメールの継続騎乗で本気で狙ってきているとみた。

単穴にリューベック。初戦はハナに行ったが、逃げて差したと表現したいくらい、直線でスイッチが入るとグンと伸びていた。ディアドラの弟という血統背景からも、素質はこの馬が一番かもしれない。評価が定まらない2戦目ということで印は下げたが、まとめて交わせばこの馬だろう。

以下、センスいい走りのダークエクリプスと、勝負根性あるアスクワイルドモア。

月が替わった1日の朝、目が覚めて椅子に腰掛けた瞬間、腰に何とも言えない危うさを感じ、慎重に行動し始めたのだが…。数分後、腰の周りがドーンと重くなり、ギックリ腰に似た痛みを発症。たまたま仕事が休みだったので、そこから寝たきりの一日に突入した。

原因は考えるまでもなく、ヘルニアの後遺症である。大学のアメフトで腰を痛め、3年時に手術して完治はしたのだが、磨り減った第5腰椎に本当の意味での復活はなく、その後も何度となく痛みに遭遇している。特に季節の変わり目は要警戒で、今回も夏から秋への急激な気温の変化と雨による湿気が影響したのだろう。

一夜明けて、出社できるまでに回復したが、これも何となくの感覚で想定内のこと。痛みの程度から一日経てば大丈夫そうな気がしたのも、長く付き合ってきて学んだ教訓だ。

さて、競馬。

かつての我がPO馬で、皐月賞、ダービーの2冠を制したドゥラメンテが、31日に急性大腸炎のため死んでしまった。

ドゥラメンテとの思い出はたくさんある。

血統的にエアグルーヴ、アドマイヤグルーヴという、女傑となったPO馬が2代続いた母系のお坊っちゃまにして、母の遺児という境遇からドラ1で指名したのが始まり。

皐月賞、ダービーの2冠を生観戦し、最後のレースとなった宝塚記念も大阪赴任中の阪神競馬場で観戦していた。

わずか9戦の現役生活だったが、最も印象的なレースはやはり皐月賞の勝ちっぷりだ。出遅れて後方からの追走になったが、3~4角で内からズルズル進出すると、4角では外の馬を弾き飛ばすような暴走ターンを披露。直線ではリアルスティールやキタサンブラックを並ぶ間もなく交わし、さらに1馬身半の差をつけて1冠目のゴールに飛び込んだ。

この時の人気は3番人気。2着に敗れた共同通信杯からの除外覚悟の直行だったため、ファンも半信半疑な視線を送っていたが、だからこそ信じる者には痛快だった。おかげでダービーの感動が薄かったこと。皐月賞のあの強さを見せられたら、ダービーは単なる通過点だった。

もう何度も皐月賞の映像を見ているが、今後もたまに無性に見たくなるワタシの競馬人生の名シーンである。合掌。



さて、POG。

ドゥラメンテがワタシに遺してくれた最大のレガシーが、堀厩舎への揺るぎない信頼だった。ドゥラメンテは「荒々しく」というその名の通り、激しい気性からゲート難を抱えていたが、その弱点を矯正しつつ、しっかり成長を促しながら2冠馬に導いたのは、馬の状態を見極めながらじっくり育てられるこの厩舎ならではのこと。だからこそ、今年もドラ1でコリエンテスを指名することを決断した。

入厩後のコリエンテスについて、牧場での歯の浮くような賛辞の嵐とは対照的に、堀師からは欠点を並べるようなコメントが多かったが、これは期待の裏返しだろう。直せる自信があるからこそあえて明かしたわけで、レースを使いながらそれを矯正していくことで、完成期にはとんでもなく強い馬に作り上げそうな気がしている。2歳夏の1敗なんて、名馬への道の単なる序章に過ぎない。本気の2戦目へ。明日、美浦に帰厩する。

というわけで、一時は在厩がゼロになった時期もあったが、プルサティーラ、ウィズグレイスに続きコリエンテスも帰ってくるということで一気に3頭が在厩になる。飛躍の秋へ、確実な歩みを続けたい。