過去に縛られる,問題の原因,未来の原因

普段、何気なく日常を送っていて、
何かの問題に出会ったとき、

金銭的トラブル、人間関係、など、



種類はいろいろですが、常識的で
ありがちな思考パターンは

今受けとっている現実に対して、
過去に原因を求める



となります。



この思考パターンには二点、誤解が
あり、この考え方では根本的に
問題を解決することはできません。


まず、一つ。


問題が起こったとき、その『原因』
探ることは、そんなに大事なことでは
ないということです。


欲しいのは『解決』であって、
『原因を知ること』ではありません。


もちろん、『解決』のために、
『原因を認識すること』は大事では
ありますが、それが絶対に必要な
わけではありません。

原因を知らなくても問題の解決は可能です。



もう一つの誤解は、

本当の『原因』は過去ではなく、
未来にある
、ということです。


過去と現在の因果関係なんて、
自我が勝手に解釈しているだけの
ものに過ぎないのです。


なので、過去を振り返り、これからは
こういう風に考えや行動を変えよう


という解決法は、基本的に的外れ
であることが多い、と考えましょう。



『未来が原因』とはどういうことでしょう?


今の自分の性格・個性と、それを
決定づけた(と認識できる)過去の
経験を振り返ってみましょう。



過去の経験が起こったから、
今の自分がある



のではなく、


今の自分が在るために、
過去の経験が起こった



ということです。



固定観念を外して、
この考えを受け容れてください。



たとえば、経営の神様と呼ばれる
松下幸之助の人生を考えてみましょう。



彼の生い立ちが、後に『経営の神様』
と呼ばれるような偉大な人物を
創ったのではなく、


彼の『経営の神様』という役割が
あったから、そのために必要な
数々の人生経験が彼に与えられたのです。



彼は人生の中で、その役割・使命
つまり松下幸之助としてのを見出し、

それと調和することで、必要な人生経験
を受けとりながら学び、成長し、
自らの人生のビジョンを全うしたのです


荒唐無稽に思われるかもしれませんが、

この考えを、完璧に理屈的に否定する
ことはできるでしょうか??


肯定も否定も、『解釈』
創りだすものに過ぎません。


『解釈』が信じたものが、その人
にとっての真実
となります。


自分が考えてみて、『快』と
感じるような真実を自由に選べば
いい
ということです。



だから、いま、何かに悩んでいたり、
心を揺らされているとしたら、

『未来』に、そういうことで悩まされたり、
心を揺るがされたりすることのない、
『カルマを克服した自分』がいる、


とイメージしてみてください。


そうすれば、その未来のあなたの
ビジョンが、いま、あなたの
目の前に現れている現実の
『原因』となります。



あなたは、『結果』を創るのではなく、
『原因』を自由に創りだすことができるのです。




苦しみの『原因』を、
あなたの意識の中で未来に創造すれば、

いま、受けとっている苦しみの
『意味』が変わります。



人生の中では、その人が乗り越えられ
ないような試練・苦しみ・カルマが
やってくることなどありえないのです。


カルマというものが、そもそも
『自我』と区別できるもの
ではないからです。



自ら創りだしたものを、自分が
克服できないということはないのです。




あなたのもつ『創造力』とは、
『いま』を支点に、過去にも
未来にも、そして現在にも、


時間を超えて、自由に発揮できる
すばらしい力だということです。




ブログランキング参加中!

この記事を読んで、役に立った、
気に入ったという方は、

ぜひ、クリックをお願いします^ー^

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ





【公式YouTubeチャンネル】
左脳系スピリチュアルチャンネル


こちらからチャンネル登録
お待ちしています(*´Д`*)b


【自己の本質覚醒プログラム】
尽きないモチベーションを手に入れる禁断の自己変革プログラムを期間限定公開中!

この画像をクリックしてください。



【サトリの著作一覧はこちら】
https://amzn.to/2ob20aC

AmazonKindleアプリにて
『読み放題』で読めます^ー^