先日、ある人から「投げ銭」って何なんですか?と聞かれた。
普段、当然のように使っている「投げ銭」という言葉。

思い返してみると若い頃は僕もそんな存在を知らなかったし、この仕事をしていなければ一生関わりのない言葉だったかもしれない。
ということで今日はあらためて投げ銭について。

大道芸人やストリートミュージシャンが帽子をひっくり返して置いたり、ギターケースを開いたままにして置く。
道ばたで誰でも自由に見ることが出来るそれらのエンターテインメントは当然料金無料なわけだけど、それに感動した人たちがチケット代的な感覚で好きな金額を帽子やギターケースに投げ入れる。昔は小銭をポーンと投げたからそのまま「投げ銭」と呼んだわけだ。


これが現代では現実世界よりもネット上で使われることが多くなってきて、特にコロナ禍での配信ライブの増加とともに一気に一般に広がっていった。YouTubeのスパチャとかも投げ銭の一種だよね。(スパチャの場合は手数料として驚くほど引かれてからこちらに届きます…)


僕が初めて「投げ銭」という言葉を聞いたのは32才頃、EPOさんからだった。


その頃、縁あってEPOさんと僕はライブでもプライベートでもご一緒させて頂く事が多かった。そんなある日EPOさんが「この間、沖縄行って投げ銭ライブやってきたんだけど楽しかった!」と話されたのだ。


「投げ銭ライブ?」初めて聞いた言葉と、あのEPOさんがそんなことをするのか!と言う驚き。「サトルくんもやってみると良いよ。楽しいよ!」と言われたりしたが…。


時は流れ2020年。
コロナ禍でライブが出来なくなった僕がのめり込んでいったのが配信ライブだった。
そしてその時に出した結論が「視聴無料、投げ銭制」でやるということ。

自分で配信ライブを始めるにあたってすでに始めている人たちのやりかたを研究したが、視聴料を払わないと一切見ることが出来ない配信ライブが意外に多く、研究には思いのほか経費がかかった。


どんなライブなのか全くわからないまま視聴チケットを買ってのぞいてみたら「これで¥3,000かよ!」みたいな事も少なくない。まあファンならそれでもいいのかな…。


僕がそこで辿り着いたのは…

「まずは無料で誰でも見ることが出来るようにする。これは僕のライブ未体験の人にもライブを体験してもらえるチャンスなのだ。そして気に入ってもらえたらその気持ちに見合った金額を払ってもらう。重要なのはお金を払いたい!と思わせるような高画質&高音質&高パフォーマンスであることと、お金を簡単に支払えるシステムを用意することだ」

という結論。


配信ライブについては色んな考え方があるし、やり方も人それぞれだ。置かれた状況、環境、知名度によっても正解は違うわけなのでこれはあくまでも僕の場合の結論なわけだけど、いまも僕の現状ではこれがベストだと思って配信ライブの時には「視聴無料、投げ銭制」でやってるわけです。

僕が制作に携わっている配信ライブはとにかく高品質にこだわり、そこにしっかり制作費をつぎ込んでいます。
まずは覗いてみてください。そして楽しんでもらえたなら投げ銭を!


現在公開中の配信ライブと投げ銭ページは次の通り。

【忘れじの2023】
2023年12月に行った佐藤達哉(pf)とのデュオライブの生配信。撮影スタジオを借りてセットを作り込んだ。

●配信ページ
https://youtube.com/live/GwacyMiwXGI

●投げ銭詳細ページ(特典付き)
https://sakamotosatoru.shop-pro.jp/?pid=178630749


【MUSIC DINNER】
モモデビュー20周年記念ライブの模様。坂本サトルbandでライブサポート。

●配信ページ(2024年5月6日23:59まで)
https://youtube.com/live/-JeaBm88JcY

●投げ銭詳細ページ(特典付き)
https://sakamotosatoru.shop-pro.jp/?pid=180350296

昨日、今年の開催日が決定した例のイベントについて、出演者とスタッフのスケジュール調整が始まった。

平行してモモちゃんライブの制作担当としての打ち合わせも。

 

各所と連絡を取りながら、つくづく人生はどう人と繋がっていくのか?どう繋がってきたか?だと痛感する。

意図してはいなかったが、結果的に義理を欠いたことも多かった。裏切られたと感じた事も何度かあったけど、もしかしたら気がつかなかっただけで先に裏切ったのはこっちだったかも知れない。

取り返しの付かない事もあるだろうが、挽回できる事もあるかも知れない。そんなことをぼーっと考えて、我に返ってモモちゃんライブのセトリを考える。そんな1日だった。

 

 

