【サトリの著作一覧はこちら】
http://amzn.to/2ob20aC

AmazonKindleアプリにて『読み放題』で読めます^ー^



※この記事は、2011年5月29日に、
旧ブログにて公開したものです。


何かのオファーや提案を受けて、即答できない時、
『考えてみます』という言葉をよく使います。


口にする言葉には現れませんが、多くの場合、
『考えてみます』の前に、ある言葉が隠れています。



それは、

『できない理由を』

という言葉です。



これは、無意識にはたらくものですが、
即答できずに、『考えてみます』と答えると、

自分の心の中では、マイナス思考とプラス思考
が戦って、ムダに決断のための時間と
エネルギーをとられてしまいます。




なので、自分の発想になかった提案やオファーを
受けた時は、まず、心の中でYesと答えてみる
という習慣をつけてみてはどうでしょう?



口に出して即答しなくてもいいし、
言葉としては同じ『考えてみます』でも
いいのですが、あえて意識して、

『(Yesとして)考えてみます』

と答えてみるのです。



考えもしなかったこと、絶対ムリと思うようなこと、
不可能だと思うようなこと、


そういうときこそ、あえて心の中で
Yesと答えてみるのです。




Yesの前提で考え始めれば、
見えなかったものが見えてきます。


不可能に思えたものの中に、可能性の芽を
見つけ出そうと、潜在意識がサーチし始めます。



そして、『不可能』は単に、自分自身の思考の枠、
思考の限界が勝手につくりだした幻想だと気づきます。



心理的・感情的な抵抗がある事柄の場合にこそ、
その効果は絶大だといえます。



心に抵抗を感じた時、まず、何も考えず、
ただ心の中でYesと言ってみること。



これは、自分の可能性の枠を広げるための
第一歩となる習慣です。



今、この瞬間から是非とも実行してみる
ことをお薦めします。




※電子書籍を先着20名さまに無料プレゼント!

AI:人工知能の時代に
【スピリチュアル法則と
 情報発信で豊かに成功する方法】


サイバー空間でアファメーションすれば、思う通りの現実が自由に引き寄せられます。
 
これからのAI:人工知能の時代に【スピリチュアル法則】をどう活用すべきなのか?

こちらの記事をぜひ読んでみてください。

サイバー空間に設立した教育機関

テーマ:
この記事は、メールレクチャー内の 
『補講』として書いたものです。 
 
 
 
メールレクチャーは、2012年8月に 
書いて配信したセールスステップメール 
が原型になっています。 
 
 
このステップメールが一つのきっかけとなって、 
僕はその月、一気に収入を3倍以上に増やしました。 
 
 
それまでの最大月収は70万円ほどだったのに、 
月収100万円の壁を超えるどころか、 
(8月10日時点くらいで越えちゃってました) 
 
月収200万円の壁も同時に越えちゃったんです。 
 
 
そのくらい高いエネルギーをもった 
ステップメールだってことです。 
 
 
そのステップメールを改造して、 
2012年の10月より自動配信を始めたら、 
 
いきなり月収200万円超の自動化も実現しました。 
 
 
それから、定期的にメンテナンスを繰り返し、 
現在は、セールス目的というよりも、 
 
『教育』的な価値を上げた内容になってます。 
 
 
この『補講』も、そうした教育の一環として、 
新たに盛り込んだ内容になってます。 
 
 
 
