内藤國雄さんを描いてみた | 描く将ブログ

描く将ブログ

将棋棋士の似顔絵を描いています。100人描くのがとりあえず目標。

 内藤先生の「詰めカラ」がみたい!

 

 ちょっと前まで内藤九段の「おゆき」を聴いたことがなかったのですが、今はネットがあるので調べるといろいろでてきます。

 棋士のミリオンセラーというだけで随分びっくりする話でしたが、余芸のレベルでの「唄が上手い」を想像していたので、初めて聴いたときは、えりりんじゃないけどのけぞってしまいましたカラオケ

 

 それで興味を持って内藤先生の本を少し読んでみるとお話がどれも面白く、動画も探してみるとおしゃべりが噺家のように調子がよくて…もちろん詰め将棋もあったり…いまさらながら多芸ぶりに恐れいりましたキラキラ

 

 内藤九段は加藤一二三九段と同学年。昭和の棋士は個性が強くてスケールがちがう。あの時代に観る将やニコ生があったら…と想像してしまいます。

 

今まで描いた似顔絵はコチラ

 

棒銀くん にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