夕食後からようやくミュージシャンとしての作業に取りかかる。


その中で多田慎也くんが曲をかいてくれたモモちゃんの新曲「MUSIC DINNER」の譜面を書いた。

デモ音源を聴きながらコードを拾っていたのだが、鍵盤系の作曲者の使うコードは複雑で、ギターで弾くのはかなり面倒だ。指がつりそう。

でも良い練習になるー。多田くんから刺激もらってます。

 

そのモモちゃんライブ、チケットが急に動き出してぼんやりソールドアウトが見えてきた。まだチケット用意してない人は急いでね。詳細は↓に。

 

 

※このブログについて

後日検索しやすいように、投稿日時を修正して投稿しています。例えば8月26日のブログは実際には日付の上では8月27日以降に投稿する事が多いわけですが、検索する時にややこしくなるので「8月26日」で検索できるよう、更新日時を26日の23時台に修正して投稿しています。

本文の内容と時間軸が矛盾することもありますが、そういったわけですのでご理解の上お楽しみ下さい。

 

 

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*

 

【ライブ情報】

★3月30日(土)
モモデビュー20周年記念ライブ

「MUSIC DINNER」
*会場:三沢市公会堂小ホール

*時間:open 16:00 / start 17:00

*出演:モモ、坂本サトル BAND、ライスボール

*チケット:発売中

 

【band member】

AG等:坂本サトル

Pf:佐藤達哉

Ba:坂本昌人(JIGGER'S SON)

Dr:鈴木慎也(JIGGER'S SON)

Gt:山口克彦

Violin:鹿嶋静

Guest:ライスボール

 

 

 

●ライブ詳細、チケットの購入はこちらから!

 

 

【NEWS】

●ピックキーホルダー

●デモ音源集「demo plus」通販のみで販売中!

 

 

【Youtube レギュラー番組】

●坂本サトルと伊東洋平「男二人旅」

坂本サトルと伊東洋平が宮城県内を旅する番組「男二人旅」。 チャンネル登録もお忘れなく!

https://www.youtube.com/watch?v=JL0jpoYj--0

 

●トーク番組「CRAZY DAYS」

夢中で音楽を生み出してきたシンガーソングライター『坂本サトル』が、同じく夢中になって輝く人と出会い、その魅力と真相に迫るドキュメンタリー番組。

https://youtu.be/F3ILdgqqfI4

 

 

【レギュラー番組】

●坂本サトル ひとりの時間。

*放送日時:毎週月曜 18:15~18:45

*放送局:TBC東北放送ラジオ

*出演:坂本サトル、鎌田高広(コピーライター)、伊東洋平

*番組宛メール…satoru@1260.jp

 

●らじすく!エア

*放送日時:毎週水曜 11:55~16:00(生放送)

*放送局:RAB青森放送ラジオ

*出演:坂本サトル、猪股 南(RABアナウンサー)、成田洋明(ラジオカー)

*映像配信…RABオフィシャルサイト(14:00~14:40頃までのみ)

*番組宛メール…radisq@rab.co.jp

*水丸日記…https://www.rab.co.jp/radio/rajimaru/index.html

 

●坂本サトル~ミリオンレディオ

*放送日時:毎週木曜 20:00~21:45(生放送)

*放送局:エフエム青森

*出演:坂本サトル、モモ(シンガー)、小山内創祐、西村美玲

*番組宛メール…100@afb.co.jp

*番組Facebook…https://www.facebook.com/millionradio

*Podcast…http://apple.co/3vXjQ3g

 

●坂本サトル~ひとりミリオン

*放送日時:毎週木曜 21:45~21:55(生放送)

*放送局:エフエム青森

*出演:坂本サトル

*番組宛メール…satoru@afb.co.jp

 

 

 サトル部について

このブログが気に入ったあなたなら絶対に楽しめます。

坂本サトルオフィシャルファンクラブ「サトル部」の詳細はこちらから。

 

 

 

今日のランチは思い立って初スシロー。

アプリで予約して店に着いても店員さんとは全く接触せずに指定されたテーブルについて注文もタブレット。

これだけオートメーション化されていながらお会計ボタンを押すと店員さんが来て皿を色ごとに数えるのなぜ。

支払いもバーコードをかざしてキャッシュレス決済。とにかく人間と接する場面がほぼない。これがこれからの少子化社会のあり方か!と感心したけど皿ごとに数えるのなぜ(2回目)。

 

 

昼過ぎから青森市内某スタジオにてtbcラジオ「ひとりの時間。」3月25日分収録。ゲストはモモちゃん。

この約8年間、毎週木曜に2時間近く話しているにもかかわらずまだ知らなかった話が続々出てくる。人に歴史あり。良い時間だった。

 

収録終わりで青森放送に移動し、モモちゃんの「らじすくエア」生出演立ち会い。今年から彼女のライブ制作を我がオフィスモードキーが担当、そして音源制作面でもMODE KEY RECORDS の所属アーティストとなったためマネージャーとして同行した。

 

この日はモモちゃんの新作の作曲を担当してくれた多田慎也くんがパーソナリティということで番組は盛り上がるだろうと思ってはいたが、なんだかんだで俺(その曲の詞を書いたのです)も「サブゲスト」なる聞いたことのない扱いで引っ張り出されて、らじすくだかミリオンだかわからないカオスな生放送になってしまった。

 

モモちゃんを駅まで送ったあとはスタジオであれやこれやについて電話とメールをひたすらに。

 

そうそう。

そんな中で、今日ようやく今年の例のイベントの日程が決まった。すぐに発表するけど6月の土日2日間の開催。

7月には仙台でJIGGER'S SONがあるし、ソロデビュー25周年記念ライブもやりたい。しかし仕事のペースをもう少しだけ落としたい、というわがままな自分もいる。

佳き落とし所を見つけて、今の自分に合った生き方を模索するのだ。

 

 

モモちゃんライブのグッズの発注と伊東洋平案件のデータをエンジニアに送ってようやく本日終了。

 

午前3時にスタジオを出ると外はマイナス3℃。めちゃくちゃ寒いじゃないか。車のウィンドウもびっちり凍っている。

タイヤ交換はもう少し先だな…。

 

 

※このブログについて

後日検索しやすいように、投稿日時を修正して投稿しています。例えば8月26日のブログは実際には日付の上では8月27日以降に投稿する事が多いわけですが、検索する時にややこしくなるので「8月26日」で検索できるよう、更新日時を26日の23時台に修正して投稿しています。

本文の内容と時間軸が矛盾することもありますが、そういったわけですのでご理解の上お楽しみ下さい。

 

 

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*

 

【ライブ情報】

★3月30日(土)
モモデビュー20周年記念ライブ

「MUSIC DINNER」
*会場:三沢市公会堂小ホール

*時間:open 16:00 / start 17:00

*出演:モモ、坂本サトル BAND、他ゲストあり

*チケット:発売中

 

 

●ライブ詳細、チケットの購入はこちらから!

 

 

【NEWS】

●ピックキーホルダー

●デモ音源集「demo plus」通販のみで販売中!

 

 

【Youtube レギュラー番組】

●坂本サトルと伊東洋平「男二人旅」

坂本サトルと伊東洋平が宮城県内を旅する番組「男二人旅」。 チャンネル登録もお忘れなく!

https://www.youtube.com/watch?v=JL0jpoYj--0

 

●トーク番組「CRAZY DAYS」

夢中で音楽を生み出してきたシンガーソングライター『坂本サトル』が、同じく夢中になって輝く人と出会い、その魅力と真相に迫るドキュメンタリー番組。

https://youtu.be/F3ILdgqqfI4

 

 

【レギュラー番組】

●坂本サトル ひとりの時間。

*放送日時:毎週月曜 18:15~18:45

*放送局:TBC東北放送ラジオ

*出演:坂本サトル、鎌田高広(コピーライター)、伊東洋平

*番組宛メール…satoru@1260.jp

 

●らじすく!エア

*放送日時:毎週水曜 11:55~16:00(生放送)

*放送局:RAB青森放送ラジオ

*出演:坂本サトル、猪股 南(RABアナウンサー)、成田洋明(ラジオカー)

*映像配信…RABオフィシャルサイト(14:00~14:40頃までのみ)

*番組宛メール…radisq@rab.co.jp

*水丸日記…https://www.rab.co.jp/radio/rajimaru/index.html

 

●坂本サトル~ミリオンレディオ

*放送日時:毎週木曜 20:00~21:45(生放送)

*放送局:エフエム青森

*出演:坂本サトル、モモ(シンガー)、小山内創祐、西村美玲

*番組宛メール…100@afb.co.jp

*番組Facebook…https://www.facebook.com/millionradio

*Podcast…http://apple.co/3vXjQ3g

 

●坂本サトル~ひとりミリオン

*放送日時:毎週木曜 21:45~21:55(生放送)

*放送局:エフエム青森

*出演:坂本サトル

*番組宛メール…satoru@afb.co.jp

 

 

 サトル部について

このブログが気に入ったあなたなら絶対に楽しめます。

坂本サトルオフィシャルファンクラブ「サトル部」の詳細はこちらから。