一般的に認知されている意味での『セールス』、 
つまり、相手を心理誘導して何かを買わせる、 
 
ってことよりも、『教育』、必要な知識を与え、 
 
お金やビジネス、情報の扱い方について、 
じっくりと考えてもらい、自分の人生や、 
自分自身と向き合ってもらう機会をつくること、 
 
 
そういうことを優先した内容になっているから、 
僕のメールレクチャーは、リピート率が 
高いということも大きな特徴です。 
 
 
セールス目的のステップメールだったら、 
何度も繰り返し読もう、って気には 
あまりなりませんよね。 
 
 
でも、僕のメールレクチャーは、純粋に、 
『学ぶ』という目的のために、リピートし、 
 
マジメに受講してくれている人がたくさんいます。 
 
 
僕はこれを、ネット上に設置した 
『教育機関』だと思ってます。 
 
 
ってか、僕の場合、ネット上につくった 
しくみはすべて『教育機関』になってます。 
 
 
こういうモデルを構築することは、今後の 
業界において、一つの勝ちパターンに 
なっていくと思ってます。 
 
 
まあ、勝ち負けで判断してるワケじゃないんですが、 
わかりやすい言葉なのであえて使いました。 
 
 
今後は、教育者が時代を先導して 
いくようになっていきます。 
 

僕の経験とスキルを生かして、 
真っ当な『教育者』をどんどん 
輩出していきたいですね。




※これまでに2万人以上の方が受講してきた、『とてもわかりやすい!』と評判の無料メールレクチャーです。


他のビジネス系のメール講座が難しくて断念した方も安心。

『お金と心の関係』をじっくり丁寧に学んでいきながら、インターネットというものの【スピリチュアルな本質】への理解を深めていきます。

こちらの記事をぜひ読んでみてください。
【サトリの著作一覧はこちら】
http://amzn.to/2ob20aC

AmazonKindleアプリにて『読み放題』で読めます^ー^



※この記事は、2012年1月16日に、
旧ブログにて公開したものです。


『すべては必然』というテーマについては、
これまで、何度もこのブログで扱ってきました。



自分の中で『確信』もあって、何度も
言葉や表現を変えながら書き綴ってきましたが、

どうしても肝心な部分は『感覚的』
表現の域を脱せずにいました。



ですが、最近、ようやくすっきりと
腑に落ちてきた気がしています。




意識の世界での創造が、
現実世界のすべてを創造する。




これは、この宇宙の中で例外なく
通用する普遍的な『法則』なのです。




宇宙の誕生から、銀河系、太陽系、
そして地球の誕生、


その中で生命が生まれ、そして
進化を重ねて人類が生まれる。




時系列で追うことにあまり意味はないのですが、
とにかく、2012年現在、


あなたが認識する世界:現実というものは、

複雑に織り込まれた糸、関係性や縁と
呼ばれるつながりで構成され、

驚異的に緻密で、『調和』としか呼べない
ようなバランスをもって成り立っています。





人の人生というものは、『運命』と呼ばれる
見えない糸に導かれて展開していくものでしょうか?


ある意味では、これは正しいと言えます。




ただし、その『運命』というものは、
あなた自身がなす『選択』によって、

必然の流れとして織り上げられていくものです。





問題は、多くの人にとって、自分自身が
いま、この瞬間に何を選択しているのか?

それを自覚できていないことにあります。



『偶然』とは、『自覚』していないことが
原因で起こる、認識上の錯覚である
、と定義できます。




この世界に『偶然』など存在しないのです。


何かが、あなたのもとに偶然やってくる
なんてことはあり得ないのです。




すべての現象には『兆候』があり、
その根本には、自分の『選択』があります。




自分がしている『選択』に気づけず、
また、その『兆候』を認識できない人、


つまり、『無自覚』に生きる人の人生が、
『偶然性』という幻想に支配される


ということです。




現在、自分自身が身を置いている状況の
ことをじっくりと考えてみましょう。


その状況の中に、あなたの過去の選択が
まったく作用せずに存在していること、
起こっている現象は一つでもあるでしょうか??




