単複馬券で回収率120%を目指すブログ

単複馬券で回収率120%を目指すブログ

2018年的中ピックアップ
シルクロードS:ファインニードル(単勝770円)
京都記念:クリンチャー(単勝1050円)
皐月賞:エポカドーロ(単勝1450円)
函館記念:エアアンセム(単勝960円)

宝塚記念


◎クロノジェネシス


◆重賞傾向

・上がりのかかるレースのため、パワー、持続力タイプの馬向きのレース

・非根幹距離G1のため、クラシックで活躍するような主流血統ではない馬が活躍する

・流れに乗ることが大事なレースのため、距離延長組が良く、前走マイル戦の馬が穴を開ける


◆考察

ディープインパクト産駒の瞬発力、スピードが売りの馬が活躍するようなレースではなく、パワータイプの馬が好走するレース。(ディープインパクト産駒の中でも、持続力タイプは活躍します。)クラシックとは求められる適性が異なるため、このレースが初G1制覇という馬も多々います。


今年は雨も多く馬場が重たいと思いますので、ハービンジャー産駒、バゴ産駒などの欧州血統馬を狙いたいと思います。その中でも、芝2200m重賞でも勝ち星があり、勢いもあるクロノジェネシス本命です。


◆過去の予想

2019 ◎スティッフェリオ 7 8番人気

2018 ◎ダンビュライト 5 5番人気

2017 ◎サトノクラウン  1 3番人気

2016 ◎アンビシャス 16 3番人気

2015 ◎ラキシス 8 2番人気

2014 ◎ホッコーブレーヴ 8 5番人気

2013 ◎ゴールドシップ 1 2番人気

2012 ◎トゥザグローリー 12 5番人気

2011 ◎トゥザグローリー 13 4番人気

2010 ◎アーネストリー 3 3番人気

2009 不明

2008 ◎アルナスライン 10 3番人気

2007 ◎メイショウサムソン 2 2番人気

安田記念


◎グランアレグリア


◆ポイント

・前半34秒前後のペースで好走可能な馬

・平坦型の馬向き

・芝1400m実績は重要


◆血統傾向

・スプリント適性のある血統が良い

・ノーザンダンサー系が強い

・ディープインパクト産駒は芝1400m実績がないと厳しい


◆考察

NHKマイル、ヴィクトリアマイルに続き3戦目となる東京芝マイルのG1です。基本的には他の2戦と同様で、速い流れをしっかり追走できて、最後に少し加速できることが勝ち馬の条件となります。ちなみに、古馬混合なので、ペースは他の2戦よりも速くなり、ペース耐性が重要となります。アドマイヤマーズ、ダノンプレミアム、ダノンキングリーあたりには少し速すぎる流れになるのではと思っています。


アーモンドアイ、インディチャンプのシルクレーシング二頭は普通に強いと思いますが、狙ってみたいのはグランアレグリア。短距離実績のあるディープインパクト産駒で、馬の鮮度も高いのでここでもいい勝負ができると思います。


◆過去の予想

2019 ◎フィアーノロマーノ 14 9番人気

2018 ◎アエロリット 2 5番人気

2017 ◎レッドファルクス 3 3番人気

2016 ◎モーリス 2 1番人気

2015 ◎ダノンシャーク 10 5番人気

2014 ◎ホエールキャプチャ 15 7番人気

2013 ◎ロードカナロア 1 1番人気

2012 見送り

2011 ◎シルポート 8 4番人気

2010 ◎フェローシップ 9 7番人気

2009 ◎不明

2008 ◎グッドババ 17 3番人気

2007 ◎不明

2006 ◎カンパニー 11 6番人気

東京優駿(日本ダービー)


◎ワーケア


◆ポイント

・究極の瞬発力が求められる

・内枠有利

・皐月賞組は5番人気以内か3着以内

・別路線組は先行経験が重要


◆血統傾向

・王道血統に、母系でスピードを補う配合が良い。

・父サンデー系での場合は、母系に米国型ノーザンダンサー系、ダンチヒ系、ミスプロ系。

・父キングマンボ系の場合は、牝系がクラシックに実績がある馬が良い。



◆考察

ダービーというレースはとにかく瞬発力が大事なレース。過去のダービーで人気で負けた馬は瞬発力不足が明らかですし、過去の人気薄で勝ったダービー馬は究極の瞬発力が売りだった馬ばかりです。そのため、皐月賞の結果は気にせずに、皐月賞段階での人気と瞬発力の有無を考慮して予想していくのが基本路線となります。その中で、皐月賞5番人気以内の馬が候補となります。別路線組では前走先行している馬が結果を残しています。


今年は全体的に瞬発力が売りの馬が少なく、瞬発力と持続力を兼ね備えた馬が多くいるのですが、人気馬二頭も同様。コントレイル、サリオスの二頭もラップギア適性が瞬220です。


この二頭については2つの解釈が可能で、1つ目は「皐月賞向きの馬でダービーでは瞬発力が不足気味」という解釈、2つ目は「能力が抜けた瞬発馬が適正不向きのホープフルステークス、皐月賞で結果を残せたため、ダービーではさらに好走可能」という解釈です。


どちらかは走ってみないとわかりませんが、馬券的には前者。瞬発力のある馬に直線でキレ負けするパターンで決め打ちしたいと思います。狙いたいのは◎ワーケア。瞬300の瞬発戦特化型で、内枠の恩恵を受けられ、ルメール騎手が鞍乗。血統的には高速決着ではなく、先週のオークスのようにスローの瞬発力勝負が合っていると思います。


◆過去の予想

2019 ◎サートゥルナーリア 4 1番人気

2018 ◎ダノンプレミアム 6 1番人気

2017 ◎サトノアーサー 10 5番人気

2016 ◎サトノダイヤモンド 2 2番人気

2015 ◎サトノラーゼン 2 5番人気

2014 ◎イスラボニータ 2 1番人気

2013 ◎コディーノ 9 4番人気

2012 ◎ゴールドシップ 5 2番人気

2011 ◎サダムパテック 7 2番人気

2010 ◎ペルーサ 6 2番人気

(ダノンシャンティ取消のためペルーサに変更)

2009 ◎アンライバルド 12 1番人気

2008 ◎ディープスカイ 1 1番人気

2007 不明

2006 ◎メイショウサムソン 1 1番人気


優駿牝馬(オークス)


◎デゼル


◆本重賞の傾向

・瞬発戦を上がり3ハロン最速で勝利した実績

・瞬発戦を先行し上がり3ハロン2位で勝利した実績

▼9以上の超瞬発戦での勝利実績も重要


◆血統傾向

・ディープインパクト産駒は圧倒的

・ノーザンダンサー系、欧州型が良い


◆考察

個人的に得意にしているオークス。基本的に瞬発力のある馬が強いレースです。桜花賞、オークスは瞬発力が問われるレースなので、基本的には桜花賞を好走した馬が強いレースとなります。しかし、今年の桜花賞は重馬場かつ速い流れとなり瞬発力が問われないレースだったので、リンクしないと考えています。


桜花賞馬デアリングタクトですが、ラップギア適性が瞬111ですし、消耗戦になった桜花賞を解消したところから見ると瞬発力型というよりはパワー型、持続力型と言えそうです。能力は高いと思いますが、適性不向きと判断しています。


傾向にマッチする本命候補としては、デゼル、クラヴァシュドール、リアアメリア、ミヤマザクラ、リリーピュアハート、マジックキャッスル、マルターズディオサ、サンクテュエールの8頭。


この中で本命は◎デゼル。瞬発力のあるディープインパクト産駒で、母系もオークス向き、良馬場開催になりそうで、好走が期待できるでしょう。


◆過去の予想

2019 ◎ラヴズオンリーユー 1 1番人気

2018 ◎ラッキーライラック 3 2番人気

2017 ◎ソウルスターリング 1 1番人気

2016 ◎シンハライト 1 1番人気

2015 ◎ミッキークイーン 1 3番人気

2014 ◎ヌーヴォレコルト 1 2番人気

2013 ◎ブリュネット 16 15番人気

2012 ◎ミッドサマーフェア 13 1番人気

2011 ◎ホエールキャプチャ 3 2番人気

2010 ◎オウケンサクラ 5 3番人気

ヴィクトリアマイル


◎サウンドキアラ


ポイント

・前走3コーナー5番手以内の馬が良い

・時計が早い時は、短距離の血が生きる


アーモンドアイが圧倒的1番人気になりそうですが、馬場次第かなと思います。時計が早すぎて短距離馬が活躍するレースになれば取りこぼしがあってもおかしくないでしょう。この春の東京開催は高速決着前残りになっているので、短距離血統が台頭する想定でいきます。


その場合、オークス馬ラヴズオンリーユーには不向きだと思います。昨年の1, 2着馬はスピードレースには強そうですが、後ろからで今年は届くのかなと感じます。


今年は、マイルだけでなく1400m実績もあるサウンドキアラがマッチしており、大外ですがサウンドキアラ本命で行きます。

皐月賞


◎サリオス


競馬の高速化に伴い、皐月賞はマイル実績のある中距離血統馬が結果を残しています。馬場が渋ってもこの傾向は同じで、とにかくマイル実績が重要となります。

本命はマイル3連勝のサリオス。この馬以外にマイル実績のある馬がほとんどおらず、すんなり本命です。

ハーツクライ産駒を中山芝G1で本命にするというのは少し気が引けますが

桜花賞


◎サンクテュエール


とにかく上りの速いレースで、流れもそこそこ速くなることからレベルの高いレースです。そのため桜花賞馬に求められる水準も高く、1600m以上の距離を33秒台で上がって134秒5以内で勝ち負けできた実績が基準となります。今年の該当馬は以下の5頭。


サンクテュエール

マルターズディオサ

リアアメリア

クラヴァシュドール

マジックキャッスル


1番人気にすらなりそうなエルフィンステークス勝ち馬のデアリングタクト、阪神JF勝ち馬のレシステンシアが非該当です。二頭とも能力は高いのですが、桜花賞で求められる適性とはズレているということです。エピファネイア産駒のデアリングタクトは、スピード瞬発力、器用さが足りなそう。ダイワメジャー産駒のレシステンシアは瞬発力が足りなそうで、阪神JFのように自分からレースを作っていかないと厳しいでしょう。二頭ともハマれば強そうですが、桜花賞ではハマりにくそうです。


5頭の序列ですが、サンクテュエール、リアアメリア、マルターズディオサ、クラヴァシュドール、マジックキャッスルです。牡馬相手にしっかり勝てているサンクテュエールは、やはり強いと思います。

有馬記念


◎フィエールマン


◆本重賞の傾向

・瞬発力だけでなく持続力が求められるレース

・上がりのかかるレース

・後方からでは厳しく、好位~中団での競馬が必要

・外枠不利。13番枠以降はかなり不利。

・前走ジャパンカップ組で好走しているのは、一桁人気で人気よりも走っていない馬

・間隔を開けた中6週以上の馬が期待値高い

・近年はキャリア15戦以内の馬が好成績

・若い馬が強く、6歳以上は不振


◆血統傾向

・ロベルト系の血を持つ馬に高相性。キングカメハメハ産駒も良い。


◆考察

中山競馬場の馬場改修以降の有馬記念(2014年以降)は、馬場が軽くなった影響で、牝馬、ディープインパクト産駒が好走しやすくなりました。そのため、アーモンドアイも普通に勝ってしまう気もしますが、中山芝はトリッキーなコースなので取りこぼす可能性もありそうです。


