被災地に送るべきもの

テーマ:

関東に住んでると全然実感が湧かないけれども。


西日本、豪雨で大変らしいですね。


……今回は自分がやるべきこと多すぎて現地行ってる時間が取れないんだけども。


東日本大震災の際のボランティア活動経験から言わせてもらうと。



特にこれから、被災地に送るべきは。



モノではないんですね。



……最初は確かに、物資が足りなくなる。


食べ物、衣類、寝具。


……けれど、飢え死にするまでには必ず物資が届く。


衣類もなんとかなる。


けれど、その後も引き続き、全国から物資がじゃんじゃん送られてくる。


テレビ見て現地に送られた頃には、食料は山積みだ。


それを仕分けする人も、場所も必要だし、時間が経てば腐るものも混ざってたりする。


衣類なんてモロ置き場所に困る。


ただ避難所の場所を取るだけになってたりする。



東日本大震災の時は、結局処分費でかなりの余計なお金を要した。



この猛暑で寒さに震えるということはなさそうだけど。



……要らない服や毛布は、やっぱり全国に余ってるんだよね。



……「何か必要なモノを」という気持ちも実によく分かるんだけど。



やっぱり必要なのは、結局お金なんだよね。



……現地で、その場でその日その時、何が必要かなんて、現地にいる人しか分からないじゃんか。



というわけで、特にこれからは。



もしその気持ちがあるならば、もちろん金額は問わないので、お金を送ってあげよお。



……そういえばかくいう自分自身、まだだった。


明日キッチリ寄付します。


予期しない災害で困ってる同じ日本人の役に立つと思えば、自分が気分いいじゃんか。






格闘技ランキングへ

にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村