~ソーシャルファーム日記~ 障がい者就労支援を軸に日本の農業を担う。 

~ソーシャルファーム日記~ 障がい者就労支援を軸に日本の農業を担う。 

“障がい者&農家さん&若者たち”で農業をやってます。障害者雇用・就労支援など、世代も枠組みも越えて、福祉と農業で日本の食糧を支える仕組みに挑戦中!!2e5c70c50cfef4cd

にひひ吾輩は農福一体であるパー



にひひそしてソーシャルファームでありパー



にひひオリーブという時間軸を生きるパー


ソーシャルファームとしての埼玉福興
日本では、障がい者の働く場として、福祉制度に基づく「通所・入所授産施設、小規模作業所」と「企業」の2種類があるが、ヨーロッパでは第3の分野として、ソーシャルエンタープライズ(社会企業)がある。ソーシャルエンタープライズは、社会的な目的をビジネス手法で行うものである。通常の賃金、労働条件で生産活動を行い、製品・サービスを市場で販売し、利益を事業に再投資する形で、社会的目的を実現させる。 ソーシャルファームは、ソーシャルエンタープライズの一種であり、障がい者あるいは労働市場で不利な立場にある人々のために、仕事を生み出し、また支援付き雇用の機会を提供することに焦点をおいたビジネスである。 ソーシャルファーム(イタリアでは「ソーシャルコーポラティブ(社会的協同組合)」は1970年頃に北イタリアの精神病院で始まった。入院治療が必要でなくなった者が地域に住み仕事に就こうとしたが、偏見差別意識から雇用する企業が現れなかったため、病院職員と患者が一緒になって仕事をする企業を自ら作っていったのが、はじまりである。この手法は、1980年代に、ドイツ、オランダ、フィンランド、イギリスなど、ヨーロッパ各地に広がった。 日本でも同様の試みがはじまっているところもあるが、日本ではこれからスタートします。 平成5年、一つの知的障がい者生活寮からスタートし、障がい者と共に生活をし、共に働き、共に生きてきました。そして障がいがあっても立派に社会の一員として活躍できるよう努力し、挑戦してきました。 平成8年、「家族という形」・「労働力の主力となって働く」をテーマに障がい者がさまざまな形で社会的に自立できるような環境を創出し、障がい者と共に人生を歩む環境とシステムを創造することを目的として法人化いたしました。 現在では地域の高齢者、障がい者、若者たち、いろんな世代がリンクし新たな形の農業生産組織をテーマに地域活性化に貢献することを目指しております。 今後も、常にゼロベース思考で偏ることなくこの輪を広げ、たくさんの関係者からの賛同や支援を経て、事業性を成り立たせ、収益を上げ、その上でさらなる社会的課題の解決に投資、挑戦する企業として成長をしつづけていきます。


Saitama Fukko as a Social Firm
in Japan, there are two types of workplaces for people with disabilities: day-care centers, vocational aid centers, and small-scale workshops based on the welfare system, and enterprises, but in Europe there is a third field: social enterprises. Social enterprises use business methods to serve a social purpose. The social purpose is realized in the form of production activities under normal wages and working conditions, selling products and services in the marketplace, and reinvesting the profits back into the business. A social firm is a type of social enterprise, a business focused on creating jobs and providing opportunities for disabled or disadvantaged people in the labor market for supported employment. Social firms (or "social cooperatives" in Italy) began around 1970 in mental hospitals in northern Italy. Those who no longer needed inpatient treatment tried to live and work in the community, but no companies were willing to hire them due to prejudice and discrimination, so hospital staff and patients created their own companies to work together. This approach spread throughout Europe in the 1980s, including Germany, the Netherlands, Finland and the United Kingdom. Some similar attempts have begun in Japan, but this is just the beginning in Japan. We started in 1993 with a single dormitory for the intellectually disabled and have lived, worked and lived together with the disabled. We have also made efforts and challenged ourselves to be an active member of society despite our disabilities. In 1996, we incorporated with the themes of "Family Life" and "Working as a Mainstay of the Labor Force" with the aim of creating an environment and system that allows people with disabilities to be independent in society in various ways and to live their lives together with people with disabilities. At present, we aim to contribute to the revitalization of the region by creating a new type of agricultural production organization that links various generations, including the elderly, the disabled, and the young. We will continue to expand our circle without being biased by a zero-based approach, and through the support of many people involved, we will make our business viable and profitable, and on top of that, we will continue to grow as a company that invests and takes on the challenge of solving more social issues.

Translated with www.DeepL.com/Translator (free version)