昨日(7月21日)、投開票が執行された参院選において、兵庫県選挙区の安田真理候補は惜敗しました。得票率にして1%。ほんのちょっとの差でした。ほんのちょっとの差であっても、落選は落選です。得票がほんのちょっとの差であっても、議席を得られるかどうか、国会に有権者の声を届けられるかは大きな差です。

 県連代表として、選挙を主導してきましたが、この落選の原因をみなさんとともに突き詰めて考えるとともに、今後の選挙に活かしていきたいと考えています。

 ご支援をいただきましたみなさま、誠にありがとうございました。