覚醒のプロセス,受難と覚醒,悟りの境地

今日は、『覚醒のプロセス』というもの
を語ってみようと思います。



ただし、最初に断っておきますが

これは、僕自身の個人的体験をまとめた
ものであって、あくまで『一例』として
参考にして頂けたらと思います。



人にはそれぞれの『目覚め方』があって、

『道は一つしかない』という誤解は
『目覚め』を難しいものにしてしまう
と考えています。



まず、この記事を、興味を持って
読んでいる方、そういう方は、

『入り口に立っている人』

だと言えます。



『創造のプロセス』でも語りましたが、

参考記事:
引き寄せの法則における創造のプロセスとは? モチベーションとは努力なしに努力を達成すること



『目覚めたい』という欲求が生まれること、


それは、『覚醒』というものにフォーカスを
向けることであり、フォーカスを向けると
同時に『創造』は起こります。



『現象の必然』という観点で考えると、

『覚醒』を体験しない人の人生には、
そもそも『覚醒したい』なんて
欲求は現れるはずがないのです。


何かの欲求が生まれると同時に、
それが満たされる未来は、可能性の
一つとして確実に現実化するのです。



欲求がすべて叶う(現実化する)
わけではないのも確かですが、


それは、現実化する前に、
自分自身でその欲求を消してしまう、

もしくは、他のもっと大きな欲求を
生み出してしまうからです。



僕自身も、カルマの燃焼に苦しんでいる最中、


それまで考えたこともなかったのに、
まず、『悟りたい』という欲求が生まれ、

次いで、『自我を失くしてしまいたい』
という欲求が生まれました。


参考記事:
引き寄せの法則に振り回されて闇堕ちしたリアルな実話【失敗すると危険?!】



そして、『目覚め』『悟り』
どういうものかはわからないままに、

自分はそこに到達するのだろう

という根拠のない確信めいたものがありました。


欲求というものは、必然性がなければ
生まれない
、ということを知っていたからです。



もう一つ、僕自身が感じていたこととしては、


エイブラハム・ヒックスの『引き寄せの法則』



を初めとして、

ディーパック・チョプラ『迷ったときは運命を信じなさい』




ラルフ・ウォルドー・トライン『人生の扉を開く万能の鍵』




ディヴィッド・ホーキンズ『パワーか、フォースか』




ナポレオン・ヒル『思考は現実化する』




そして、『新約聖書』




当時、読み漁っていた本の数々ですが、

どの書籍をとってみても、この世界の
『真理』が語られているものばかりです。



こうした書籍から学び、

自分は『真理』に近づいている

という確かな実感と同時に、


自分自身の状況の悪化、苦悩の増大
という、相反する現象を経験していたのです。



そのことに気づいたとき、

自分がたどり着こうとしているのが、
『高み』であるという確信が芽生えたのです。



得るものが大きいからこそ、
そのために支払う対価も大きいのです。


障害・受難・苦悩が大きいということは、
自分が得るものの大きさを証明している
のです。




まずは、『覚醒』というものに興味があって、

これが、自分が人生の中で求めてきた答えだ

と感じている人は、そう思えた時点で、

自分は必ず『目覚め』の実感
持つのだと考えてみてください。


それを『当たり前に思う』ことを
自分自身に許す、のです。



自分が自分に許可を与えた欲求は実現し、
許可を与えず、抵抗した欲求は実現しない
のです。


これは、自然の摂理、この宇宙のルールです。



『目覚め』ではなく『実感』という
ところもポイントです。



誰もが『目覚め』ているのに、
その『実感』を持てていないだけなのです。




ここまでのことは『心構え』として
知っておくべき知識です。


知識は必ずしも必要ではありませんが、
あった方がものごとはスムーズに進みます。


ただ、『こうあるべき』というような、
硬直した知識、制限を作るような知識は無用です。



『知識』というのもまた、自分を縛るために
あるものではなく、自分を解放するための
ものだと自覚しておいてください。




そしてここからは、『覚醒』のための
実践的な準備について語ります。


『目覚め』は起こすことではなく、
起こることなので、自分自身の意志で
トリガー(引き金)を引くことはできません。


『準備が整っている人』に、自然の
ルールに従って『起こる』こと
なのです。



まずは、日常生活の中で、
自分が『目覚めている瞬間』
ことを自覚する、という訓練です。


『覚醒』しているというのは、

現実をあるがままに認識している

ということです。



言い換えると、

無我の体験

意識の主導権が潜在意識に移る


ということです。



これは以前の記事でも語りました。


参考記事:
瞑想によって無我の境地を体験する方法 すでにある当たり前に気づくこと


参考記事:
あなたは無我を知っている 自我を離れた無我の視点とは?



