みい子との日々 〜重度知的障害+ダウン症+自閉症の愛娘との、少しだけ不思議な普段のお話〜

みい子との日々 〜重度知的障害+ダウン症+自閉症の愛娘との、少しだけ不思議な普段のお話〜

2012年10月に生まれた待望の第二子は、ダウン症の女の子でした。
2017年に自閉症の診断を受けました。

サブタイトルは、障害があっても、ちょっと変わっているかもしれないけれど、普通に暮らしているよ、という思いをこめてつけました。

みい子は肢体不自由児向け、特別支援学校の1年生です。

以前の記事みい子の荷物と忘れ物に書きましたが、勉強道具は一切無いにもかかわらず、とにかく持っていく荷物が多いです。

先月からみい子の支援学校でもプールの授業が始まっています。

他の支援学校は分かりませんが、肢体不自由児向け支援学校は、医療ケア児もいるし、気温湿度などに左右されやすい子供達なので、プールに入る規定が厳しくなっています。
回数も兄ちゃんが通っている地域の小学校より少ないです。
その少ない中でも、気温・水温が低かったり、雨が降ったりしたら中止になります。
地域の小学校は、雨以外では中止になることはありません。容赦なしです。
(私が小学校の頃も、唇が紫になってる子いたよな〜(笑))

で、プールの持ち物も、とにかく多い(笑)

①水泳カード(朝の体温を書いて、ハンコを押す)←これは兄ちゃんもありますが、体温は書きません。
②水着
③水泳帽
④水泳用紙パンツ
⑤バスタオル2枚
⑥ビニール袋
⑦レジャーシート(更衣時に敷く用)
⑧おねしょシーツ(車椅子に敷く用)
⑨サンダル
⑩ヘアブラシ
⑪浮き輪

書き出すとめちゃめちゃ多いですねあせる
全部が全員必要か、といったらそうでもないものもあります。
そのあたりは、各自必要に応じて持っていくことになります。
⑪の浮き輪は、プール期間中は置いておいてくれてます。

これを書いていて、今まで⑥と⑩を入れ忘れていることに気が付きましたが、なんとかなってました(笑)

プールバックを療育園や保育園で使っていた、キャラクターのついたプールバックに入れていましたが、パンパンで全部入らず、レジャーシートだけ別に持って行ってたのですが、やはり1つにまとめたい、と思って大きいプールバックを楽天で探しましたビックリマーク

↓これ。いっぱい入るし、トートバックタイプなので、入れやすい。
結局私が持つので、デザインもシンプルでGOODグッド!
回し者ではありません(笑)が、↓こちらのショップがお安くて、オススメ〜。
みい子はピンクにしました。
丈夫そうだし、デザイン的にも高学年、中学部になっても持てそうです。
(結局私が持つことになるけどチュー