sarisari

sarisari

好きなものを思い出す

週末の4分の1くらいはお花のことを考えています。

平日の3分の1くらいはシステムやさんで過ごしています。

昔は週に一回くらいはラーメンを食べていました。

今は3ヶ月くらい前に食べたかむくらが最後です。きっと。


シンプルに生きることが目標です。

島が好きなんだな。

どうしても。



この海と空の青と、深緑のバランスがたまんない。

一人目が小さかった頃

365日家にいない

いてもイライラして、怒られてばかり。

今思うとよく私壊れなかったなと感心する。


2歳児を保育園から連れて帰って、

夕飯を食べてるときにふと気づいた

「帰宅してから一言も言葉を発していない」

子供じゃなくて私が。

あのときの罪悪感と絶望感が忘れられない。


自分が壊れそうなことを隠して、実家に頼るとこともあったけど、

今思えば隠しきれてなかったのかもしれない。


コロナ禍と、私の度重なる訴えが重なって

今では家にいるし、だいぶ関与してくれるようになったけど

その結果として、「義母に負担かけ過ぎでは?義母をおざなりにしてるのでは?」

と言われるのは全く納得がいかない。


あなたの私に対する仕打ちは何だったのか。

いくら変わったという事実を積み重ねても、この気持ちは変わらないと思う



人生の数々のそれで、医者と知り合いになるタイミングとか、芸能界に足を踏み入れるタイミングあったかなーって考えたけど


あーあのときかなって思うけど

まーしゃーないなって気づくよね。


そのとき興味なかったのが事実だし

今日は社外のインタビューだと言うのに

余命10年がKindleUnlimitedにあるの見つけてしまい、正々堂々夜ふかしした。

主演二人の顔を浮かべつつ。

寝付くときには目が腫れていた(この時点ではインタビューのことすっかり忘れてた)


ティザーサイトの「間違ってなかったよね」は、私が思っていたのと違う決断だった。


生にしがみつきたくないという気持ちをあんなに強く持てるかな。

そこまで愛し愛される人と、出会いたかった。





ひたすらテレビやTwitterを追いかけるのではなく、

いつか会えるかもしれないから見た目はちゃんとするし

いつか家に来るかもしれないから部屋をキレイにするし

いつか褒められるかもしれないから仕事頑張る


(いや、いつか、は、ない)