がんちゃんの雪山賛歌

がんちゃんの雪山賛歌

がんちゃん(岩ちゃん、ガンちゃん)が登山、山スキー(バックカントリースキー)を中心とした日常生活や山への想いをつづります。
ヤマレコもやってます。(HN:Sanchan33)

昨日の朝、立山のライブカメラを見たら標高2,500mから上部が白く染まって見えた。

 

どうやら立山にも雪の季節が訪れたようだ。

 

2日前のライブカメラではまったく雪の気配はなかったので、どうやら今年は昨日10月22日が初雪だったのかもしれない。

 

昨日の雄山山頂の様子。すっかり雪化粧している。

 

室堂ライブカメラの様子。2,500mから上は雪が積もっているように見える。

 

2日前(10/21)の様子。全く雪は積もっていない。

 

「初冠雪」とは「夏が終わった後、山麓の気象官署から見て、山頂付近が初めて積雪などで白く見えること」という定義らしいので、初雪=初冠雪というわけではないが、恐らく昨日10/22もしくは今日10/23が今年の初冠雪となりそうだ。

 

立山の初冠雪は平年では10月8日ということらしく、今年はかなり遅い部類に入る。

ちなみに昨年も10月21日だったようで、2年連続で遅い冬の到来となったようだ。

 

なお、これまでの初冠雪の記録は富山地方気象台のホームページを見れば確認できる。

 

立山気象地方台の初冠雪情報。早い年は9月、遅い年は11月にずれ込むこともあるようだ。

 

例年11月の立山は山スキーヤーで賑わうのだが、近年はあまり雪が降らないため満足に滑ることができていない状況だ。

(まあ地獄軍団的には11月の立山は行かないんだけど…)

 

山スキーヤーとしては早目にドカッと根雪がついてスキーシーズンが長くなればいいと思うが…なんとなく暖冬な予感がしているショボーン

 

あと2ヶ月もすれば白い雪に閉ざされた静かな立山に会える。