子供の声を聞いて、親子の縁を結び直しクローバー

案内人の豊中彩帆里です。

 

 

 

支援計画を立てる上で

「インシデントプロセス法」というのがあります。

 

インシデント・プロセスは事例研究法(ケース・スタディ)の一種で、マサチューセッツ工科大学のピコーズ教授が提唱しました。

参加者には、始めに発端となる小さな出来事(インシデント)しか提示されません。受講者は講師に質問することによって、その出来事の背景や、原因となる情報を収集し、それに基づいて問題を分析し、対策を考えていきます。

通常のケース・スタディでは、あらかじめ事件・出来事の全容を印刷したもの(またはビデオなど)が提示されますが、インシデント・プロセスのやり方では、情報を収集しながら問題を解明していくプロセスに重点が置かれるのが特徴です。  

 

 

このところ障害児の研修でよく

この技法に出会います。

 

この方法は

解決策が出づらい場合もありますが

質問形式なので

事実を主観を入れないで

把握できるという点では

私はいい技法だと思います。

 

 

ただ。。

これを職場で話した時に

出てきたのは

 

「質問された時に

答えられなかったら

”私ができていないと思う”。」

という言葉。

 

いやいや馬鹿じゃないの。

 

 

誰も責めてないし

わからないことは

「分からない」

答えられないことは

「答えられません。」

と言っていいと言っても

 

そう思うみたい。。

 

 

私はその意味がわからない。

 

だって事実を把握することが

ケースの中で大事で

それを放棄しているということでしょ。

 

 

色眼鏡をかけないで

子どもを見れるようにならないと

事実は見えてこない。 

 

私はそう思うんだよね。

 

 

そしてこの発言はさ

その発言した職場の子の

自己肯定感の低さがなせることだわ。

 

 

私は私でいい。

 

なんでそれがダメなのかな???

 

 

 

現場の保育士が

根底で自己肯定感がということは

それが接する子ども達に伝わると思う。

 

 

自己肯定感の低い人が

子どもに

「あなたはあなたでいいんだよ。」

とは言ってあげられないよね。

 

自分に言ってあげられないんだから。

 

 

そこんとかわかるかな???

 

 

 

 

できたら親となる前に

自己肯定感を上げていくことを

私はおススメします。

 

 

子どもや夫との関係を通して

自己肯定感は変化するし

 

その中で基盤がないと

”ここぞ!”というときに

あげられないからです。

 

 

私が私でいい。

だって私の人生だもん。

 

そう思えるようになりましょう。

 

 

 

人気記事 ・ADHDの子供の親に私が言った言葉、「きちんとして」「なんでできない」は親のエゴ
・発達障害の幼児、子供を見てなんぼ!診断が全てではない
・発達障害の子供の加配の意味。加配がつかないのにも意味がある
・子どもに発語がないのは、親の関わりに問題があるからなんですか?
・小学生の子供が宿題ができない理由を考えてみよう
 
コラム

 

 

毎日お風呂に入るように、エネルギーも調整し、笑顔の多い毎日にしましょう。

遠隔ヒーリングは、時間、場所、行動は制限されません。

 

<お子さんの取り扱い説明書を一緒に作りませんか>

親子安心セッション

 

親子一番人気!リピート率No1

≪親子/家族円満ヒーリング≫
右矢印詳しくはこちら  →*感想はこちら    

 

聴診器密かに人気

≪健康に特化したヒーリング≫
右矢印詳しくはこちら  →*感想はこちら

 

その他のヒーリングはこちらから


クリックお問い合わせ*お申込み
クリックHPはこちら

クリックtwitterはこちら

ポストメルマガやっています!登録はこちらから