親の在り方(続き)

テーマ:
こないだのブログの続き。



「ウソつきによくあるのが、厳しい親の存在」という話。

子供が正直に話した場合、何はともあれそのことをちゃんと評価してあげないといけない。

そうしないと「正直に言っても損するだけ」と子供は学習してしまう。


……ちなみに、「ウソつきに多いのが、厳しい親の存在」だからと言って、厳しい親の子供は必ずウソつきになるかというと、そうじゃない。


「AだったらB」だからと言って「BだったらA」とは成り立たないんだね。


……十分条件、必要条件なんて言うね。


……「4は2の倍数である」だからと言って「2の倍数は必ず4」ではないんだね。6も8もある。


……話逸れた。

……ついつい知的な方向に話が逸れてしまうことを、深く深く、海より深くお詫び申し上げまくる次第でございます。


……で、どっちにもいくらでも広がるけど。

友人でこないだも一緒にメシ食った方から、面白い話を聞いたんだ。

「自分は高校中退だが、娘は大学行って資格取得目指して頑張っている。同級生では警察官の息子が暴力団(3人)、学校の先生の息子が彫り師(多分彫刻とかじゃないぞ)。」だと。


……ちなみに俺も、勉強しろと言われたことは多分一度もない。

オヤジは放任主義、オカンは自由主義。

高校なんてマジで眠りに行っていた。

ボクシングだけは、時々死人が出るからやめてと言われたけどね。初期の頃。


……小さい頃、俺だけ門限とかなくて、けれど市民会館の6時のチャイムとか鳴ると皆親に言われてて帰るから、俺も自然と帰ると。

「他人に迷惑かけなければ何してもいい」と。

ある日家帰ると、「ごめんかーちゃん今日ケンカしてきちゃったよ。また明日先生とかから怒られるかも」と先に謝った。

そりゃ怒られはするけど、正直に言えばそんなに怒られなかったから、なんでも正直に言えた。

本当に間違ってる時はそれを伝えてもらえた。


とにかく自分の型にはめようとガミガミ言われるより、間違いなく良かったと思う。


親の側にも我慢は必要なのだ。

今日は群馬県高崎市まで出張。




格闘技ランキングへ

にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村