『環境』というものに対しても、
認識を改める必要があります。




たとえば、あなたがいま東京に住んでいて、
一年前に大阪にいたとします。



あなたという人間が、大阪という場所から
東京という場所に移動した、と考えるのは、
古典物理学的な錯覚です。



あなたは、自分の意識の中での選択によって、

自分を取り囲む環境を、大阪と呼ばれる
空間から、東京と呼ばれる空間に変えた、


もしくは、あなたは自分自身の選択によって、
身の回りに東京という空間(環境)を現実化させた



というのが正しい認識、表現です。




あなたがどれだけ理不尽に思える、
他人からの対応、事故や災害といった
ものに出くわしたとしても、


そのタイミングで、その場所(環境)、
その状況を、あなたの周りに現実化させる
ことを選んだのは、あなた自身なのです。




これを聴いて、あなたはこれを、冷たく、
突き放したような考え方と感じるでしょうか?


それとも、すべての創造の自由が、

あなたのもとにあることを思い出す
きっかけとするのでしょうか?




大切なのは、あなたが選択しているものに
あなた自身が気づいている、ということです。


『自覚した意識』をもつこと、
『無知の壁』を超えること、です。




最近のメールコーチングで、『二択思考』
というものについて語りました。




現実で問題に出くわしたとき、人は
『無知』、つまり想像力の欠如から、

『二択』といった形で、選択の幅を
自分自身で制限してしまう傾向があります。




仕事と家族の予定がたまたま
バッティングしてしまっただけで、

『仕事をとるか、家族をとるか』


といった極端な選択を創ってしまうのです。




そして、想像力のないまま、中途半端な
覚悟をもって、片方を犠牲にすることを選びます。


そうやってなされた無数の『無自覚の選択』
やがて、思いもしないような、望まない現実を
創造していくことになるのです。



さらに、それを観て、

『自分はなんて不幸なんだ、不運なんだ』

『こんなことが起こるなんて』

『自分にはなんの落ち度もないのに』



と受け取ってしまうのです。




病気・健康上の問題も、人間関係のトラブルも、
金銭的なトラブルも、仕事上のトラブルも、


突発的な、偶発的な事故に思えるようなことも、



そんなことが、神や運命の気まぐれで
自分の人生に起こる、といった

救いのない考えを信じるのはもうやめにしましょう。




すべての現象は、独立した点として
現れるものではなく、

『関係性』に縁(よ)って起こるものです。



いま、この瞬間にあなたが選んでいることが、
あなたの未来、あなたの現実に、確かに
つながっているのです。




『知識』という理性の光に照らされ、
自らの選択を『自覚』することができたなら、


あなたの未来、あなたの人生は、
再びあなたの手の元に戻ってくるのです。




【引き寄せの法則のワナを暴くメール講座】

引き寄せの法則には、誰も教えていないワナがあります。
知らずに使っていると『恐ろしいこと』が待っています。

その『ワナ』を暴いていきましょう。

こちらの記事をぜひ読んでみてください。
世の中の多くの人は、ものごとの因果関係、 
 
どういうことを習慣的に繰り返せば、 
どういう結果を引き起こすのか? 
 
ということに疎いため、顕在意識的に、 
思い当たらないようなことが起こったとき、 
 
安易に『前世』『カルマ』、『占い』、 
目に見えない霊的なことに原因がある、 
 
という考え方をあっさり信じて、 
えせスピリチュアリストの言うことに 
ダマされてしまいやすい傾向にあります。 
 
 
こういう構図も結局のところは、 
 
『情報弱者』と、そういう人たちを 
カモにする詐欺師たち、 
 
ダマされたい人たちと、ダマしたい人たちとの 
『共依存』というパターンによって生まれています。 
 
 
何にしても、『情報リテラシー』を高める 
ことは、人生の質を上げるための、 
 
必須の命題だってことは確かですね。 
 
 
前世や占い、霊的なことに理由や原因を 
求めるよりも先に、きちんと目を開いて、 
 
過去の自分の習慣を振り返ってみる、 
ということの方が大事です。 
 
 
人生で自分の身に起こることは、 
無自覚にせよ、すべて、自分が過去の 
どこかで種をまいたことだ、ってことです。 
 
 
これを受け容れがたい人も多いと思いますが、 
受け容れることができたとき、初めて、 
自分の手の元に、人生の主導権が戻ってきます。




【左脳系スピリチュアル】を学びませんか?

オカルトや迷信と区別のつかない
ふわふわした理解ではなく、

【スピリチュアル:見えない世界】の法則を、
理性的に学んで人生に役立てる術を身につけませんか?

こちらの記事をぜひ読んでみてください。

【サトリの著作一覧はこちら】
http://amzn.to/2ob20aC

AmazonKindleアプリにて『読み放題』で読めます^ー^




※この記事は、2013年9月11日に、
旧ブログにて公開したものです。


ここでは、『情報リテラシーの高め方』について、
もっと具体的に言えば、

『ネットでダマされないための自己防衛術』

について語ろうと思います。


ネットに限らず、リアルにも当てはまるので、
ぜひ参考にしてもらえたらと思います。



まず、大前提として、

人は何か特定の『情報』を手に入れた
だけで成功するワケではない、


ということを知っておく必要があります。


『一日わずか5クリックするだけでお金持ちに』とか、
『即金で◯◯万円手に入る方法』とか、

『とてもうまい投資話』とか、
『雷に撃たれるのと同じ確率で3億円が当たります』とか、


何か、特別の情報を持ってるだけで、その人の
人生がプラスの方向に変わることはありません。


『情報』は、それを必要としていて、しかも、
その情報を使いこなす準備のできた人に届かないと、

一つの情報によって人生が大きく変わる、
なんてことはなかなか起こりようがありません。


今の時代は情報過多なので、そんなことが起こる確率を
考えたら、それこそ、『宝くじが当たる(雷に撃たれる)』
レベルの低確率、つまり、『基本、起こらないこと』です。


『基本、起こらないこと』を期待するのは、
奇跡を期待するのと同じで、それは宗教を
盲目的に信仰するのと同じです。


人生を本気で自分の望む通りに変えていこうとするなら、
そうではなく、もっと理性を働かせる必要がありますね。


情報教材、ネットで出会う情報は、何か『宝くじ』
的なことを期待するのではなく、自分の人生を
高めるため、そして自分自身を高めるための

『学びの材料』としてとらえる必要があるんです。



自分は引き寄せを実践してるから、他の人とは違い、
特別な『情報』が舞い込んでくるんだ、
というのは、

神頼みと同じで、まったく根拠はないので、
信じたい人は信じてもいいですが、信じる人は、
ダマす側にとってみれば、ホントに、

いい『カモ』以外のナニモノでもありません。



ただ、一昔前と違って、現状だと、あまりに
ブラックな『情報』系のコンテンツは売られてません。

よっぽどのことがない限り、『情報』系の教材を
購入して、まったく何の価値もなかった、って
ことは起こりにくくなってます。


でも、自分の人生を俯瞰した視点で、
それが必要か必要じゃないか、と言われたら、
そうじゃない場合もありますよね。


ビジネスをやるつもりの人が、投資系の
トレードテクニックを解説した教材を手に入れても、
直接役に立てることはできないので、

そのお金を別の教材に回した方がいいワケです。



ビジネスと投資だとわかりやすいですが、
同じビジネスの教材でも、いろんな種類のものが
出回っているので、その中で、あなたが、

人生の中で今のタイミングで手に入れるべき
ものなのかどうか、そこは結構判断を誤りやすい
ところだったりします。


実際、僕が観てきた人たちも、優先度というか、
お金を投じるべきところを間違っちゃってる
人がたくさんいました。


情報発信をしてる人のメルマガや、
セールスレターは、コピーライティングの
能力に優れた人が書いてるので、

読んでいくと、なんだかそれが自分にとって
必要なものだって思わされて、ついつい買っちゃう、


ってことが起こってしまうんです。



自己防衛術が身についてない人はそうやって、
他人の意見にゆらゆらと振り回されがちです。


お金がたくさんあって、ダマされてもイイや、
ってマインドで買うのならまだしも、

客観的に観て、

この人にとって、今、これは必要じゃないだろ、

とか、

今はもっと別のことに
力を入れるべきなんじゃないかな〜、


って思うようなところに、何十万も何百万も
お金を払ってしまってるケースもよく見ます。



こういうのは明らかに『投資マインド』が欠けてます。

『投資マインド』については、レクチャー
本編の方でたびたび解説しているので、
ここではあまり詳しくは説明しません。



学校教育の弊害でもあるんですが、何かを学ぶとき、

『それを何のために学ぶのか?』
『学ぶことを今後、何に役立てるのか?』


という視点が曖昧なまま踏み出してしまうと、
何ごともうまくいきません。


学ぶために『投資』するワケですが、
『投資』というのは、何よりもアタマを使って、

理性的にリスクとリターンをシミュレーション
した上で判断する必要があるんです。


何に役立つか、今のところわからないけど、
とにかく学んでおこう、
ってのも悪くはないですが、

それができるのは、時間とお金に余裕がある人です。


あなたがもし、今、お金や時間の余裕を
創り出せていない、という現実があるのなら、

まずは、それを実現することに直結することを
しっかり学ぶべきなんです。


なのに、『学びに投資』とか
『自己投資』とか『自分磨き』って
言葉の響きだけに酔っちゃって、

そこに投下した資金を、どうやって
回収するのか、という具体的なプランもなしに
踏み出してしまうのは、ちょっと短絡的ですよね。


そういう『投資マインド』の欠如が、
普段のお金遣いの行動に反映されます。


世の中のほとんどの人は、自分がどういう意図で、
どういうことにお金を使っているのか
を、
自分自身で自覚していません。


だから、お金回りが悪くなっちゃうんです。


お金というエネルギーを、流れの悪いところに
優先的に回してしまうから、入って来なくなるんです。



なので、まずは、自分のお金の使い方を
しっかりと見直す必要がありますね。


そして、『情報』の扱い方です。



まず、メルマガやセールスレターで、
『答えをあげますよ』系の発信をしている人には、

自分が何のためにその答えを求めているのかが
明確になってない人は、近づかない方がいいです。



方法を教えます、とかノウハウを提供します、
ってことを言ってる人ですね。


自分が何をやっていくべきなのか、が明確になっていて、
そのためにそのノウハウを学ぶことが必要、
って場合には、そこで購入した『情報』
有効に活用することができます。


