ササンのブログ

ササンのブログ

日に月に新たなり

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:


4日の日曜は春の京都
満喫してきました。

円山公園のしだれ桜も満開
でも 木が痛んで
昔の勇姿はないのですが
それでも立派なものでした。

ササンのブログ
祇園白川沿いの桜も満開で
桜をこれだけ楽しんだのは
何年ぶりだったでしょう。

みなさんのご近所の
桜満開かなぁ?

そして、お昼は
祇園 梅の井さんで鰻懐石を
ごちそうになってきました。
ササンのブログ-うなぎ
関西人のくせに、
鰻は関東の焼き方が好きです(笑

梅の井さんは関東風で最高です!
京都の老舗のお店の鰻は
ほんまによろしゅうどすなぁ

その上、娘の入学祝にと
ティファニーのダイヤモンドテクスチャー
まで頂いてビックリ ワオ w(°o°;)w
ササンのブログ-ペン
娘には今までブランド品は
持たせていなかったので
恐くて使えない、飾っとこって(^u^)

みーさんほんまにありがとう!

さて、観光には最高の天気と気温
人手はものすごかったです。

歩くのも1本筋違いを、人ごみを避けて
歩きましが、それでも人が溢れてる。

京都はこの時期
ものすごいことになるんやなぁ
と人酔いしてしまいました。

それでも、たまには気分転換に
出かけるのはいいですねぇ

みなさんも日曜は
春の一日楽しまれたかなぁ?
あ、お仕事の方もいらったしゃったか(= ^ ^ ゞ  

テーマ:
「めぐりあい」 

  あなたに会えて本当によかった


  ひとりでもいい


  心からそう言ってくれる


  人があれば


                      相田みつを

----------------------------------------



人とひとのご縁は不思議なものである



世の中全ては人のご縁で成り立っているのかもしれない



みなさんもきっとご存知の相田みつをさんの詩を

久しぶりに読んでみてそう思うのです。



このあいだ、女房といつもの帰り道

出会いの不思議を話していました



夫婦もご縁、結婚するまではまったくの赤の他人

でもなにかのご縁で一緒になった。



夫婦が互いに感謝して生きる



そう、自分のためと頑張るより

誰かの為に感謝して生きる方が

心豊かだと思う



そんな話をしながら


















テーマ:

ササンのブログ

ピータードラッカーと言うと
組織のマネジメントを考える時に
だれもが思い浮かべる経営学者だろうか

恥ずかしいかな私はP・F・ドラッカーを
知らないでいたのです。

なにげなく、Mjの新聞広告を見ている時に
「もしドラ」という名前の本が目に入ったのですが
それは表紙の萌え~の女子高生が気になったに過ぎません(反省

そんな不純なことがきっかけで
この「もしドラ」と言う本を読んでみようとおもったわけです。

さて、この「もしドラ」これもあとから知ったわけですが
正式な本の名前は
「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」
その一部を取って縮めたのがこの名前だったのです。

さて、その内容は

------------------------------------------------------------
高校野球の女子マネージャーのみなみちゃんは、
マネージャーの仕事のために、ドラッカーの『マネジメント』を
間違って買ってしまいます。

はじめは難しくて後悔するのですが、
しだいに野球部のマネジメントにも生かせることに気付きます。

これまでのドラッカー読者だけでなく、
高校生や大学生、そして若手ビジネスパーソンなど
多くの人に読んでほしい一冊。
  
                アマゾン内容紹介より

-----------------------------------------------------------

というわけで、まったくドラッカーについて知識のない私には
へ~とトリビアの泉ではないですが
「マネジメント」についてすこし勉強してみようかと
思えたのはよかったと思うわけです。

ただ、それよりもこの本の内容がフィクションであっても
結末が想像できてもつい引き込まれて読んでしまったわけです。

人と人とのつながりに焦点を絞って書かれているので
とても心に響く内容であったりするのです。

笑いあり感動ありそして命のはかなさ美しさ
そして人として大切なことを友と共有することの素晴らしさなど
この本は、読み物として十二分に楽しませてくれて
なおかつドラッカーの入門への足がかりとしての
ビジネス書としても悪くはないと思うのです。

そこそこ厚みのある本ですが2時間ほどで読めました。

今、なかなかに人気のある本らしいですので
まだ読まれていない方がおられたら
本屋さんで一度立ち読みもいいかもしれませんね(笑






Ameba人気のブログ

Amebaトピックス