ボクサー脳症3

テーマ:
(続き)

電話を取ると、ズバリ日本のトップクラスの先生だった。

「放射線医学総合研究所」(以降「放医研」)の高畑と言います。ボクサー脳症のことでご相談とお聞きしました」と。

やはり!!

聞くと、やはりボクサー脳症について専門的に研究してる部署が放医研の中にあると。

しかしそれが存在するとは!!

そして。

……これまでは、「打撃による海馬の神経細胞の減少」が全てだと思ってたんだけど。

「タウタンパク 」というタンパク質の一種が脳内に溜まることが、大きな原因の1つになっているらしい。

それは知らなかった。

……ちなみにこれは、アルツハイマーも同じ。

……一度長期記憶となったものは思い出せても、短期記憶がなくなるのはかなり似ている。

……が、アルツハイマーとボクサー脳症では、タウタンパクの蓄積の仕方が違うそうだ。

……けれど、現代医学では、最終的には死後に脳を解剖することによってしかその全ては分からないと。

人間の体の内部、かなりのところまで分かってきてはいるんだけど、脳だけはまだまだ分かってないことが多いのだ。


……で、せっかくの機会なので、症状を説明しながら、高畑先生に色々聞いた。

……まだまだ分かっていない事が多いことは知ってる、けれど研究は行われていると。

特にアメリカの方が進んでいて、ボクサー脳症に関する論文もかなり発表されていると。

日本はこの分野に関して遅れをとっているらしい。

……もちろん治療法が確立されているのが一番だけど、されてないのが分かっている以上、それを作ることに是非協力したい。

もちろん自分が良くなりたいのが第一だけど、この得体の知れない脳症で苦しんでる人も多いはずだ。

俺も知ってる範囲で何人も思いつく。

……正直、俺より困ってる人は多いけど、まぁやっぱり俺も人の顔や名前が全然出てこないとか、何度も言われたことを忘れてしまうのはまずいので、まず自分が試しに検査や治療を受けてみたい。

……これは、研究所としても研究サンプルが手に入るので、悪い話ではないはず。

「困っている方がいたら紹介してください」と言われたが、そんなの殺到しちゃうくらいだと思う。


自分を守るのは、自分の家族を守るのは、他人ではない。自分だ。

全く問題がないならいいけれど、何か普通と違うと思う時があるならば、躊躇せずにいい方向に向かおう。


そうそう、ついでに高畑先生に聞いてみた。

同じ脳の話なら知ってるかもしれない。

「先生、サヴァン症候群というのはご存知ですか?」

……サヴァン症候群は、……多分一度二度は言ってると思うけど……やはり記憶が定かでない笑……、自閉症やコミュニティ障害、ADHD患者などが物凄い能力を持つこと。

……これに関する一説と、俺の解釈まで覚えてる人いたら……凄い……!……サバン症候群かもね。笑

……簡単に言うと、自閉症患者が、一瞬見た風景を詳細まで事細かに正確に書き上げたり、考えられないレベルの計算能力を持っていたりすること。

……例えば新渡戸稲造の著書に、
「79万3625に9万9673を乗ぜよと命じると、ただちに791億1098万4625と答え、僕は3、4分かけて計算して答え合わせをした」という話があり、その少年がサバン症候群だったと考えられる。


……天才ってのはこれととても深い関係があると俺は見ている。


天才的な人って、変な人多いでしょ?

あれは、脳内に何かが起こってるわけですよ。


……ダメだこの話するといくらでも話が逸れる。


……で、無理矢理話を戻して、高畑先生に、ボクシングと記憶力の関係についてサバン症候群との関連も聞こうかと思ったら。

「ほう!サヴァン症候群を知ってるとは。あれの詳しい論文も発表してますよ」と。

……ビンゴ過ぎる!!


……あ、そうそう、重要なこと。


……これは単に知られてないからだと思うが。

五年前に引退した時に、脳に関して間違いない医師も言った。

「脳に関してはどこにも問題はない。これから徐々にであるが自然治癒の方向へ向かっていくと期待していい」と。

……が。

それは、間違っていた。

ボクサー脳症は、進行性だった。


ボクシングをはじめてから平均して15年後ぐらいに発症する選手が多く、ボクサーの約20%が患っていると言われている
(ウィキペディアより)

ボクシングを「始めてから」15年。

止めようが何しようが関係ない。

後からくるのだ。

ボクシングやめた後も、進行していく可能性があると。

……これは大きい問題だよね。

モハメド・アリのパーキンソン病も、タウタンパクとの関係が大いに疑われているそうだ。

……これまで、「ボクサー脳症」と言われつつも、その専門家と現場のボクサーとの繋がりがそんなになかったのは、むしろ変だろう。

少なくとも、日本のボクサー脳症のトップと思われる先生と、日本のボクサーブログとしてはほんの少しだけ上の方の(今日も以下略)このブログが繋がった、ということは大きいだろう。

高畑先生も名前を出していいとおっしゃっているので、今後心配な人は、放医研の高畑先生にコンタクト取ってみてください。

何なら俺が繋げるし。


…なので、四年前にも書いてるけど、「ボクシングやめて数年経ってから突然脳にダメージが来る」ということは、全然起こり得る話ということになる。
 
ちなみにこの時

とりあえず今度北海道から日帰りで検査を受けてこようと思います。

経過は報告するのでお楽しみに。


スーパーマタン……さん
細かい分析まで、ありがとうございます!

まる子さん
近くの人が一番分かるので、見守ってあげて下さい。





今日もオマケのレッツDIY!
趣味と実益のお時間です!

昔ながらの石畳的だった風呂場。
お風呂用のリフォームするも、イマイチ上手くいかなかったのと汚れが目立つのとで、ゲストからの評判も悪い。
そこで、ベッドのあまり材料で、スコノを自作!

下の木だけ買ってきて

並べてみる

このように一旦した


が、小さい部分、木割れしまくり



結局こうなった


あとはこれに防水剤塗って乾かせばOK!!



格闘技ランキングへ

にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村