自我を超える自分とは,認識している世界,世界=自分

今回は、『自我を超える自分』
というテーマを語ります。


『自我を超える自分』というと、
今までの僕の言葉でいうと、

『真我』の話かと思うかもしれませんが、


今回は、そのちょっと手前、
自我というものを拡大して解釈
したときに定義される『自分』についてです。



スピリチュアル側の人は当たり前の
ように、自分が自我以上の存在
だって話をしますが、

それをスピリチュアル耐性のない人
にもわかるように説明してみよう、

という試みです。



左脳系スピリチュアルらしい試みですね。




さて、スピリチュアルなものに
抵抗のある人、そういう世界に
触れてこなかった人にとって、

『自分』というものは、
どう定義されるでしょう?



普通の認識では、身体(肉体)と心(精神)
をもった存在という理解だと思います。



心、というのが『自我』にあたり、
その人の個性、アイデンティティを
構成するもの、となりますね。


一般の多くの人にとって、
『自分』というのは、

思考や感情を認識する精神と、

五感の認識を持つ肉体

の二つで定義されるわけです。



最近は、潜在意識のことを
勉強する人も増えてきているので、

理解度の高い人であれば、そういう
『心』のより深い部分までをふくめて、

『自分』だと考えているでしょう。



それに対し、僕の言う、

『自我を超えた自分』とは、

心(意識)と身体(五感)で
認識する『世界:現実』のことです。



普通に、常識的に生きてきた人にとっては、
この部分が飛躍しすぎていてブロックに
なってしまうかと思います。



なぜ、認識する『世界:現実』
『自分』になるのかを考えてみましょう。



人間の脳には、

RAS(Reticular Activating System)
 ⇒ 網様体賦活系(もうようたいふかつけい)


という機能があります。



これは、簡単に言うと、

『重要度の高いものだけを認識する』

という機能です。



わかりやすくいうと、

木の集まりを見て、森だと認識する

ということです。




よくよく考えてみてください。


森を眺めたときに、一本一本の木々、
そういう細かい部分まで認識してしまったら、

いくら驚異的な性能をもった人間の脳
であっても、情報処理が追いつきません。



なので、脳がオーバーヒートして
フリーズしてしまわないように、

ものごとを曖昧に見るフィルター機能

というものが、もともと備わっているのです。



だから、僕たちはお互いに顔を見合わせて、
細胞の集まりとか、分子の集まり、ではなく、
人間同士として認識することができるのです。



このRASは、人間が認識するすべての
ものごとにかかるフィルターです。


目に見えるものだけでなく、状況、
現実の認識、といった『概念』的な
ものにまでかかります。



空が曇り、気温が下がってくる、という
別々の、バラバラの現象を、自分の中で
結びつけて、

『もうじき雨が降るな』

と認識するのも、
このフィルターのはたらきです。



フィルターというのは、
一度経験したことでインプットされ、
記憶に蓄積された『パターン』


それによって、近似的にものごとを
『パターン認識』する
、とも表現できます。




したがって、RASというものは、

万人に共通ではなく、その人の
過去の個人的経験に100%依存して
形成される
、と言えます。



一人ひとりの人間が、独自の性格・個性、
つまり『自我』というものを持つのと同様に、


世界に生きる70億人の人類が、
70億通りの個別のRASという、

『認識パターン』を持っているのです。



そして、この『認識パターン』はある意味、
『その人のすべて』だと言えます。



RASのかかり方によって、人が認識する
世界、現実というものは、まったく
別のものに変わるのです。




たとえば、
あなたに一人の友人がいるとします。


あなたから見た『彼』は、

心優しく、人の痛みがわかる、
素晴らしい人物に見えます。



ところが、その友人が働いている
職場の、直接の上司から見た『彼』は、


時間や約束事にルーズで、情に流され、
仕事のできないだらしのない人物に見えます。




多少の誇張はあれど、現実として
ありえない設定ではないでしょう。



本来なら同じ一人の人間として
存在するはずの『彼』に対して、

それぞれの視点・フォーカスが、

つまり、あなたと上司のRASが『彼』を、
完全に別の人間として定義しています。



あなたは『彼』がもつ多様性のうち、

『優しさ』にフォーカスできているものの、
反対に『怠慢』なところは見えていないのです。


このフィルターは、『彼』を見るときだけ
はたらくのではなく、あなたが認識する
すべての現実に対して、はたらきます。



あなたは、接するすべての人の
『優しさ』に敏感で、反対に
『怠慢さ』には鈍感です。


あえて極端に言ってますが、
そういう傾向を持つということです。


あなたがあなた自身を見るときも同じです。


『他人は自分の鏡』というのは、
当たり前のことなのです。


あなたが他人を見るときには、

あなたのすべてだとも言える、
固有の『認識パターン』
通して見るからです。



これは、特定の個人に対してだけ
言えることではなく、あなたが認識する、
世界:現実の全般にわたって言えます。



あなたは、あなた独自の、世界にたった
一人、あなただけが通ってきた個人的経験
によって創られた『認識パターン』で、

この多様性に溢れた世界:現実を、
あなた独自の解釈で認識しているのです。



もし、あなたとまったく同じ境遇、
環境、状況に別の人が置かれたとすれば、
どうなるでしょう??



常識的な解釈の世界観で考えると、

世界の中で『あなた』、この場合は
あなたの肉体と精神だけが、他人と
置き換わるように見えます。


ですが、実際は、あなたが別の認識パターン
を持った他人と置き換わった時点で、

世界:現実もまったく別のものに
変わってしまう
のです。



ここまで考えれば、『世界:現実』
というものは、『個人』の数と同じだけ
存在する
、ということがわかるかと思います。


つまり、この『世界:現実』をもって、
『自分』というものが定義できる

考えても不自然ではないのです。




理性的な、左脳的な理解としては、
ここまでたどり着けば十分だと思います。


これに、自分自身の実体験レベルで、
他人は自分、世界は自分だということが、
腑に落ちれば、まずは第一歩。


そこから進んで、さらに、フィルターを
通さずに、現実のあるがままの認識が
できれば、その先にある『真我』という
ものが理解できるのではないでしょうか。


(最初からすっ飛ばして『真我』の方を
 先に知っちゃう人もいるとは思いますが)




ブログランキング参加中!

この記事を読んで、役に立った、
気に入ったという方は、

ぜひ、クリックをお願いします^ー^

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ





【公式YouTubeチャンネル】
左脳系スピリチュアルチャンネル


こちらからチャンネル登録
お待ちしています(*´Д`*)b


【自己の本質覚醒プログラム】
尽きないモチベーションを手に入れる禁断の自己変革プログラムを期間限定公開中!

この画像をクリックしてください。



【サトリの著作一覧はこちら】
https://amzn.to/2ob20aC

AmazonKindleアプリにて
『読み放題』で読めます^ー^