板金屋見聞録 ~ 田名部 徹朗 オフィシャルブログ

板金屋見聞録 ~ 田名部 徹朗 オフィシャルブログ

日本製造業の明日を信じてがんばっている皆さんへ、九州の小さな工場で日々おこる出来事を通してエールを送るブログ。

コロナ禍でまだまだ大変な時期ではありますが、

今月1日に入社いたしました我等が新入社員は合計6名。

 

彼ら新入社員ひとりひとりをご紹介するシリーズも

本日が最後。

 

大トリを務めるのは、鳥越 昂仁。

 

↑三松ドラゴンスライダーから、「仕事ではすべりません!」

 

福岡県立福岡工業高等学校情報工学科を卒業。

 

高校では情報をメインで学んできましたが、

ものづくりの仕事をしたいと思い、

高校時に見学した三松に入社してくれました。

 

特技  : ゲーム          

趣味  : サイクリング 軟テニス、バドミントン アニメ鑑賞

 

とのことです。今風です。

 

その他高校では鼓手やいろんな資格に挑戦してきた努力家。

 

「その挑戦する気持ちを生かしていこうと思います。

わからないことも多く手間がかかってしまうかもしれませんが

一生懸命頑張ろうと思います」と健気な言葉を発しています。

 

大丈夫ですよ。

「挑戦と謙虚さ」を持てば優秀技術者となるのは時間の問題だけ。

 

今後の活躍に大いに期待しています。

 

がんばれ、鳥越君!

コロナで大変な時期が続いていますが、

今月1日に入社いたしました我等が新入社員は合計6名。

 

彼ら新入社員を6回シリーズでご紹介するシリーズも

今回で5回目。

 

本日ご紹介するのは、戸宮 豪太(こうだい)。

 

↑自慢の一品 マツダCX-3(MT)

 

久留米工業高等専門学校 材料工学科を卒業。

 

叔父さんが建築板金を営んでいた関係で、

幼いころからお手伝い含めて

板金加工に触れていたそうです。

そこで扱った機械がたくさんある三松で働いてみたいということで

入社してくれた貴重な人材です。

 

趣味は本人談によると

 

・音楽聴くこと  いろんなジャンルの音楽聴いてます。

                     毎年音楽フェスにいってました。

 ・バスケ    小中学校では野球をしていましたが、バスケのほう 

          がすきです。

 ・漫画     最近はヒロアカ、呪術廻戦、東京リベンジャーズなど

          読んでます。

 ・スケボー   コロナで暇なときにちょっとだけやってました。

 

だそうです。

多彩な趣味にビックリです。

器用なんだと思います。

 

卒論は「鉄・グラファイト・アルミナ混合粉を利用した鋼の浸炭・脱炭処理」と

難しいことをやっています。

この器用さと金属知識、叔父さんのところで経験した板金ノウハウに

三松大学での教育訓練を加味すれば史上最強の板金マンが生まれること

間違いなしです。

 

今後の活躍に大いに期待しています。

 

がんばれ、戸宮君!

 コロナでまだまだ大変な時期ではありますが、

今月1日に入社いたしました我等が新入社員は合計6名。

 

彼ら新入社員を6回シリーズで

ひとりひとりご紹介させていただきます。

 

4番手は、河野 昭斗。

 

↑自転車に乗ってるところがメインにしたかった

 

九州産業大学附属九州産業高等学校を卒業、

こてこての三松地元の高校です。

 

好きな食べ物は「お寿司」

趣味は「サイクリング」です。

 

面接の時にも話していましたが、仲間と一緒に

関門海峡を渡って下関まで日帰りで行ったり

するほどの熱の入れようです。

 

コロナ禍で以前ほどの大人数では無理のようですが、

今でも福岡が誇る糸島、志賀島の二大サイクリングロードを

爆走しています。

 

様々な教育や経験を受けて、人生のサイクルロードでも

あっという間に先輩を追い越していける素養は十分です。

 

今後の活躍に大いに期待しています。

 

がんばれ、河野君!

今月1日に入社いたしました我等が新入社員は合計6名。

 

彼ら新入社員ひとりひとりをご紹介するシリーズの

3番バッターは、は、石本 典久。

 

↑愛車の前で、ハイポーズ

 

有明工業高等専門学校 

創造工学科エネルギーコース

を卒業。

 

・趣味

 読書(ライトノベル)、ゲーム、アニメ鑑賞 など

 

・ハマっていること

 スマブラ、頭文字D、モンハン

 

特技は「腹痛を長時間我慢できる」ことのようです。

 

社会人は痛いこと、大変なことが多いです。

そんな中で最近の若手では珍しい我慢できる(?)能力は、

これからの人生で大きく花を開かせる原動力となるはずです。

 でも、たまには貯めずに爆発もしてくださいね。

 

今後の活躍に大いに期待しています。

 

がんばれ、石本君!

なかなか新型コロナの嵐も吹きやまない今日この頃。

皆様自粛当で様々なご苦労をされておられるかと

お察しします。

 また、医療従事者の皆様におかれましては、

最前線で命をかけて激務をこなしておられますこと

あらためて御礼申し上げます。

 

 さて、こういう大変な時期ではありますが、

今月1日に入社いたしました我等が新入社員は合計6名。

 

彼ら新入社員ひとりひとりをご紹介するシリーズの

2番バッターは、福川 精一朗。

 

↑市川海老蔵似と言われるらしいです

  坊主にしていれば、もっと納得

  でも、せっかく社会人なったし...

 

佐賀工業高校機械科を卒業。

 

小学生から野球一筋。

しかも、ほぼずっとキャッチャー。

高校ではチームの司令塔であるキャッチャーとして

県大会ベスト4までチームを導いた立役者です。

 

・趣味は、野球やソフトボールをすることと

      スポーツ観戦

 

キャッチャーとしてチームを統率したリーダーシップは折り紙つき。

工場のメンバーを率いる素養は十分です。

 

今後の活躍を大いに期待しています。

 

がんばれ、福川君!

なかなか新型コロナの嵐も吹きやまない今日この頃。

皆様自粛当で様々なご苦労をされておられるかと

お察しします。

 また、医療従事者の皆様におかれましては、

最前線で命をかけて激務をこなしておられますこと

あらためて御礼申し上げます。

 

 さて、こういう大変な時期ではありますが、

今月1日に入社いたしました我等が新入社員は合計6名。

 

本日より彼ら新入社員を6回シリーズで

ひとりひとりご紹介させていただきます。

 

栄えあるトップバッターは、伊藤 大輝(まさき)。

 

↑くしゃとしてわかりにくいですが、

  本人言うほど悪人面ではありません

 

宮崎大学大学院 工学研究科 

工学専攻 機械・情報コースを卒業。

三松初の院卒新入社員となります。

 

大学生の時にインターンシップで三松に来た時に

入社を誘われたことをよく覚えていて志望してくれました。

義理堅いところがあるんです。

 

趣味       : 音楽、ゲーム、漫画

好きな食べ物  : チャーハン

嫌いな食べ物  : 野菜全般

 

・やってきたこと

  中学から大学までの9年間吹奏楽(TUBA)

 

体形がガッチリしているので、「柔道やラグビーやっていそう」と

思っていたところが、なんと文化人。

人相の悪さを気にしていますが、世の中本当の悪人は

もっとたくさんいます。

音楽を愛する人に悪い人はいないです。

 

様々な経験をつんでいけば

お客様を笑顔にできる素晴らしい技術者となる素養は十分。

 

今後の活躍に大いに期待しています。

 

がんばれ、伊藤君!

新型コロナでまだまだ大変な状況は続いていますが、

今年度は6名の若者が三松の仲間に加わりました。

 

全員マスク姿、開放されてやや肌寒い会議室の中、

誠に申し訳ない形態での入社式となりましたが、

特殊ゆえに記憶に残る式になったと思います。

 また、昨年と違って、コロナ慣れ(?)し耐性のある世代の

入社は今後の社会人生活での忍耐力にもつながる

力強いメンバーに加わってもらったと思います。

 

こういう変わった感じをきっと笑って話せるようになることを念じ、

これからの活躍を期待しています。

 

本当におめでとうございました。

 

↑密を避けたまばらな入社式

 

↑「がんばります!」前途洋洋な新三松メンバー

 

 

 

この度、SDGs支援型私募債について、福岡銀行にお引き受け

いただきました。

 

https://www.fukuokabank.co.jp/pdf/20210325_mimatu.pdf

 

本私募債の費用の一部をお子様の養育支援にまわしていただきます。

我々の小さな一歩でも、幾ばくかでも世の中の

お役に立てればと思います。

 

 

<SDGsとは?>

持続可能な開発目標SDGs(エス・ディー・ジーズとは)

