展示会開催のお知らせ

テーマ:


展示会チラシ


今年度、創業50周年をむかえ、展示会開催をする事になりました。


第一弾は6/18土曜日、富士見ヶ丘集会所でおこないます。


第二弾は7/2土曜日、大富士交流センター 会議室です。


第三弾は8/19金曜日、こちらは水まわり機器の各メーカー様協力の下、開催いたします。


展示品に、実際にふれていただいたり、弊社施工例などでリフォームのイメージを確認することができます。


たくさんのご来場、お待ちしています!

こんにちは(*^-^*)
暖かいを通り越して、急に暑くなってきましたね。

今日は、タイル貼りの浴室改修についての話です。

ユニットバスが発売になる前、お風呂はタイル貼りの床や壁で作られるのが普通でした。

弊社にお問い合わせ頂く、浴室のご相談の中でも、
「タイル貼りの浴室をユニットバスに替えたい。」
「タイル壁に手すりは付けられますか?」
「床が石貼り、寒いし、段差もあってなんとかしたい!」

そんなご相談を頂く事が多くあります。

ご高齢のかたが怪我をしたなどの事故のうち、60パーセント以上が自宅内での事故です。
特に浴室は転倒などの危険や、寒暖差でのヒートショックなど、危険が多い箇所です。

浴室の改修をおこなう中で、やはり、タイルからユニットバスに改修をしてほしいという
お客様が一番多いのですが、タイル浴室を壊し、ユニットバスを入れる工事は、
改修工事の中でも、高額な費用が必要になります。

しかも、梁や屋根が低く、規格品のユニットバスが入らない場合もあったりと、
金額面や、物理的にユニットバスへの入替を断念されるお客様もいらっしゃいます。

そんなお客様は、タイルに手すりを取り付けたり、水栓を使いやすいものにしたりと
補助的な改修のみになってしまいます。

そのため、転倒や、寒暖差による事故などの危険が減ることはありませんでした。

そこで、弊社では様々な建材を検討し、研修などを行って、
『パネルによるタイル浴室の改修』をおこなうようになりました。

以前より、浴槽の塗装をおこなって来ましたが、壁や床には、
断熱効果の高い壁面パネル・床シートを採用し、施工します。

それにより、浴室内のひんやりとした床や壁が解消され、
床は滑りにくく、ソフトタッチの床になりますので、転倒時の怪我の軽減になります。





手すりや、断熱窓、換気乾燥暖房機などに併せて、
タイル壁もユニットバスの様にキレイにリニューアルされますので、
施工されたお客様からは好評頂いております。

しかも、工期もユニットバス入替に比べ半分
費用も1/3~半分程度!

それほど費用をかけずに施工が可能なため、
キッチンや洗面、階段の手すり、段差解消といった、他の部分にも手がかけられると思います。

ユニットバスをあきらめていたかたや、タイル浴室が寒くてたまらないといった
ご相談に弊社なら、対応が可能です。
興味のあるかたは、社内に実際に施工したモデルルームも見ていただく事が可能ですので、
是非、一度ご相談ください。