cooking salon SAYAのブログ

cooking salon SAYAのブログ

ワインとお料理をこよなく愛するSAYAさんのブログ

 

あっという間にGWが終わり、5月も半ばになりましたね。

月日が経つのは本当に早いです。

 

6月の和食基本講座メニューは、

むし暑い日でも食べたくなるお料理を選びました。

 

 

 

<6月の和食基本講座>

 

1.鯵フライ

2.アスパラの梅和え

3.トマトのスープ

4.新生姜と茗荷の炊き込みご飯

 

 

 

1.鯵フライ

 

リクエストにお応えしての登場です。

 

鯵の大きさによって、3枚卸しにしたり背開きにしたり。

食べやすい様に調理します。

揚げたての鯵は、衣はカリッと、鯵はフワっとしていて

格別の美味しさです。

 

 

 

 

 

 

2.アスパラの梅和え

 

アスパラを一度お浸しにしてから、梅衣で和えています。

お出汁を吸っているので、噛んでいて美味しいですよ。

 

優しい酸味が食欲を刺激してくれます。

 

 

 

 

 

 

3.トマトのスープ

 

温かいトマトスープです。

冷製はよくありますが、温かいスープは珍しいですよね。

 

お出汁や豆乳を合わせた、優しい味わいのスープです。

 

 

 

 

 

 

4.新生姜と茗荷の炊き込みご飯

 

爽やかな香りと、清涼感が印象的な茗荷と新生姜を使った

炊き込みご飯です。

 

茗荷は後から加えることによって、香りと食感をしっかり感じます。

 

 

 

 

 

鯵フライはリピート率の高いメニューです。

揚げたての美味しさをぜひ・・・。

 

 

 

 

 

風が爽やかな日が続いていましたが

週末からまた気温が上がりそうですね。

 

今年は夏の訪れが早いかもしれないので

今のうちに初夏の食材を楽しんでくださいね。

 

 

 

<2024年5月の和食メニュー>

 

1.鶏のぴり辛トマト煮

2.えんどう豆の酢味噌和え

3.新玉葱のプリン仕立て(ワイン付きクラス)

4.桜海老と納豆の炊き込みご飯

5.ミルクとレモンピールのジェラート

 

 

 

1.鶏のぴり辛トマト煮

 

トマトを煮詰めて、旨味を凝縮させたトマトピュレを使った

トマト煮です。

生のトマトを使っているので、酸味とのバランスが良いですよ。

 

最後に加えた空豆と、トマトの相性も抜群です。

 

 

 

 

 

 

 

2.えんどう豆の酢味噌和え

 

春から秋にかけては、少しずつ季節をずらしながらお豆の

旬がやってきます。

今月は、さやごと食べられるスナップえんどうと絹さやを

使います。

 

千鳥酢で作った酢味噌は、酸味も優しく、甘さも控えめです。

 

 

 

 

 

 

 

3.新玉葱のプリン仕立て(ワイン付きクラス)

 

水分が多く、辛味が少ない新玉葱を使い

甘くないプリンに仕立てました。

新玉葱の甘さをしっかりと感じます。

 

仕上げにレモンの皮をふっているので、

初夏らしい爽やかな香りも印象的です。

 

 

 

 

 

 

4.桜海老と納豆の炊き込みご飯

 

桜海老を一緒に炊き込むので、

お米が海老の旨味を吸って、格別な美味しさです。

 

納豆は水洗いしてから、胡麻油で炒めているので

香りもマイルドになり合わせやすくなります。

 

 

 

 

 

 

5.ミルクとレモンピールのジェラート

 

牛乳のみで作ったミルクジェラートに、レモンピールを加えました。

レモンの爽やかな苦味と香りがよく合います。

 

 

 

 

 

 

 

 

優しい酸味や、爽やかな香りを感じるお料理が沢山です。

初夏らしいお料理を楽しんでくださいね。

 

 

 

 

 

今年のGWは暖かくなりましたね。

暑いくらいです。

 

食材も例年より早く店頭に並んだり、終わったり。

今年は特に、旬を感じるメニューを考えるのが難しいです。

 

そんな中でも5月らしいお料理を、ご自宅でも楽しんでいただけたら嬉しいです。

 

 

 

 

<5月のテイクアウトメニュー>

 

1.新玉葱のドレッシング

2.梅だし

3.空豆としらすご飯の具

 

 

 

 

1.新玉葱のドレッシング 100g 400円

 

水分が多く、辛味が少ない新玉葱を使ったドレッシングです。

米酢を使っているので、コクも感じます。

 

筍や蕗、アスパラ、スナップいんげんと合わせると

爽やかな味わいで美味しいですよ。

 

教室では大豆と合わせていますので、豆類や鶏肉もお薦めです。

白身魚のお刺身と合わせてカルパッチョ仕立てにしても・・・。

 

 

 

<筍と大豆のサラダ仕立て>

 

 

 

 