2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、

2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のため

の2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能で

よりよい世界を目指す国際目標です。

17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の

「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。

SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル

(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

三松スマート・ファクトリーへの道~第12弾は、

今年2月に設置し一部運用が始まった

「カイゼンカメラ」です。

 

三松の統合生産管理システムSINSのデータをもとに行う

生産性分析や

不良時の原因追究・分析は、

「いつ、どこで、誰が、何を、なぜ、どのように」の観点から言うと

最後の2つ「なぜ、どのように」については

最後は各作業者の記憶をもとにしかなされていません。

 

決して適当に行っている訳ではありませんが、

原因の掘り下げを行っていくうえで、

最後は人間の記憶しか頼るものがないと

場合により真の原因にたどりつけないことになりかねず

永年の心配事のひとつでした。

 

そこで、各工程での作業記録を月間1万に及ぶ製造番号ごどに

映像で管理することにより、記憶でなく記録による原因追究や作業分析

常時行える体制を築くことを思い立ち、

この2月に実績のある映像管理システムに我々三松のSINS生産管理システムを

連携させてカイゼンカメラシステムとして導入いたしました。

 

このシステムに更に各作業者がもつVOL11でご紹介した携帯端末による撮影動画も

追加で記録できるようにしましたので、自身のより詳細な作業状況も

製造番号からすぐに呼び出すことができるようになりました。

 
 これによって、たとえば不良をだした場合にどのように作業をしていたかが
記憶でなく記録として振返ることができ、より正確な原因分析が行えます。
ということは、より正確で的確な対策を立てることができるようになるという訳です。
 また、作業者のスキル向上の軌跡を時系列で参照したり、
熟練者と非熟練者との同時視聴により、
どのようにして作業を行っているかが比較分析でき、
生産性や品質の改善や教育に利用することも可能となります。
 
将来的には、これらの画像データをAI画像解析によって、
今は人が行っている様々な情報入力を自動で行えるようにするなど
わくわくするような応用をいろいろと考えています。
 
↑本社工場・夜須工場で計47か所に設置されたカイゼンカメラ
 

↑曲げ工程の作業動画記録

 

一部ご覧になったお客様におかれましては、

何か監視しているみたいだとおっしゃる方もいます。

確かに三松においても一昔前でしたら現場作業者からは

あっさりと拒絶されていたと思います。

 しかし、ここ数年のドライブレコーダーの普及や

社内で行っているビデオによる作業分析、

教育マニュアル動画化活動の普及のお蔭もあり、

「撮られ慣れ」していたことで、今回割と抵抗感なく導入できたと思っています。

 

「案ずるより産むが易し」と言うと怒られますが、

いかに安全安心で働きやすい職場を作り、お客様に安心してお任せいただける会社と

なるべく、これからも様々な試みにチャレンジしてまいります。

今後とも三松をよろしくお願いいたします。

 

 

 

 
 

 

最近ご無沙汰気味でした三松スマートファクトリーへの道。

 

今回は、第11弾として、この3月から本格スタートする

全社員への端末配布についてご案内いたします。

 

三松では、従来から運用していますSINS(三松統合生産管理システム)を

幸いにもコロナ禍が始まる一昨年までにリモート対応を含めて刷新していました。

 

お陰様で在宅テレワークへの移行等は、システム的にも混乱もなく

順応できましたが、工場現場では在宅という訳にもいかず、

時差出勤や職場環境の三密防止策をとるレベルにとどまっていました。

 

ただ、現場の様々な情報端末はPCを複数人で共有しながら

使用していることもあり、コロナ禍対策でこれの非接触化を図ることと

品質強化や生産性向上を支援する

カイゼンカメラシステム(vol.12でご案内予定)との連携をとっていくことを目的に

個人個人に端末を配布することを決定しました。

 

この端末では、従来PCや紙で行っていた作業日程確認、製品位置確認、作業工数入力、作業動画記録等が可能となります。

もちろん外線や内線電話としてテレビ電話機能も含めて対応できます。

そして今回、なんと三松で初めてスマホ・アプリの開発を行うこともできました。

この端末開発によって今後の開発の多様性も図ることができます。

 

今さらながらの社員全員へのiPhoneとiPodの配布ですが、
コロナ禍でリモートや非接触での取り組みを行う中で、
三松での最重要な作業の一つ「生産情報のインプット」が円滑かつ容易に
行われることで社員の安全性や働きやすさの向上を図り、更に顧客サービスの強化につながればと思っています。
乞うご期待ください。