(新)シナリオ・センター大阪校 鳩子の日記

(新)シナリオ・センター大阪校 鳩子の日記

シナリオ・センター大阪校発信のブログです。
2016年12月16日に新しく開設いたしました!


ドキドキドキドキ1開講! 第101期シナリオ作家養成講座ドキドキドキドキ




受講生大募集中!!




資料請求、授業見学、体験ワークショップ申込




絶賛受付中!!
















詳しくはこちら
をご参照ください!




 




 




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆




kitty「楽しくつづるエッセイ教室」mymelody




受講者随時受付中です!








詳しくはこちら
をご覧ください。




 




*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○ *:..。o○☆゚・:,。




keroppi資料請求やお問い合わせはシナリオ・センター大阪校HPまで!
pompom




 




osarufacebook
もやっていますので、こちらもぜひご覧ください!
batsumaru 




旧ブログはこちら
からどうぞ。



 彼女のお母さんは「何もない村」に暮らしていました。彼女はふるさとを離れて都会のキーウで仕事する独身のキャリアウーマンでした。むかしコサックたちが彼女のふるさとに住もうと決めたとき、何もない野原だったので「何もない村」と名づけ、そのままそう呼ばれてきました。野原はきれいな草花がいっぱいなので、「かみつれ村」とか「矢車菊の村」と名づければよかったのに。田舎なのでパンの大好きなお母さんのためのパン屋さんももちろんありません。彼女はお母さんのために毎週末、キーウからふるさとへ、両手いっぱいのカバンにパンをつめて帰っていました。ところが彼女はその後、病で三十歳の若さで亡くなりました。誰もはっきりとは云わなかったけれども、「何もない村」には帰らない方がいいという噂が流れました。チェルノブイリから風が吹くから…
                   オリガ・ホメンコ氏著

        『ウクライナから愛をこめて』(群像社)より

 

 この本はウクライナに暮らす方々の様子が綴られたエッセイ集です。著者はキーウと東京の大学で学ばれたウクライナの作家であり、ジャーナリストの女性です。


 ウクライナの方たちの暮らしが丁寧に伝わってきました。世界中に暮らしのディテールがさまざまにあり、そしてそのなかで、愛あり、悲しみあり… 懸命に日々を生きているのに、突然、奪われる暮らし。命。


 お母さんに美味しいパンを届けていた、お母さん想いのやさしいむすめさんはワレンティナと云う美しいお名前です。お母さんがパンを頬ばる嬉しくてしょうのない笑顔までが泛びます。


 物を書いていくわたしたちが識っておくべきことは、報道される地名や地図、死者数、武器提供国のみならず、どのように日々を懸命に生きている方たちなのかと云うことです。