2.梅だし 200g 320円

 

ペーストにした梅干しと、だし、和の調味料を合わせました。

 

暑さを感じると酸味があるものが食べたくなりますよね。

教室では「梅雑炊」としてお召し上がりいただきました。

 

お米だけでなく、うどんやそうめんと合わせても。

卵と合わせて茶碗蒸しにしても・・・。

 

 

<梅雑炊>

 

 

 

 

3.空豆としらすご飯の具 50g 1800円(1合分)

 

空豆を茹でて、お浸しにしています。

空豆のお浸しと、釜揚げしらすを合わせました。

こうばしい胡麻がアクセントになっています。

 

炊きたてのご飯と合わせてください。

さっぱりと食べられる混ぜご飯になります。

 

購入した日にお使いください。

 

 

<空豆としらすご飯>

 

 

 

季節の変わり目や、GW中の外出で胃腸もお疲れですよね。

優しい味わいのお料理で、体調を整えてくださいね。

 

 

 

急に暑いくらいな気候になりましたね。

近くの公園の桜もすっかり葉桜になっています。

 

 

2024年5月の和食基本講座はリクエストにお応えして

「ちらし寿司」の登場です!

 

 

 

<5月の和食基本講座メニュー>

 

1.ちらし寿司

2.きざみ昆布のぴり辛煮

3.蕗のお浸し

4.黒糖求肥

 

 

 

1.ちらし寿司

 

ちらし寿司というと桃の節句のイメージがありますが

我が家は来客時のおもてなしメニューとしてよく出ていました。

 

甘辛く味付けをした椎茸やかんぴょうはもちろん

海老や穴子も入っているので豪華な一品です。

 

 

 

 

 

 

 

2.きざみ昆布のぴり辛煮

 

細切り昆布を使った佃煮風の煮物です。

お砂糖は使っていないので甘すぎず、

ぴり辛があとひく美味しさです。

 

 

 

 

 

 

 

3.蕗のお浸し

 

シンプルな味付けだからこそ、蕗の芳醇な香りをより感じます。

冷蔵庫で3.4日保存が可能です。

この季節ならではの、美味しい作り置きをぜひ。

 

蕗は生のままだとアクがまわります。

購入後すぐに下茹でして使ってくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

4.黒糖求肥

 

白玉粉からご自宅でも簡単に求肥が作れます。

黒糖の力強い香りと味わいをしっかり感じますよ。

 

 

 

 

 

ちらし寿司で美味しい「酢飯の作り方」もお教えいたします。

意外と簡単に作れますよ。

美味しそうなお刺身を見つけた時には「海鮮ちらし」を。

「稲荷寿司」にしてもいいですね。

 

 

和食定番だからこその美味しさを味わいにいらしてくださいね。

 

 

 

 

桜が満開になりましたね。

このところ朝の雨が続いて心配していましたが

綺麗に咲いていますね~!

 

今年は春らしい4月になりましたね。

季節の和食講座では、初夏の風も少し感じていただけそうです。

 

 

 

<2024年4月の和食メニュー>

 

1.浅利の飛竜頭

2.しらすと茎若布の酢の物

3.じゃかいもとあおさ海苔のガレット(ワイン付きクラス)4.ホタルイカと新生姜の炊き込みご飯

5.味噌羊羹

 

 

 

 

1.浅利の飛竜頭

 

飛竜頭(ひりょうず)とは「がんもどき」のことです。

浅利をたっぷりと加え、大根おろしのお出汁と合わせました。

 

浅利の旨味と、大根のミネラル感が相性抜群です。

 

 

 

 

 

 

 

2.しらすと茎若布の酢の物

 

出汁とお酢を合わせた「土佐酢」にゼラチンを加えて

ジュレ仕立てにしました。

しらすと茎若布がよく絡みます。

 

ツルっとした舌触りがあとひく美味しさです。

 

 

 

 

 

 

3.じゃがいもとあおさ海苔のガレット(ワイン付きクラス)

 

ガレットとは、円く焼いたお料理のことです。

海苔の香り豊かなじゃがいものガレットです。

 

味噌味のクロテッドックリームを添えています。

意外と和の印象です。(笑)

 

 

 

 

 

 

4.ホタルイカと新生姜の炊き込みご飯

 

この季節、ホタルイカが少し大きくなってきましたね。

新生姜と一緒に炊き込みました。

お米がイカの旨味を吸っています。

 

仕上げにふる粉山椒の青い香りが印象的です。

 

 

 

 

 

 

 

5.味噌羊羹

 

柏餅の季節が近くなると「味噌餡」を見かけます。

味噌餡を使って、シンプルな羊羹にしました。

 

塩味がきいた羊羹と、桜の葉のやさしい香りがよく合います。

 

 

 

 

 

 

これから暖かい日も増えてきそうですね。

この季節だからこそ食べたくなる和食メニューです。

 

筍が登場する単発講座と合わせて楽しんでいただけたら幸いです。