帝拳ジムまで行って、ミゲール・コットと闘った亀海にインタビュー。

ーお疲れさん。
いきなりだけど、ミゲール・コットについてどうだったか。

「自分の調子は良かった。アップまでは繊大さんも『これまでで1番のパンチ力』と言ってたくらい。……けれど、やはり調子が上がりすぎたのか、上腕二頭筋(いわゆる力こぶ)の部分が2ラウンドくらいにおかしくなって、4ラウンド目には完全に力が入らなくなってた。接近戦が要の自分にとって、これは致命的だった」

軽度の肉離れの症状だったと言う。

「それが想定外だった。色んなものが調子良くいってて、最後にまさかの想定外」。

「緊張も全くしなかった」と。

「コット自体は完全に想定内だった」

では逆に、コットの凄かったところは?

「……フットワークをあれだけ使ってて最後まで落ちないのは凄いと感じた」

効いたパンチは?

「8か9辺りに一発もらって、それは効いたけど、その他は効いたというパンチはないしダメージもなかった」

さて、それでは、ラストクエスチョン。


もう一度、ミゲール・コットとやったらどうなるか。


少し考えた後。

「勝率として五分五分ですかね。実際にやった手応えから」。


大抵のボクサーは、「もう一回やったら今度は絶対勝てる」と思うものだが。

それは亀海も承知の上で。

亀海はものすごく冷静に自分を客観視できる部分があるので、そこの所は他のボクサーと同じだと思わない方がいいかもしれない。


……まぁ、実際すぐにコットは難しいかもしれないが、次の試合はすぐにでも向こうのプロモーターが組んでくれそうなこと言ってたと。

世界に挑む亀海に、今後も期待したい。

{772C0C88-B334-47C9-86CB-B05B10052F39}

↓俺のランキングアップにも期待したい。

格闘技ランキングへ

にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村
AD

コメント(1)