児童虐待ゼロとなるために | 佐藤美樹(さとうみき)のサトミキ☆ブログ
2019-02-08

児童虐待ゼロとなるために

テーマ:子ども・子育て

野田市でおきた小4の心愛ちゃんの事件。

またしても、親が子どもを虐待死させるという事件内容。

 

最初に聞いたときは、ショッキングすぎで聞いていられないと思ったくらいでしたが、これから児童相談所を世田谷区として設置しようとしている中、今回のことを検証し、児相の役割や課題を掘り下げる必要があると思います。

 

目黒区の5歳の女の子の時もそうでしたが、今回も、行政側(自治体、児相)がしっかり編み目を張り巡らせ

もう1歩踏み込んだ対応をしていたら救えた命だったと思います。

 

目黒区の事例で1つのキーは「子育て家庭が転入してきた際に、転入前の情報の引継ぎ含め速やかに転入後の自治体のサービスに『地区レベルで』接続できるかどうか」という点でした。香川県の児相が扱っていた内容を目黒区のほうが転入の際に引き継いで、編み目を張り巡らせていたら防げていたので、転入・転出の際の児相情報の引継ぎは重要な論点だと思います。

 

今回の野田市の心愛ちゃんにおいては、児相が一時保護を解除し自宅に戻す判断を「状態が悪化しているのではないか」という懸念があったのにも関わらず進め、また家庭訪問を市教育委員会事務局も児相もどちらもしなかった点。野田市教育委員会事務局が、子どものSOSを訴えたアンケートを加害者に見せてしまったのも致命的です。

 

ひるがえって、世田谷はどうなのか。

来年4月から世田谷区の児相が開設され始まります。

世田谷区は23区で最も転入者の多い自治体(転入超過が今年は6000人超)ですので、自治体間での児相情報の引き継ぎはかなり重要といえます。

また、野田市の事例のようにならないためにも、人員は質と量ともに大丈夫なのか。

これから児相を始めるにあたって再度議会でも取り上げたいと思います。

 

佐藤美樹(さとうみき)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス