もう小児病棟をやめるというときに
原因不明の発熱でやってきた親子。 
 
1人1人に丁寧に関わってた私。
辞めるというのもあったし、

何かほっとけなかった、というものあります。

 

 


部屋を訪れる度に、

親の不安を聞いたり雑談したり、

ママには慣れない入院生活の中で、

私が支えだったと思う。
 

 
検査入院して、3週間ぐらいして

小児がんであることが発覚。
 

 

私はその診断の1週間後ぐらいに

退職する予定でした。

 

  

最後にやめる挨拶をしたときに

 

「私を捨てるんですか」
と泣かれた記憶があります。
 
そのママにとって私が

”どれだけ心の支えになってたか”

ということを、

その言葉で知ることになりました。
 

 

後味が悪かった終わり方になったなぁと

振り返ると思うけど、

親子の幸せを願って私は病棟を去りました。
 
その心は届いていると思っています。

 

 

 


私は身近にいないけど
エネルギー的なサポートができないかな
そんなことを思った私の体験を踏まえて
親子/家族円満ヒーリング
作られています。

 

 

 

 

 

人気記事 ・ADHDの子供の親に私が言った言葉、「きちんとして」「なんでできない」は親のエゴ
・発達障害の幼児、子供を見てなんぼ!診断が全てではない
・発達障害の子供の加配の意味。加配がつかないのにも意味がある
・子どもに発語がないのは、親の関わりに問題があるからなんですか?
・小学生の子供が宿題ができない理由を考えてみよう
 
コラム

 

 

毎日お風呂に入るように、エネルギーも調整し、笑顔の多い毎日にしましょう。

遠隔ヒーリングは、時間、場所、行動は制限されません。

 

<お子さんの取り扱い説明書を一緒に作りませんか>

親子安心セッション

 

親子一番人気!リピート率No1

≪親子/家族円満ヒーリング≫
右矢印詳しくはこちら  →*感想はこちら    

 

聴診器密かに人気

≪健康に特化したヒーリング≫
右矢印詳しくはこちら  →*感想はこちら 

 

その他のヒーリングはこちらから


クリックお問い合わせ*お申込み
クリックHPはこちら

クリックtwitterはこちら

ポストメルマガやっています!登録はこちらから