源氏物語とDNA検査と

テーマ:
前回の投稿でふと思い出したが。



「源氏物語」ってあるじゃんか。


日本文学史上最高傑作とも言われているし、古文といえば源氏物語な雰囲気もある。

古典文法なんかも、「源氏物語でこう使われてるから、この使い方は正しい」となったりする。


……で、その、日本文学史上最高傑作。


古文の授業で誰しもやったじゃないですか。


……学校でやったし、学問としてやったから難しかったりなんだかとてつもなく素晴らしいもののようなイメージがあるかもしれないけど。


…実はあれ。


めちゃくちゃイカれたクレイジーな物語なんですよ。


いやマジで。


……あちこちで女作りまくって。


自分の父ちゃんの妃にも手を出しちゃう。

……まぁ初恋の人ではあるしその後も関係は続くんだけど。


……とは言っても、父ちゃんの妃もたくさんいるから、4歳とか5歳しか源氏とは離れてないんだけど。


……で、なんと、源氏の子供を身ごもってしまう。

一応、義理の母親ですよ??


その事実はもちろん秘密だったんだけど。


周りには知ってた人もいたわけですね。


……そーいやこれずーっと前にどこかで書いたような気がするけど。


で、ある時坊さんだか何だか事実を知ってた人が、本人にそれを言ってしまう。


……で、こっからが確認できないんだけど。

……俺が源氏物語の中で最もイカれてて面白いと思った一節。


「ねぇねぇ、兄ちゃん兄ちゃん、兄ちゃんって、父ちゃんなんでしょ??」


そんな話あるかバカーー!!


……ただ、ふとこのシーンをサクッと調べてみるに、どうも見つからない。

冷泉帝が源氏に聞いたこのワンシーン、知ってる人いたら教えて下さい。


……まぁ、昔はDNA検査とかなかったわけですよ。

そんなのができるようになっちゃうんだからなぁ…。

これからも色んな常識外のことが常識になっていくんだろうなぁ……。



……と、札幌雪まつりいよいよ開始で、けどリスティング公開してなかったミスとかまだ作ってない部分ミスとか、ドミトリーが意外と埋まらなくて急遽個室に変更しようかとか、そうこうしてる間にチャンピオンズゲストハウス決算月を迎えて会計とか納税どうするだとか、またも二段ベッド作ったら手こずって終わらなかっただとか、他のリスティングのことだとか、管理人マジ居なくてどうしようだとか、普通のシェアハウス募集の方を案内したりだとか、あれやこれやの間にボクサー脳症の話も進めとかなきゃだし、しかしこのブログもなぜか更新し続けてる俺素晴らしいだとか、等々で、ねずみの手も借りたいくらい忙しいです。

昨日の時点でまだ工事してたが、雪まつり大丈夫なのか??笑


⇩せめて佐々木をクリックで応援して下さい。

格闘技ランキングへ

にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村