サトルのDANDAN日記

サトルのDANDAN日記

日々の何気ない出来事や
社交ダンスについて綴ります。。。


テーマ:
【プロの先生が書くブログではないかも】

ちょっと前に読んだ
まゆさんの記事に感銘を受けました。


社交ダンサーのプロのブログの目的の多くが
お仕事につなげることですから

基本的には
キレイごとを並べないとね(笑)



その記事を読んで
自分のブログのことを考えてみると


全然そんなこと書いてないし
もっと自分を良く書けばいいのになぁ


と反省してみたりしました。


お仕事のブログとしては
ほとんど機能してないような気がします。

今は。





ブログを始めた時は
お教室とは違うところに

自分の実力を測れないかなと思って
個人としてブログを始めたわけですが



昨年の12月から
毎日書くようになった頃は

JDSFのスゴさを
JDSFの良さを伝えたい。



ここの思いが強かったです。



自分の過ごしていた団体の批判になろうとも
思っているだけでは伝わらないことも

長年のプロ生活を通じて
ようやく気づいたところです。



これまでに良い人ぶって
生きてきたわけですが(笑)

ブログタイトルのように
良い人なんかでいようとすると

いろんなことに嘘っぽさが
混じってきてしまう。



なので


ヒドい自分で。
そのままストレートに。


だんだんと変わってきて

あくまで

プロの先生経験者として
1人のプロダンサーとしての経験を

書き綴っています。



トッププロが声をあげることに意味があると
よく言われているのを聞くのですが

深く考えられていることでも
なさそうなことなのにそうなのか?

と疑問に思うこともあります。





小さな選手同士の会議に出たからといって
トップに伝わらないなら

自分でも行動して
発信してみたらどうかとなりました。



競技ダンサーとしては

みんなそれぞれに思いがあるし
好きなところで活動すれば良い。



僕が自分の為に
JDSFを選んだことだから
そこのメリットが伝わればいい。




お教室の生徒から
JDSFの登録についてお話が聞けました。


埼玉地域で登録すると
競技会を教えてくれたり

メルマガを配信して
ある競技会をお知らせしてくれたり配慮がスゴい。

 

ちょっと時代遅れかもしれないけど
逆に言うと

地域の人達が連盟の一員として機能していて
こんなにみんなに優しい団体があるだろうか?


今まで登録料に見合った以上のサービスを
地域で提供されてるのがわかりました。



それに



プロの抗争が
PDに起きているように見えるけど

今までJDSF統一級という畑を
借りていたプロが出ていっただけ。


今は
JDSFに入ったプロが
JDSFのために

JDSFのプロとしての活動が
本格的に始まりました。




プロの団体の中に
他のいろいろな分野の専門が
入ったらより良くなるという声も見かけます。


でもその話を聞いた時

JDSFは逆だなと思いました。


もともと他の分野の人が集まってるJDSFに
プロのダンスの先生が入ったので

PDの先生達が
勉強させてもらっているところだなと。



それぞれの良いところを融合させて
他のプロ団体の活動も参考にして

普及活動が活発になっていけばいい。



そんな風に

これからも社交ダンス界への思いを
楽しく書こうと思ってます。




そのおかげかわからないけど
ランキングも上がってきました。



JDSF-PDでの活動を気にしてる方
たくさんいらっしゃるのがわかりました。

もうちょっとブログ続けていきますね。




コメントでの
率直な感想も嬉しいです。

ありがとうございます。


僕も好きな気になったブログには
すぐ書いてます。(笑)





最近良い人辞めてます。

といっても
もともと良い人じゃなかった。







ではパー



ポチッとお願いしますウインク





テーマ:
【受け継がれる意志】

この間の日曜日は
群馬で結婚式だけでなく

東京の家に帰り

さらに

神奈川へ。




同じ日に
全日本学生競技ダンス大会があり
4年生が最後の競技会でした。



大学から社交ダンスを始めて20年。



OBになってからも毎年
応援に行っていましたが

今年は初めて予定が合わずに
応援に行けませんでした。


なので次の目的は
専修大学舞踏研究会の後輩達の飲み会へ。





学生競技ダンスは
あくまで団体戦であること。


自分だけの為に踊るなら
辞めてアマチュアでトップを目指すのが一番。


だけど


4年間で終わりになる。
自分の為である同時にみんなの為でもある。


だから


続けていくことに踊りだけじゃなく
相当の忍耐が必要。



忍耐と言いつつも
楽しみでしかないのも事実。



ただ男女が力を合わせて
何か頑張れる競技は他になく

なかなかお互いを理解しながら
進むのも難しい部分が多々ある。



でもそういったことを
問題とせず


それを選び

4年間最後までよく頑張ったこと
バトンをつないでくれたこと

その感謝を言いたかった。





その思いを胸に
向ヶ丘遊園まで駆けつけました。





競技会が長引いていて
飲み会場にみんなまだ着いていませんでしたが


若いOBが来ていたので
先に話をして待っていると

まもなく続々と現役生達が
やってきました。




4年生も揃い
お疲れ様飲み会はスタートしました。


応援に行っていたOBも
4年生と話すのを
待ちわびていたかのようでした。



静かに始まったかと思えば


最近恒例となっている

大学生活を共にした卒業して間もないOBからの
寄せ書きのプレゼント。



全日本を終えて帰ってきた後輩達への言葉が
たくさん書かれています。


受け取った涙する4年生の姿に
良い仲間になったんだなと

感慨深く眺めてました。




飲み会の終わりに4年生達から
僕にも寄せ書きを求められました。



毎年行く夏合宿で
卒部する4年生が2年生の時にした

僕がした表現についてのレクチャーが
とても印象に残っていたそうです。


踊りの一部になっていたことを
わざわざ話しに来てくれました。


僕にとって嬉しい話です。


でも何より4年生の活躍と
優勝を信じて踊った気持ちを聞けたことが
最高でした。



これから舞踏研究会が
どのように次の世代へと受け継がれていくのか

この後輩達が
さらにバトンを渡した姿を見られて
OBとして一安心です。



4年間で終わる学生競技ダンス。

特別な世界です。

上手いとか下手とかのそんな価値とは
全く違うところにストーリーがある。



そこが社交ダンス人生の始まりに
なる人もいるかもしれません。


また以前のように
続けていける環境ができるように

我々の世代が
考えていかなければいけないと思うのでした。




熱い濃い4年。
とにかくお疲れ様でした。


僕の原点。



これからも時間の許す時は
後輩達を熱く応援していきたいと思います。








ではパー




ポチッとお願いしますウインク







ポチッとお願いしますウインク





テーマ:
【愛情の反対は無関心】

続き。



お色直しが終わり

僕らのテーブルが
最初にキャンドルサービスを受け

余興の準備と向かいました。


帽子とドレスが合っていて
めちゃくちゃ可愛かった。


神田うのさんのデザインだそう。




メインキャンドルで点灯が終わり
いよいよ僕らの余興へ。


美女と野獣
ワルツバージョン

一曲ですが
心を込めて踊りました…



と言いたいところですが

リハーサルをした時に
照明を落とさなかったこともあり

横からのピンスポットに
目が眩んでいて

ただでさえ狭いのが気がついたら
すでに端っこにいるという

ハプニングもありつつ
頑張りました。




それでも


お客様や親族の皆様にも
弟夫婦にも喜んで頂けてホッとしました。

昔社交ダンスやってたから
思い出しちゃったわよ〜

またやろうかしら。

新婦側にそういう方もいらっしゃって
嬉しいお声かけもありました。


新婦のドレスの色と重ならないように
黄色のイエヴァのドレスでした。



踊り終わると
母が駆け寄り一緒に写真を。




披露宴には
父の写真を持参していた母。

僕らの席では
みんなでちゃんと乾杯もしてましたよ。


うちの父が
新郎父として挨拶ができたのは
自分の時だけ。



その父のスピーチ中
少しアルツハイマーのあった祖母が

"声が小さい!"って
大きな声で言ったハプニングもありましたが


大きな声を出すのも
大変だったようで

そんな中のスピーチが
感激したのを思い出しました。





弟の披露宴ラストはスタッフの方が
気を利かせて下さり母の横へ。



そして



お花も急遽用意して下さいました。


とりあえず
これで両親は一安心かな。

人生何があるかわからないけど

誰かに愛を誓うことが
一度はあっても良さそうです。





もう1つのスピーチで

愛情の反対は無関心

よく聞く挨拶だけど
確かになあと改めて思い直します。



我々の社交ダンスも

お互いへの関心が強すぎたり
無関心すぎたりと

なかなか踊りが合わない。


近すぎれば盲目になり
離れてしまうと感じない。


結婚生活にも通じますね。



面白いものです。



なるべくずっと仲良く
過ごしてもらいたい。




弟夫婦は披露宴が
終わってからのお食事だったようで

挨拶して式場を後にしました。


僕らがプロで踊っていることに気を遣い
ダンスの御礼を用意してくれてました。

もちろん身内ですから
受け取りませんが

そういう気遣いが嬉しかった。




川田家に新しい家族が増え
みんなで過ごす日が楽しみに。


次はお正月かな。







ではパー




ポチッとお願いしますウインク



余興でのダンスルンルン



ポチッとお願いしますウインク

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス