大阪:パーソナルコーチング・ビジネスコーチングのスマイル・アンド・エール

大阪:パーソナルコーチング・ビジネスコーチングのスマイル・アンド・エール

大阪のスマイル・アンド・エールは働く女性、管理職、起業家のコーチングを行っています。笑顔とプラスエネルギーであなたをコーチします。女性コーチの村田があなたをサポートします。

コーチング(Coaching)とは、あなたのビジョンを現実にする、目標を達成する、よりよい人生を送るためにコーチとの対話であなたの問題や課題を解決するコミュニケーション方法です。

ここで言うコーチはスポーツの世界のコーチ(指導者)とは違います。コーチングのコーチは、基本的にクライエントに何かを教えるということはしません。

それに対する答えの会話(コミュニケーション)の中で、クライエントが自分自身の力で様々なことに気づき、行動と学習を繰り返すことにより、やりたいことが明確になり、自分にあった生き方、働き方を見つけ出していきます。

また、コーチングがアメリカから日本に入って来た当時、ビジネス(部下への教育・指導)の場面に多く使われたため、ビジネスにしか使えない。

との認識をもつ方もおられますが、コーチングは様々な場面に取り入れられています。

特に、スマイル・アンド・エールでは、生き方・人生にも焦点を当てたコーチングを行っています。

ぜひホームページをご覧ください。

テーマ:

やったらできるかも

お金持ちになれるかも

いい仕事が入ってくるかも

 

やっばりダメかも

嫌われてるかも

私ってバカかも

 

否定的なかも、は悲しい結末を連れてきて

肯定的なかもは幸せを呼ぶ

未来を決めていたのはかもだった

脳はかもを実現していく

(「かもの法則」西田文郎著より)

 

脳は、肯定的と否定的の両方あったら

否定的な方を実現する傾向にあるそうです。

プラス思考とか、ポジティブシンキングではなく、

予感に使い感覚での、肯定的なかも

 

いい「かも」を飛ばせるかどうかで、未来がいい方向に決まるとしたら、

肯定的ないい「かも」を飛ばしたいですよね

 

かもの法則を読んでいて、思いついたのがパチンコ屋さん。

この台はあたるかもと思って座るし、今日こそフィーバーするかもと思って、

たくさんの人がやってきています。

でも、実現するかどうかは、脳が決めるのではなく、

パチンコ台が決めることなので実現しにくいとあり、

これには納得しました。(笑)

 

台が決めるのではなく、自分の脳が実現を決めていくとしたら

いいかもを飛ばせるようにしたいですね。さて、あなたは、どんなかもを飛ばしますか?

 

>>コーチング体験セッションお申込み

【対面】パーソナルコーチング体験セッション(60分)対面のセッション 5,000円



 

 

 

テーマ:

「第二の人生」っていつからだと思いますか?

 

60歳、65歳、70歳・・・・ずっと働き続けることが前提の

時代に第二の人生という呼び方は、ふさわしくないんじゃないかという

議論になりました。

 

第二の人生というと、多くの方のイメージは、

年金もらって悠々自適、好きな趣味や旅行、ボランティア活動に

没頭するようなことを指しているというのが大半ではないでしょうか?

 

でも、主婦には定年ないし、第二の人生っていつからよ?

それとも・・・・子どもが成長して独り立ちしてから?

 

もしくは、何か大きな病気をされて、それ以降は第二の人生ととらえて

生き方を180度変えたという方もいらっしゃると思います。

 

考えてみてください。生き方、働き方を変えるのは

60歳の定年だけではないですよね。

 

そう、考えると第二の人生っていう言葉は、

そのうちなくなってしまうのではと思います。

 

生き方、働き方を何かのきっかけで変えた瞬間

「チェンジ」という呼び方がふさわしい気がします

 

例えば、

あのひと、40歳のときにチェンジして起業したそうよ!

あの方は、子どもさんが大学卒業したときにチエンジした

 

変えたい、と思ったときが変わり時

これから何をどう「チェンジ」させたいか

コーチングでみつけていきませんか?

 

>>コーチング体験セッションお申込み

【対面】パーソナルコーチング体験セッション(60分)対面のセッション 5,000円

 
 

テーマ:

 突然ですが、質問です。

自分の心が全部で100あるとします。

 

ぼーっとしている時もあれば、

仕事のことを考えている時間もある。

誰かのことを考えていたり、

腹が立ったこと、

釈然としない思いからそのことばかり考えてしまう時間、

いろいろあると思います。

 

ある調査によると、生活時間の半分近くは、

「今」のことではなく、過去に起きたことであったり、

未来のことを心配している時間だそうです。

 

あなたの心は何が多くを占めていますか

 

SNSなどで情報が集まりやすく

Facebookでつながっている人の

投稿を見てリア充な感じが伝わってきて

人と自分を比較して

 

「仕事で成功している」

「私生活も充実している」

新入社員としてスタートしたら

「同期の誰それが出世した」

「大きな契約を取った」

 

見たり、話を聞いたりすると

「それに比べて自分は」

「私はダメだ」「独りぼっちだ」

と、何かにつけて常に人と比べて

心がれそうになることがあるかもしれません。

 

人は何かあるとすぐに比較します

自分の物差しで図り、あの人と比べて

自分は・・・と考えがちです

  

人と自分は違う

あの人はあの人、私は私

と考えようとしても、考えてしまう・・・

 

そんなとき思いだして欲しいこと

 

「時間がもったいない」です

 

人と比較して、自分はダメだと思う時間

そのことで自分の頭の中がいっぱいになっている

時間はもったいないと私は思います

 

そんな気持ちでいるより

自分もそうなりたいのか?を問いかけて

もし、そうなりたいのであれば、

そうなるために自分ができることは

落ち込んでいることではなく、

その目標に向かって何かすることだと思います。

 

自分を否定する負の感情でいるより

前を向いて何か一つでも行動する

頭の中を負の感情に支配されたりする時間はもったいない

そう考えて行動してください。

 

自分1人だけで考えられないときは

パーソナルコーチングをおすすめします。

お試しセッション受付中です。

http://sandy-coaching.com/coaching/

 

企業研修は、御社の課題にあわせてカストマイズいたします。

ご相談は無料です。お気軽にお問合せください。

問い合わせ

■コミュニケーション研修

・話して・聴いて・元気になるコーアクティブ会話術

・何気ない日常が輝き出すコーアクティブ思考術

 

■メンタルヘルス

・ストレスをパワーに変えるメンタルヘルスセルフケア研修

・管理職のためのハラスメント防止研修

・メンタルヘルスマネジメント:ランイケア~部下の心のSOSに気づく~ 

・もうこんな仕事いやっ! にならないクレーム対応術

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス