子ども人口(0-5歳)の推計と実績について | 佐藤美樹(さとうみき)のサトミキ☆ブログ
2018-06-13

子ども人口(0-5歳)の推計と実績について

テーマ:子ども・子育て

去年9月の時点で、毎年出されている人口推計値と実績について報告がありました。

 

それをもとに、今年度の各事業の計画が走っているわけですが、

その中で、子ども人口の推計値と実績については、各政策にいろいろ影響があるとみています。

 

推計値の推移と実績についてのグラフ↓

 

上記は、自治政策研究所がだしている推計値と実績のデータとグラフを私が加工したものですが、

ここで注目すべき点の1つは、0-5歳人口の推計値の推移および、推計値と実績の状況です。

29年度の実績が推計値より下にふれたことをうけ、29年度の推計値は大きく修正をかけており、

この推計によれば、0-5歳すなわち新たに生まれてくる子供を含む層については、そろそろピークアウトをしそうという

トレンドにあることになります。

 

この傾向をみて、まず、検証しなければならないのは保育園整備計画。

すでに、去年の予算委員会でも指摘をしましたが、区内の認可保育所のうち特に駅から遠い園などは3-5歳のところに

空き数がでているという点。

0-2歳のところにまだ待機児童があるので、ここは着実に解消させるようにもっていく一方で、

0-5歳のいわゆる完結型・ハコモノの認可保育所については、整備箇所・タイミングなど状況を慎重に見ていく必要がでてきており、

これまでとはまた違ったフェーズに突入してきており、かじ取りが難しくなったともいえます。

 

0-5歳完結園の認可保育所だと、だいたい整備を決定して開園まで2年要しますし、一度整備してしまうと

撤退するのも容易ではありません。

一方、最近、区内でも増えてきた企業主導型保育所の形態。

内閣府直で認可・開設ができるため、区の関与がない手法なので、質を懸念する声もありますが、

需給バランスが微妙になりつつ中では、民間主導の手法も、調整機能として取り入れていくのも1つの手だと考えます。

区がどのようにとらえ、今後の保育園整備を進めていくのか、明後日の質疑で問いたいと思います。

 

佐藤美樹(さとうみき)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス