豊富町 わが家 -生きるコトはつなぐコトー

豊富町 わが家 -生きるコトはつなぐコトー

2009年、豊富温泉でのアトピー湯治治療の為に親子で移住し、2011年11月11日に餅cafeをオープン。      喜怒哀楽全てを愉しんで命を全うしたい!育児・仕事、日々の事を綴ります。



44歳。小さなコミュニティカフェとシェアハウスを営んでいます。

2009年2月に自身のアトピー治療の為、豊富町へ引っ越しました。




2009年6月に突然発生した息子のアトピーも湯治で改善し、


現在は親子共々症状はほとんどありません。


私たちを励まし支え続けてくれる家族や周りの方たちへの




感謝を込めて、ここに記録と今現在の日記など綴ります。



$豊富温泉☆わが家日記


$豊富温泉☆わが家日記


湯治の為に移住前。


既に脱ステした後のアトピー悪化の写真です。


脱ステ中よりは症状は軽かったですが全身から


常に浸出液が出ていました。




豊富温泉☆わが家日記



息子1歳8カ月の頃。頭から上半身全体にアトピーの


炎症があり、浸出液が止まりませんでした。


現在は親子共々、豊富温泉での湯治で


ほとんど炎症はありません。息子は完治状態。


image

2015年7月現在  

お化粧していませんが、ここ2年程で

更に肌色のトーンが明るくなりました。


image

2018年11月。 

湯治、食事療法を続けています。
2017年8月中旬から12月初めまで、ほぼ全身に

炎症が広がってしまい、強い痛みで、精神的にも辛い

状態が続きました。


1月に入り、汗をかくと部分的に刺激感が出る程度。

肌の状態も全体的にかなり落ち着いてきました。

湯治以外では、食事、睡眠、心のあり方など

生活習慣全般をバランスよく維持出来る様

心がけています。1月からは保湿無しで

過ごしています。

3月に入り、汗をかいてもしみたりする事も

ほぼ無くなってきました。乾燥状態ではありますが、

日常生活は問題なく過ごせています。

 

4月19日は父の命日。チャレンジ精神の塊のような

父のパワーに背中を押してもらい、9カ月ぶりに

わが家を再開しましたが、再び肌状態が悪化しており、

9月から不定期営業とさせていただき、体調を回復

させる事を優先させていただいています。


9月7日より

睡眠薬を止め、しばらく不眠状態が続いていましたが、

11月下旬から4時間程度眠れるようになりました。

ほぼ全身にあった痛みもかなり和らいできました。




 ここで記事にする事の全てが私個人の経験や体験、考え方であり、


  豊富町や豊富温泉とは一切関係ありません。


  特に温泉に関しての記事は私個人の体験や感じ方なので、効果や効能とも

  関係ありません。




 記事の中で私や息子が元気に過ごす為にこれまで実践してきた事や

  現在の生活で心がけている事なども出てきますが、これはあくまでも私と息子に

  合っている事として載せているので、他の方にお勧めする意図で

  書いているものではありません。


 私や息子以外の方とのエピソードを記事にする際には、その方にこのブログで

   記事にさせていただく事を了解していただいた時のみにしています。

    (不特定多数の方やその時々起った事への感想などは私の個人的な考えを

    書く場合もあると思います)



 今は自分の時間がとれない為、コメント制にしません。

   一方的な発信になりますがご了承ください。



 記事の中の文章や写真等、無断転用は全て禁止します。

テーマ:

月曜日。

いつも通りに、息子を送り出し、

ゴミ出しをして、時々観ている

朝ドラを見つつ片付けして

湯治に行く支度をして・・・

 

普段ほとんど鳴る事の無い

私の携帯。カバンの中で着信音。

旭川市の市外局番で知らない番号。

ちょっと警戒しつつ(なんとなく)はい?

と、出ると、「旭川医大です・・・・・」

 

姉が早朝自宅で大動脈解離になり

自分で救急車を呼び、運ばれた病院

では手におえず、医大に運ばれ、

これからすぐに緊急手術にはいる事。

心臓のすぐそばから胃腸あたりまでの

解離の他に、足の付け根当たりなど

4カ所あり、かなり厳しい状況にあり、

難しい手術だという事はお伝えして

おきます、と。本来なら、手術前の

説明や麻酔についても同意して

いただく手続きなどありますが・・・

の所で、「とにかく姉の命を助けて

ください」と、言葉をさえぎってしまい

ました。

 

それから、バババババーと、とりあえず

支度をして、連絡しておいた息子の

小学校へ迎えに行き、そのまま旭川へ。

 

音威子府あたりまでは吹雪で視界

が悪く、対向車とすれ違う度に

一瞬前が見えなくなり、ノロノロ運転。

士別からは高速も使ったけれど、

医大についたのは4時間半後。

 

この春から札幌で働いている

姉の一人息子と、姉の勤めている

会社の社長さんが先に来ていて、

ちょうど、医師から手術の説明を

受けていて、私も合流。

 

正直、この時点で、手術が続いて

いた事にまずはホッとしていました。

運転中、絶対大丈夫。絶対。と、

言いながら、考えないようにしていて

も、着いた時に、どうなっているんだろう

って事が頭の中でグルグルして、

父や母を看取った時の事まで

蘇ってきて、怖かった。

だから、「今の時点で手術が

続いているって事は、今の所

順調に進んでいるって事ですよね?」と、

説明してくれた医師に聞くと、

「そうですね。もう6時間経っているので、

一番大きな所は終わっていると思います」と。

 

その瞬間に、甥っ子と二人で、

何も言葉は無くても、緊張感が

少しほぐれた様な感覚がありました。

 

でも、まだまだ手術自体はかかるようで、

あとは控室で祈るだけ。

 

夜22時頃に、執刀医からの説明が

あります。と、呼ばれ、今回の手術

の経緯や今後起こるかもしれない事や

そうなった時の追加手術の説明等も

あったけれど、まずは、必要な手術、

全て無事に終わった事を聞いて、

本当に本当に、命の恩人だと思いました。

質問は?と、聞かれても、とにかく

「姉の命を助けていただいて

ありがとうございました」の言葉しか

出てきませんでした。

 

それからしばらくして、まだ麻酔で

眠ってはいるけれど、姉に会う事が

できました。沢山の管に繋がれて、

本当に大変な手術だったんだと、

一瞬でわかる状態だったけれど、

とにかく、姉が生きていてくれる事、

夢みたいに嬉しかった。

 

麻酔がきれて、意識が戻ってから

わかる、術後の後遺症などの説明

も受けていたので、まずは、帰宅して

明日に備えようと、姉の自宅へ行き、

休みました。

朝、姉が大動脈解離になるまでは

いつも通りに暮らしていた部屋。

一瞬で何もかも変わってしまうんだと、

父と母に御線香をあげて、守って

くれてありがとうとお礼を言いながら、

退院後、姉が戻ってきて気持ち良く

過ごせる様に、家の中を整えて。

そうしながら、姉がいつも過ごして

いるお部屋にも感謝がわきました。

 

朝、連絡をとった時には

泣いていた甥っ子も、もう笑顔。

息子は甥っ子が大好き。久しぶりに

会えたお兄ちゃんとベッタリ。

 

翌日、麻酔がきれた姉はまだまだ

本当に辛そうだったけれど、午後からは

口に入っていた管が抜け、飲みたがって

いたお水も飲めて、水曜日には更に

いくつかの管が取れて、午後からは

なんと集中治療室から一般病棟へ。

 

術後に起こるかもと言われていた

後遺症なども全て無く、肺に水が

溜まって呼吸が苦しかったり、

まだまだ大変な状態ではあるけれど、

血圧や酸素量も安定し、木曜日には

更に管が減って、病院食も少し食べ

られるように。フルーツのシャーベット

が食べたい!と、小さいアイスキャンディー

を、「美味しい」と食べてくれて、

大手術の後で、辛そうではあるけれど、

確実に回復へ動き出している事が

嬉しくて、本当にホッとしました。

 

甥っ子は水曜日の夕方札幌へ戻り、

私も、まだ側にいたかったけれど、月曜に、

飛び出してきたままの状態だった事や

私自身の肌状態や息子の学校もあり、

経過が落ち着いていたので、姉の

職場対応や家の事など、必要な事を

済ませて、木曜夕方豊富へ戻る事にしました。

 

帰り道は疲れがドッと出てしまい、

途中何度か10分仮眠をしながらで、

19時半に自宅へ着きました。

 

急な事だったので、ピエール(モルモット)の

お水やエサは、ヨガ講師まなみん。が

してくれて、入院中だったstayわが家の

住人さんのお迎えも、別な方が行って

くれる事に。木曜日、本当は、わが家で

プチ講座の予定でしたが、講師の方へ

月曜日に連絡し、すぐにお申込みの皆様へ、

延期の対応をとってくれました。

いつも、沢山の人に支えてもらって

日常があること、あらためてありがたく

感じました。

 

6年前に父、5年前に母を看取り、

姉とは、電話で話す時など、冗談で、

先に逝かないでよ!なんて言っては

いましたが、まさか、今回の様に

命にかかわるような状態になる事は

全く考えていなくて、助かった今でも、

どこか、信じられないような気持ちもあります。

 

きっと、それは姉も同じだと思います。

命は助かったけれど、身体はまだまだ

辛いから、気持ちを立て直す事も、今は

まだ時間が必要な状態だとも思います。

 

それでも、少しずつでも、身体は回復して

きて、きっと、気持ちも上向いてくる。

姉は芯の強い人だから大丈夫!

弱音はいくら言ってもいいから、

今が一番シンドイ時と思って

乗り越えられると信じています。

 

今日は、久しぶりに湯治へ行きました。

9月からお店を不定期営業にさせて

いただき、湯治療養を続けてきて、

今回、こうして、色々な事に対応できる

くらいの状態にまで回復していて

本当に助かりました。私自身が

身動きできない状態だったらって

思うと、今もまだ回復しきっている

わけではないけれど、本当に

良かったです。

 

月曜日の医大からの電話から、

豊富の自宅へもどってくるまでの

間の事は、まだ心が落ち着かない

位に、大きな出来事でした。

でも、その事で、また、初めての

感情や、経験、気付きもありました。

 

これからどう生きていきたいのかも、

私の中で大きな変化が生まれました。

 

当たり前の日常と、つい錯覚してしまう

けれど、一瞬も、当たり前の時間なんて

無い事。どの瞬間も本当に有難い事

なんだと、あらためて、今は感じます。

 

image

 

 


テーマ:


今日は久しぶりに朝からお弁当作り。
昨夜仕込みはしていたので、あまり
バタバタせずに、時間通りにお渡し
出来ました^ ^


実は明日もお弁当作り。
本当は仕込みしてから寝た方が良いの
ですが、とにかく横になりたくて💦

眠れるといいけど。


久しぶりに行けた、フェルムの新作ソフト

お弁当作り頑張ったご褒美!と、
初めてのMサイズにしたら、
想像以上にボリュームがありました。
味はもちろん美味しかった♪

あとは、両脚の痛みが落ち着いて
くれたら、お店も再開したいです。



テーマ:

image

 

先日、お友達がちょっと早いけど、とクリスマスプレゼントにくれた

可愛い雪だるまさん。今年に入って大好きになったシルバーが

入っているデザインが素敵!

 

image

わが家クリスマスオールスターズに仲間入り。もう10年前から

いるサンタさん。良く見たら、今年流行ったひょこりはんだね(笑)

 

数日、夜の睡眠がまたもや朝方まで寝付けずなのですが、痛み

の範囲も少なくなってきて、これまでは寝る前のストレッチ程度

だったのを身体の重さを使ったプチ筋トレも少しずつ追加して

みています。この3カ月はひたすら痛みに耐えて・・・だったので、

そーっと生活していたから、筋肉が落ちたなぁっていうのは

日々感じてはいたのですが、力を入れると痛みが走るので

症状が落ち着いてきたら始めようと思っていて。

 

まだ3日程ですが、今日は結構な筋肉痛。でも、何だか嬉しい!

 

明日は久しぶりにお弁当のご依頼もあり、今まで

下ごしらえに3時間。両脚の痛みが酷かった時は膝の

曲げ伸ばしが出来ず、軽く膝をまげた状態で立って

すり足で歩いていたので、台所に長く立って作業

出来るようになったのも、本当に嬉しい!

 

悪化する前は当たり前に思っていた事が、

何もかも苦痛を伴うようになり、あらためて

気付くことがいっぱいです。

 

眠れなくなると、眠れる事にすら

感謝があふれるし。

 

一瞬一瞬が有り難くて、

心の中で一日どれだけ

ありがとうって言っているだろう。

 

image

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス