新入社員、辞めないで

テーマ:

そういう時代なのかぁと感じた記事のご紹介です。
5月11日の日経夕刊から抜粋します。

 


「新入社員、辞めないで」

 


ここから

 

新卒社員が職場に配属される時期。慣れない新生活に緊張を強いられているのは新入社員だけではない。せっかく採用した“金の卵"に逃げられてはたまらないと、企業側も気を使う。離職防止に会社は手厚い処遇を打ち出している。

 

「働きたい場所はありますか?」。大和ハウス工業は今春、営業系総合職に配属エリア先約型の採用を取り入れた。全国を12分割し、定員の3分の1を上限に内定段階で希望を聞いた。480人のうち100人強が希望地に赴任した。

 

「親元から通いたい」「東京で暮らしたい」などのほか、意外と目立つのは「遠距離恋愛は避けたい」との声。数年前、内定を出した優秀な学生を地場の同業他社に持っていかれたことがある。そんな失敗も制度導入を後押しした。

 

「勤務地を選べるのは入社時の特権。次にどこに転勤するかは確約できない。いきなり知らない土地に配属するより、最初は希望の地域で働く方が仕事にも打ち込める」(人事部)

 

ここまで

 

 

この記事の解説は、こちらから(→ここ)。一緒に考えてみませんか?