ヴェロックスが面白いと思っていたのですが、残念なことに13番枠。有馬記念はなんだかんだ内枠有利なので、内枠からフィエールマンを本命に選びました。


フィエールマンは凱旋門賞で大きく負けてしまい、勢いが落ちているタイミングです。ディープインパクト産駒は、鮮度のあるうちに買うべきではありますが、前走から間隔を開けていること、凱旋門賞ではほとんど競馬をしていないことから、ダメージが回復している方にかけました。牝系がニジンスキー系のディープインパクト産駒であり、瞬発力で勝負するタイプではないため、アルアインのように競走寿命は長目になると見ています。


◆過去の予想

2018 ◎モズカッチャン 8着 4番人気

2017 ◎サトノクラウン 13 4番人気

2016 ◎サトノダイヤモンド 1 1番人気

2015 ◎サウンズオブアース 2 5番人気

2014 ◎ワンアンドオンリー 13 5番人気

2013 ◎アドマイヤラクティ 11 3番人気

2012 ◎オーシャンブルー 2 10番人気

2011 ◎オルフェーヴル 1 1番人気

2010 ◎ブエナビスタ 2 1番人気

菊花賞


◎ホウオウサーベル


◆本重賞の傾向

・瞬発型の馬は距離が持ちやすく、平坦型の馬ほど距離が持ちにくい。

・前に行かないと勝負にならないレースで、距離が伸びても積極的に先行している馬が良い。

・美浦調教馬は不振。

・内枠有利。

・高速馬場の場合は、芝1800m以下の重賞で連対実績のある馬が良い。

・タフな馬場の場合、古馬混合の芝2200m以上で勝利実績のある馬が穴を開ける。


◆血統傾向

・高速馬場の場合、ミスプロ系、米国型ノーザンダンサー系

・タフな馬場の場合、ロベルト系、ニジンスキー系、サドラーズウェルズ系


◆考察

三冠レース最後の一戦である菊花賞。2015年から五年連続でダービー馬が不在ですが、今年は皐月賞馬も不在で、小粒な印象です。


まず距離の話から。菊花賞といえば、必ず話題にあがるのが「距離が持つかどうか?」という話。世間では見分け方が広まっていないようですが、ラップギアを使えば意外と簡単に見分けられます。ラップギアの瞬発型の馬は距離が持ちやすく、平坦型の馬は距離が持ちにくいです。人気馬の中ではヴェロックスは問題ないでしょうが、ニシノデイジーは危なそうです。


もう一つのポイントは位置取り。菊花賞は4コーナーで前にいないと勝負にならないレースで、直線での瞬発力だけでは勝ちきれません。距離不安のある人気馬は後方に控える傾向にありますが、それでは届かず、距離が伸びても積極的な競馬をすることが重要です。そういう意味で、ワールドプレミアは危険な人気馬と考えています。


他には傾向というか輸送の問題なのですが、秋華賞と同様に美浦調教馬は不振なレースです。一時期、国枝厩舎が栗東留学といってG1の前にアパパネを栗東で調教していましたが、非常に理にかなっているなと思います。今年は美浦所属馬は美浦調教のため割引きですね。


また、近年は凡走からの巻き返しが難しいレースになっています。トライアルを瞬発力勝負でチョイ負けして本番で巻き返すというのは近年でもありますが、負け過ぎはダメなようです。


これだけでもだいぶ絞れますが、見逃せないのは内枠有利の傾向です。長距離でコーナーを何回もまわるので、距離ロスの大きい外枠は厳しいようです。


最後は馬場状態が重要です。上がりのかかるタフなレースになると芝2200mでの実績が重要ですし、高速馬場だと芝1800mでの実績が重要になります。また、馬場によって血統傾向も変わってきます。秋華賞を見る限り、今の京都はタフな馬場になっているようです。


本命は、減点材料があるもののホウオウサーベル。今年はタフな馬場なので阿賀野川特別を圧勝したこの馬にマッチしそうです。ヴェロックスは強敵ですが、いい勝負を期待します。


◆過去の予想

2018年◎エポカドーロ 8着 3番人気

2017 ◎マイネルヴンシュ 4 11番人気

2016 ◎ジュンヴァルカン 10 8番人気

2015 ◎スティーグリッツ 11 4番人気

2014 ◎ハギノハイブリット 12 8番人気

2013 ◎ケイアイチョウサン 5 7番人気

2012 ◎フェデラルホール 8 4番人気

2011 ◎フェイトフルウォー 7 4番人気

2010 ◎ビッグウィーク 1 7番人気

宝塚記念


◎スティッフェリオ


◆ポイント

・上がりのかかるレースで、好走時の平均上がりタイムは35秒を超える

・瞬発力だけでなく持続力のある馬(ラップギア適性は、瞬発平坦両用馬が良い)

・天皇賞春を人気で凡走した馬が巻き返す

・牝馬が好成績

・前走芝2400m以下で先行していた馬が穴を開ける


◆血統傾向

・クラシック未勝利のディープインパクト産駒が穴を開ける。特に牝馬。

・ステイゴールド産駒は好成績

・トニービンの血を持つ馬も好成績


◆考察

宝塚記念はこのレースがG1初制覇となる馬が多く、他のレースとは性質の異なる異色のG1です。具体的に何が違うかというと、上がりタイムの遅さ。3着以内馬の平均上がりタイムが35秒を超えるレースで、とにかく遅い。スピード勝負になりにくく、パワーが大事です。


出走する馬の3着以内での平均上がりタイムは以下の通り。


3着以内時の平均上がりタイム

リスグラシュー 33.9

マカヒキ 34.1

スワーヴリャード  34.2

ショウナンバッハ 34.2

エタリオウ 34.5  620

----------------------------------------

レイデオロ 34.7

アルアイン 34.7

キセキ  34.8

タツゴウゲキ  34.9

ノーブルマーズ 35.1

スティッフェリオ 35.4

クリンチャー 36.7  220


クラシック未勝利のディープインパクト産駒は残念ながら出走馬にはいません。また、牝馬のリスグラシューも上がりの早いレースで結果を残しており、ここは不向きと思われます。


人気場の中ではスワーヴリャード 、エタリオウが早い上がりのレース向きで、このレースには不向きに思います。


好走時の平均上がりタイムが遅くこのレース向きなのは、レイデオロ、アルアイン、キセキ、タツゴウゲキ、ノーブルマーズ、スティッフェリオ、クリンチャーの7頭です。


次に重要なファクターはラップギア適性。宝塚記念は瞬発力だけでなく持続力が問われるレースで、ラップギアで平坦型、瞬発平坦両用型に向くレースです。7頭のラップギア適性値は以下の通りです。


◯ラップギア適性値

キセキ 430

アルアイン 440

タツゴウゲキ 330

クリンチャー 220

レイデオロ 441

ノーブルマーズ 461

スティッフェリオ 280


一年ぶりのレースとなるタツゴウゲキはさすがに厳しいですが、残りの6頭は対応できそうです。


昨年は評価を下げたキセキですが、4歳秋から安定しており、ジャパンカップ、大阪杯では本命にしました。グランプリ血統ではないので中心視はできませんが、抑えておく必要はあるでしょう。


アルアイン、レイデオロも対応できると思いますが、狙ってみたいのはスティッフェリオ。父ステイゴールド×母父ムトトでこのレースは合いそう。とにかく荒れるレースですので、思い切って狙っていきます。


◆過去の予想

2018 ◎ダンビュライト 5 5番人気

2017 ◎サトノクラウン  1 3番人気

2016 ◎アンビシャス 16 3番人気

2015 ◎ラキシス 8 2番人気

2014 ◎ホッコーブレーヴ 8 5番人気

2013 ◎ゴールドシップ 1 2番人気

2012 ◎トゥザグローリー 12 5番人気

2011 ◎トゥザグローリー 13 4番人気

2010 ◎アーネストリー 3 3番人気

2009 不明

2008 ◎アルナスライン 10 3番人気

2007 ◎メイショウサムソン 2 2番人気