『社長の一文』
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

自然はいつも通り何ら変化がないのに…

 

 

信州伊那は4月下旬を迎えて例年通りに中央アルプスの頂きには薄らと残雪が見られます。

また広大な農地には牧草が青くなり始めてトラクターが農作業を開始しています。

一見、例年と何ら変わらない風景に見えます。

なのに世の中は新型コロナ感染症の拡大で大変な事態になっています…

伊那市内でもテイクアウトやデリバリを開始した飲食店への協力で製造業各社が昼食お弁当を手配するようになりました。

当社でも来週から利用させて頂こうと準備中です。

免疫力を高めるためには食物繊維とオリゴ糖を摂取するのが効果的だそうです。

信州は伝統的に食物繊維をたっぷり含む寒天の産地であります。

これを機会に食物繊維を摂取する習慣を強化しようと個人的に考えています。

家と会社の往復で完全閉じこもりの鬼になっていますが、今暫くは、これで頑張らねばと思う今日この頃です。

 

 

 

 

中部パックは中止となりました。

新型コロナウィルスの影響で4月22日から予定されていた中部パックが中止となった模様です。オリンピックも延期の話が本格的になっている昨今ですからある意味当然と思います。

 

新卒者向けの採用試験もどう対応したら良いのか、、、色々と困惑している次第です。若干コロナ疲れとでも言ったらいいのか本当に困ったものです。もう何だかんだ3ヶ月に及んでいるので結構長期化していると言えると思います。

 

予防策のマニュアルが講じられていますが、早寝早起きでたっぷりと睡眠を確保して栄養を摂って免疫力を維持することも大切だと思います。

 

この3ヶ月で規則正しい生活習慣になっている自分がいます。

昨晩、山が白くなりました。

今週は肌寒い日が続いていました。

特に昨晩は信州伊那は結構冷え込み増した。

山の標高1000m以上は薄らと白くなり白い雲と一緒になって青空を引き立てています。

春の足音も聞こえて今日はいいお天気の一日になりそうです。

 

三ヶ月ぶり。

11月28日以来の約3ヶ月振りになりました。

 

年末年始から時間が加速したまま2月も終了しそうで唖然としています。

最近は新型コロナウィルスの関連ニュースで多少パニック気味に感じてしまいます。

とにかく早期の収束を願うばかりです。

 

食品パッケージは食品を衛生的に密封して消費者にお届けする役割の一端を担っています。

そんな重要な責任を改めて意識して、より高品質なパッケージ作りに努力をしたいと思います。

 

それにしても最近は小ロット化がより進んで参りました。

このままでは従来のグラビア印刷機での対応は採算的に早晩限界が来るのは明白です。

そこで予てより検討していたデジタル印刷機の導入検討を加速したいと考えています。

 

4月からは第60期となります。

一つの節目として新たな挑戦の開始です!

 

久し振りでした。

今月もあと2日、、

何だかんだ今月もあと2日で終了していよいよ12月を迎えます。

先日、スタッドレスタイヤの交換に行きましたら、「それにしても最近はひどい、リーマンショックの時より落ち込みが大きく来年はどうなるやら、、」と耳にしました。

働き方改革で残業が減り個人レベルでは収入が減り、休日数が増えて社会全体では生産性改革も道半ばモノの生産量が減り、、消費税アップがジワジワ効いて経済が上向く要素が見当たらない状況です。

当業界ではフードロスの削減活動が本格化しコンビニも品切れでも補充がない状況に少し慣れつつあります。その分包装資材の需要も減少していると言われいます。

来年はオリンピックの反動も怖いし、、

こんな時はどうすればいいのか?

政府の無策や桜を見る会への不満を言っていても仕方ないと思います。

ただ一つ

環境に配慮した製品づくりに邁進して取引先ユーザーの皆様の役に立つことを愚直にコツコツと続ける、、これしかない。そして営業マンは移動時間を最新の機器を駆使して訪問の準備と面談後の取りまとめを行うように有効に活用するべきなのでしょう。それを続けるしかない。

皆んなが大変な時代になりつつあるけど前向きにピンチをチャンスに変えたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プラスチック・スマートキャンペーン

環境省が推進している「プラスチック・スマートキャンペーン」に三洋グラビアが登録が完了となりまして取組み企業例として紹介されました。

 

これまで特許を取得した水性グラビアインキと油性グラビアインキの併用によるVOC低減を実現するハイブリッドグラビア印刷による環境に配慮した製造技術やVOCを燃料化して自家発電と排熱ボイラーでエネルギー回収のシステム稼働(マイクロガスタービン)、太陽光発電…など環境には色々と取り組んで参りました。

 

今回はバイオマス樹脂やバイオマスインキによるパッケージ製造や薄肉化の実現、23年前から社員とその家族による天竜川水域の清掃活動などが認められまして少し嬉しい気持ちです。

 

まだまだ知らない人が多いので、是非、多くの人々にこの環境省の取組みを知って欲しいと思います。

是非、ごらんくださいませ。

 

http://plastics-smart.env.go.jp/

 

石油の話…

石油は何からどうやって出来たのか…?

 

生物が起源の「有機起源説」と炭化水素が起源の「無機起源説」(マグマ起源説)の二つがあるそうです。

どちらが正しいのか・・・」まだハッキリしていないのだそうですが、先週だったかイランで巨大な油田が発見され埋蔵量が世界第4位のイランの埋蔵量が30%以上も増えると報道されていました。昔、自分が学生だった頃(40年以上前)には30年先には石油はなくなる・・・枯渇資源なのだ!とよく聞かされましたが、最近はアメリカのシェールガスの登場もあり、どんどん埋蔵量が増えている状況にあります。

 

最近は私の周辺でも石油ってどんな風に地中に埋まっていてどのように採掘しているんだろうね・・・と言う話をちょくちょく耳にするようになりました。

 

もしも「無機起源説」が正しくて、”りゅうぐう”から「はやぶさ2号」が採取した岩石に含まれる炭素をはじめとする各種の物質にそれを証明するようなものが含まれていたら・・・地球の中心に近いマントル周辺から地表に石油が染み出ているような状況であれば・・・もしもだけと・・・環境問題や多くの問題が急激に解決の方向に向かうのに・・・なんて妄想しています。

 

それに「有機起源説」であっても、石油ができるのに数億年・・・?かかるのでしょうが、もしかすると今も尚、地球は石油を現在進行形で有機を起源に作っているとも言えるような気がして・・・

 

とにかく、ちゃんと石油のことを知りたいものです。

 

 

 

 

秋が深まる。

いよいよ秋本番、紅葉がそれなりにキレイです。

最近、DX デジタルトランスフォーメーションって色んなところで耳にします。なんでDTじゃないのか、、ようやく分かりましたが、着いて行けるか不安です。

ようやくIpadを配備してCybozuでスケジュール管理を中心にプロジェクトや製品在庫管理、デザイン、版下の管理が出来るようになったばかりなのに、今度はDX、、、まずはデザイナーが移動することなく、クライアントと打ち合わせが出来るようにしたいと思います。


初霜かな?

今朝、信州伊那は気温が3℃でした。
霜が降りてました。会社近くの信州伊那国際ゴルフ倶楽部のコースも早朝はグリーンが白くなっていました。もう早朝スタートは厳しいでしょうね。9時過ぎれば日差しも強くなり、気持ちの良い大気を胸一杯に吸い込めます。
正に「さわやか信州」の季節到来です!


天気予報って

最近、天気予報をインターネットでみる機会が増えました。色んな情報がありますが気象庁の情報が振り替えるとやはり精度が高いと思います。

気象庁天気予報 伊那市 で検索したら十分に正確な情報が得られて助かりました。

屋外スポーツやアウトドアのレジャーのためにピンポイントで調べると蹟から確認すると、キャンセルを避ける意向があるのか、、甘めに予報されているような印象を受けます。

この前の週末に台風の雨の影響で伊那と木曽を結ぶ権米トンネルの橋脚が流されて、少なくとも年内は通行止めらしいです。

木曽まで30~40分で行けたのに塩尻経由で90分以上掛かります。秋の行楽シーズンなのに地元の経済活動や市民生活に木曽エリアは大きな影響があるのではと心配です。








1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>