「ちょっと今から仕事やめてくる」

北川恵海

 

 

【内容紹介】

ブラック企業にこき使われて心身共に衰弱した隆は、無意識に線路に飛び込もうしたところを「ヤマモト」と名乗る男に助けられた。

同級生を自称する彼に心を開き何かと助けてもらう隆だが、本物の同級生は海外滞在中ということがわかる。

なぜ赤の他人をここまで?

気になった隆は彼の名前で個人情報をネット検索するが、出てきたのは三年前に激務で自殺した男のニュースだった。

スカっとできて最後は泣ける、第21回電撃小説大賞「メディアワークス文庫賞」受賞作

 


【感想】

これも旦那さんから拝借しました(&面白かった!とオススメされました)

写真撮る前にメルカリで売ってしまったので^^;公式画像をお借りしています。

 

 

単刀直入に、面白かったです!

そして、どれだけの人が共感するのだろう‥と読んでいて思いました。(特にサラリーマンの方々‥)

 

なんか生々しい感情を読んでいるとちょっと苦しくなるというか切なくなるのですが‥

(例えば、月曜日の朝を「死にたくなる」と表現しているところとか‥)

でもそういったところが共感を呼ぶのかなと思います。

 

 

小説ですが、ヤマモトの語る内容には刺さる部分もたくさんあり‥悩んでいる人には少し背中を押される感覚がするのではないかと思います。

 

 

最近は自己啓発系のものを読む機会が多く、久しぶりの小説だったのですが‥

 

や〜やっぱり面白いですね!!

サクサク進みました^^

(文章の作り方や使われている言葉がすごく簡単なので、余計にスラスラ進んだというのもあるかもしれません)

 

ここ最近は、以前のように読書をたくさんする機会は無くなってしまったのですが、これを読んで「読書の楽しさ」を思い返しました^^

 

 

純粋に楽しめる物語でもありますが、久しく読書してないな〜〜活字は苦手だな〜〜なんて人にもオススメです。



人気ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます。
ぽちっとして頂けると嬉しいです。