でも、自分にその『情報』が必要かどうか、
きちんと判断できなかったり、確信をもてなかったり、

もしくは、それを買ってみて、もし期待通りじゃ
なかったとして、それはそれで、自分の選択
に後悔しないだろう、って思えないなら、

そこへの『投資』はやめておいた方がイイです。


自分で判断がつかないなら、人間的に信頼できて、
自分よりもその分野に詳しい人
に相談してみましょう。


人間的に信頼できない人には、

『そんなものよりもこっちを買え』って
その人にダマされる可能性もあるし、


自分よりも詳しくないか同じくらいの
知識レベルの人に相談しても、

そもそも情報として信用できる答えは返ってきません。



なので、自分が『情報弱者』だな、
って自覚が少しでもあるのなら、

『その分野において信頼できる人』

をつくっておくことが、
何よりも大事だったりします。


これって、ネットに限らず、
いろんなことに通用する考え方ですよね。



占いやお祓い、みたいなスピリチュアルにしても、
投資関係の話にしても医者にしても。


信頼できる人をつくることと、そして、その人が
どういう分野の専門家なのかを知っておくこと
が重要です。


健康のことをいろいろ相談できるメンターがいても、
その人が、ガチガチの西洋医学知識の専門家なら、

その人からの情報は、『西洋医学』という
フィルターがかかったもの、になっちゃうんです。



そういう人がまだ身近にいない、ってときに、
ネットで出会った情報をどう判断すればいいのか、

ってことにも指針を示しておきますね。



ネットで結果を出して成功している人は、
今の世の中、普通にたくさんいます。


でも、その中でも、きちんと自分のステージに
あった結果を出している人もいれば、背伸びして
若干グレーなこともやって、結果を水増しして
見せている人もいます。


まず、大切なのは、フラットな視点で
研究してみる、ってことです。


フラットな視点というのは、

『あの人はどうせ悪いことをしてる』
『あの人は能力的に優れてるから結果が出てる』
『あの人は自分にないものをもっている』


みたいなフィルター(バイアス)をかけずに、


『同じ人間のやってることなんだ』

という前提で、その人がどういうプロセスを経て、
成功するに到ったのか? 

そこをしっかり学びとってみる、ということです。


セールスレターなんかでは、

『何をやってもうまくいかなかった私が、
 ◯◯に出会った途端、結果を出せるように!』


みたいなことが書かれてますが、
それはあくまでセールストークに過ぎません。



成功する人、結果を出す人にはそれを実現できる
だけの『必然性』があって、今のその人があります。


メルマガやブログ、もしくは無料で配信されている
音声や動画など、ネット上にその人を知るための
材料はいくらで手に入るようになってます。


『情報弱者』と呼ばれる人たちは、誰かのことを
調べるときに、検索エンジンでその人の名前を入れて、

『他人の噂』を調べようとします。


でも、情報感度の高い人、リテラシーのある人は、
その人に対して興味が出たなら、そういった他人の声
は一切無視して、本人が発信している情報に触れて、
その人の『人間性』をきちんと自分で判断しようとします。


僕の中でおススメなのは、その人の『素』の部分が
出ているようなメディアを探す、ってことです。


たとえば、気のおけない親しい仲の人と
収録している対談音声や対談動画です。

そこには、その人のナマの人間性が投影されやすいです。

どんな人間も、100%自分を偽ったり、
本心を隠して他人に見せることはできません。


でも、演技がうまい人もいて、ぱっと見、
『この人は信頼できる』ってダマされちゃうこともありますよね。


でも、お互いにリラックスして談笑しているような
動画や音声があれば、そこには必ずその人の
『素』の部分が出てきます。


そこを見て、

『あ、この人は人間的に好きになれそう』とか、
『この人のことは信じても後悔しないな』

って思えたなら、その人からの情報は
信じちゃってもイイと思います。


ってか、一度そう思ったなら、その人から
真剣に学ぼう、と心を決めて、『疑い』
捨ててしまった方がいいですね。



反対に、TVや書籍、一方的に一人で話してる音声や動画、
インタビューや、一般向けの無料メルマガ、何かの
プロモーション用に収録された対談など、

そういったメディアには、何らかの『意図』
盛り込まれているので、そこは差し引いて考える必要があります。



差し引いて、というのは『疑い過ぎず、信じ過ぎず』
というのを十分に意識しながらその情報に触れる、

ってことですね。



入り口の部分、接点の部分では、
『疑い過ぎず、信じ過ぎず』が大事ですが、

その人のことを信じようと判断して、
実際に、その人にお金を払って学ぼう、

ってことを決めて踏み出したなら、
今度は『疑い』を捨ててしまって、

その人のアドバイスはすべて自分の中に取り入れる、
言われたことには素直に従う、という姿勢に
なった方が、早く結果が出していけます。




※電子書籍を先着20名さまに無料プレゼント!

AI:人工知能の時代に
【スピリチュアル法則と
 情報発信で豊かに成功する方法】


サイバー空間でアファメーションすれば、思う通りの現実が自由に引き寄せられます。
 
これからの
AI:人工知能の時代に【スピリチュアル法則】をどう活用すべきなのか?

こちらの記事をぜひ読んでみてください。