動物や赤子のように
ものごとをとらえてみる、

自分の生命活動など
当たり前の奇跡を実感する、

自分自身の感情と一体化する、

瞑想する、

心から好きなことに没頭する
(無我夢中になる)、



といったことを
日常の習慣に採り入れてみましょう。


定着するまではしっかり意識して、

習慣となり、自分の一部となるまで
繰り返していきましょう。


どういうものか理解できなくても、

そこに意識を向け、絶えずフォーカス
し続けていくだけでOKです。


フォーカスというのは、向けるだけで
そこに現実化のエネルギーを与えます。


『どのように』ではなく『なに』
向けるというのがポイントです。


『どのように』にフォーカスを向けると、
手段(プロセス)にエネルギーを与え、


『なに』にフォーカスを向ければ、
結果(実現)にエネルギーを与えます。





そして、もう一つは、


思考の枠を外す、

思考を自由に乗りこなす、



という訓練です。



自分でも知らないうちに縛られている、

常識・観念から解放され、自分の思考を
自由にする
、という訓練です。


これは、強く意識しないとできません。


今までの人生で刷り込まれた洗脳を
自分の意志で解いていく、という
感覚で臨む必要があります。



たとえば、あなたが、

『誰にも理解されずに死んでいく
 人生なんて価値がない』


と思っているのなら、


『本当にそうなのか?』

と批判的な視点で考えてみたり、



自分の信念・価値観の外に出てみること、

極端なことをあえて考えてみること、



たとえば、

余命3ヶ月と宣告されたら
自分はどうするのか?


ということを本気で考えてみたり、



自分の中のタブーを
冒すことを考えてみる、


ということです。



こういうことは、『自覚』した上で、
訓練していかないと、なかなか難しいです。


ですが、習慣のメカニズムに基づいて、
訓練すれば必ず慣れる、と言えます。



僕自身のことで言えば、

カルマの燃焼が始まる
数ヶ月前の時点で、

生と死という思考の枠は外れ、

『自分自身の死』への恐怖・不安

というものはなくなっていました。



ランディ・パウシュ教授のことを知って、
自分の死と向き合ってみた経験があったからです。


ですが、これも人によると思います。

僕にとっては、『生』への執着は
自分の中で最も大きなものでは
なかったということなんでしょうね。


その代わりに、『自我』への
執着は相当に大きかったです。



思考の枠を自由に外したりつけたり
出来るということは、自分の視点、

『抽象度』を自由に切り替えられる
ようになる
、ということです。


抽象度のコントロールは、
インスピレーションを受け取るために
受信感度を上げること、に当たります。


自分の枠の外(受信可能領域外)
の信号は拾うことができない、
ということですね。



書きながら気づきましたが、

右脳系の人は
もともと左脳に対して優位なので、

左脳の生み出す思考に、
あまり邪魔されずに受信できる、
ということなんですかね。


僕の場合は、左脳を制御して
受信感度を上げてる、ってかんじですね。



そして、最後の一つは、

感情のコントロールの訓練です。


これに関しては
この記事を参考にしてみてください。


参考記事:
心の感度を上げる 潜在意識の望みを知るためのオススメのクリアリングメソッド



長々と書いてきましたが、まとめると、


『覚醒』のための準備としては、


無我を知り、
日常的に実感をもつ

思考の枠を外す
(抽象度のコントロール)

感情をコントロールする
(心の感度を上げる)



といったスキルを磨く、
ということです。


こうしてみると、

自己啓発に長けた優秀なビジネスマンや、
優れたスポーツ選手、宗教家、その他、

『人格に優れた』と表現される人たち、
世にいう『成功者』と呼ばれる人たちが、

『準備の整った人』にカテゴライズ
されるのが、よくわかると思います。



ただ、自分ひとりで『覚醒』
準備を整えるのって結構大変です。


手っ取り早いのは師匠を見つけて、
しっかり指導してもらうことです。


昔ながらの『悟り』のための修行も、
師についてみっちりと習慣の書き換え
を行っていくわけですからね。


まあでも、道理に基づいたことを
行っていけば、誰でもたどり着けること

という認識だけは
強く持って頂けたらと思います。



ブログランキング参加中!

この記事を読んで、役に立った、
気に入ったという方は、

ぜひ、クリックをお願いします^ー^

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ





【公式YouTubeチャンネル】
左脳系スピリチュアルチャンネル


こちらからチャンネル登録
お待ちしています(*´Д`*)b


【自己の本質覚醒プログラム】
尽きないモチベーションを手に入れる禁断の自己変革プログラムを期間限定公開中!

この画像をクリックしてください。



【サトリの著作一覧はこちら】
https://amzn.to/2ob20aC

AmazonKindleアプリにて
『読み放題』で読めます^ー^