sanroku21のブログ

sanroku21のブログ

東京育ちの叔父さんが、冬は東南アジアで、夏は高原の街で、田舎暮らしを楽しんでいます。金は無くても幸せに生きている・・・?な毎日です


テーマ:

創作を仕事としている者は

心のどこかに、アンテナを張って

美しいものを、いつも探している

 

そして、それは、いつでも暮らしの中に

あるのだ・・・。

 

朝露を溜めた野アザミの花であり

 

団栗の実のかじったモモンガの歯の跡であり

 

林に散る柿の葉の色であり

 

倒木の苔の緑であり

 

窓辺に置いたラ・フランスの薄みどりであり・・・

 

日々の移ろいの中に、美しいものを

見つける喜びを誰に告げようか・・・。

 

老人と呼ばれる歳になったが

富士山麓の暮らしを幸せと思う・・・。

 

 

 


テーマ:

中秋の名月が過ぎ

 

雨が上がると・・・・富士山に

 

うっすらと雪がありました。

 

たちまちに、季節は移ろっていきます。

 

夏の間、天気の良い朝は、庭で食事をしていました。

 

そんな、ささやかな暮らしでも、心は安らぐものです。

 

近所の農家から、季節の野菜を戴いて

テーブルは、豊かです。

 

ありがとう・・・の毎日です。

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

金木犀の香が庭に広がり

 

林の中には、山椒の実が熟し

紫苑が咲き

 

貴船菊が咲き

 

栗を拾い

 

栗おこわを楽しみ

 

里山の秋に

 

アート展も好評で

 

私の作品、桜の訪問着 です。

クルーズ用のパーティの着物です。

 

次は、御殿場市民文化展 の準備です。

 


テーマ:

今年、最強の台風が襲ってきそうです

 

 

越中 八尾の風の盆は、台風が来ないように祈る、盆踊りです。

 

 

何年か前に、風の盆 に訪れた事があります。

胡弓と三味線の音色が夜の坂道に流れ、

それに合わせて、踊る舞手の指先の美しさに、酔ったものです。

 

俳句  人波の去りそれからの風の盆

 

私の父も、風の盆に魅せられた一人です

八尾で買った、ビデオを何度も何度も、見ていました。

 

父が亡くなった葬儀の折り、 出棺を前に、そのビデオを

流しました。

 

俳句  出棺の父に聴かせる風の盆

 

八月のお盆には、郡上踊り がありました

下駄の音を響かせながら、盆踊りの辻に

人が集まっていきます。

 

夜通し踊る その中に、外国人もいました。

 

俳句  春駒や郡上踊りの異邦人  (春駒は踊りの曲名です)

 

大分では、小さな島 姫島 で きつね踊りがあります

子供達だけで、狐に扮した 盆踊りは それはもう 可愛くて・・・。

 

俳句 子狐の踊る小島の盂蘭盆会

 

日本各地で夏に開かれる、盆踊りや夏祭り・・・

 

俳句  ねぶた引く街へ青春切符かな

ねぶた祭りの句です

 

酷暑の続いた今年の夏

それでも、御殿場では、秋の気配がしてきました。

 

明日の嵐での被害が、少しでも少ない事を祈ります。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス