さあ!今週末に私立入試が始まります!

今週はもちろん勉強はするわけですが、体調を崩さないことを最優先としてください。

毎日勉強をする習慣がついているので急に夜遅くまで勉強するといったことはないと思いますが、不安からついつい無理をして睡眠時間を削りがちにるのはよくあることです。

入試当日にちゃんとパフォーマンスを発揮できるようにコンディションは整えておきましょう😁
東京の昼はバーミンガムの深夜だ。
(江國香織 「薔薇の木 枇杷の木 檸檬の木」より抜粋)


こんにちは、講師の西山ですニヒヒ

花言葉診断をしてみたら、クレマチスが贈られてきました。
実物を見たことがなかったので調べてみたら、
白色のクレマチスが可愛すぎる、、飛び出すハート
3月ごろから早咲きのものが咲くらしいので、是非見つけたいところです。

ところで、「行ってみたい国」で思い出したのが江國香織さんの「薔薇の木 枇杷の木 檸檬の木」の言葉でした。
当たり前のように、日本の朝が地球の裏側では夜です。
知識として知っていても、実際に行って体験してみると、なんとも言えないような感覚を味わえます。
日々に生きることに必死になると、ついつい自分の住んでいる時間が全てだと考えてしまいますが、実は自分が寝ている時間も地球はまわって世界は働いているんですよねポーンポーン

世界には夜でも太陽が沈まない白夜という現象が起こる地域や、
昼でも太陽が上がらない極夜という現象が起こる地域があります。
とても寒い地域ですが、一度はどちらかを体験してみたいですDASH!

みなさんの行ってみたい国はどこですか!?



クレマチス


 


 


 



 



 


こんにちは、講師の西山ですちゅー

 

昨日は節分でしたが、みなさんは豆まきしましたか!?

私の家では豆(???)まきしましたよぅ!!

家の至る所に投げましたウインク

 

 

年の数を食べるのは大変だったので、豆乳を飲んでそういうことにしておきましたゲラゲラ

 

 

人は、変えられるのは未来だけだと思い込んでる。
だけど、実際は、未来は常に過去を変えてるんです。

(平野啓一郎『マチネの終わりに』より抜粋)


こんばんは、講師の西山ですウインク飛び出すハート
今回はグッときた言葉第2弾ということで、、ぶちゅー
平野啓一郎さんの『マチネの終わりに』より、印象的だった言葉を紹介しました。

みなさんは「過去は変えられる」と思いますか!?
この言葉は、過去の事実を変えられるという意味ではありません。
過去の事実を自分がどのように受け入れていくかによって、事実は変わらなくても、その過去に対する印象が変えられるという意味です。

例えば、「テストで低い成績を取ったゲッソリ」という事実があったとします。
同じ事実でも、その後が「そのテストをきっかけに必死で勉強するようになり、結果として第1志望に受かったデレデレ」なのか、
「勉強から逃げてしまい第1志望に受からなかったチーン」なのかによって、
「テストで低い成績を取ったゲッソリ」ことに対する印象が変わります。
つまり、過去をどのように受け止め、どのように未来の行動に繋げていくかによって、常に過去は変わっていくということですビックリマーク

今は肯定的に思えないことでも、いずれ振り返ったときに肯定的に捉えることができるよう、これからの自分の行動について考えるきっかけになれば嬉しいですちゅーちゅー

英語のhouse!

これ複数形にするとhousesですが読み方を間違える生徒がとても多い!


カタカナで書くならハウスィスではなくハウズィズとなります。

同じようにsouthもsouthernとなり

サウス→サザン


この読み方はサザンオールスターズのサザンロックで有名ですねニコニコ

 

ちょっとした豆知識に感じるようなことをたくさん集めれば立派な知識になります。

日常の小さなことから学ぶ習慣をつけていこう!

 

 

 

同じネタで投稿する

 

他の投稿ネタを確認する