皆さん、「スキューバダイビング」をやってみたくはありませんか?
おそらく8割以上の人が、ぜひやりたい!と言われるでしょう。
それは何故か?



男性の場合は、会社で仕事に追われる日々を過ごし、満員電車や交通渋滞といった雑音が多く不快な生活を続けています。
女性の場合は、ロマンチックな生活に憧れて大人になりはしたものの、子育てやパートに家事と忙しい日々が続いてしまいます。
そんな日常と一時的にもおさらばできる夢の世界へ旅立てるのが、スキューバダイビングなのです。

国内の海水浴で海なんか見飽きてるよ、という方もいるかもしれませんが、
「サイパン」の透き通った綺麗な青の世界を体験してみれば、同じ海だとは思えないでしょう。
何と言っても、「マリアナブルー」と呼ばれる圧倒的な透明度と、信じられないくらい綺麗な薄い青色が魅力の素晴らしい海が、サイパンには存在するのです。





マリアナブルーの代名詞とも言える場所が、サイパン島から高速ボートで10分以内に行ける「マニャガハ島」です。
この島は、サイパンに行ったら絶対に行きましょう!
何と!10年連続ベストビーチ賞を受賞している世界最高級の海があります。
サイパンの海は、どこも綺麗な場所が多いですがマニャガハ島のマリアナブルーと呼ばれる海は、そのすべてを凌駕します。
小型船を浮かべてみると、まるで空に浮いているかのように見えてしまうほどです。
海の中も薄い青色がとても綺麗で、サンゴや熱帯魚も豊富なのでダイビングに最適と言われているのです。

マニャガハ島だけでなく、サイパンには他にも魅力的なスポットがたくさんあります。
世界的に有名なダイビングスポットである、水中洞窟「グロット」です。
太陽から差し込む光と、驚異的な透明度を誇る海とが奇跡のハーモニーを実現させています。
このグロットでしか体験できない幻想的すぎるブルーを、ぜひ一度体験してみてください。
洞窟全体が神秘的な青に染まる、奇跡とも言える光景が皆さんを待っていますよ。

ビーチでオススメなのが、真っ白な砂浜が続き、眺める時間帯によって海の色が変わる「マイクロ・ビーチ」です。
特にオススメの時間帯は、サンライズ(早朝の日の出)とサンセット(夕日が沈む時)の海を眺めてみましょう。
素晴らしくて言葉では言い表せないくらいです。

ダイビングで海の生き物を存分に楽しみたい場合は、「ラウラウビーチ」がオススメです。
通常の熱帯魚を楽しむダイビング以外にも、大量のアジが群れる事で発生する「アジ玉」と呼ばれる現象が壮絶すぎて、
大人の男性だろうと感動してしまうでしょう。
ラウラウビーチは、ダイビングでウミガメが見れる確率も非常に高いので、多くのダイバーに人気があります。

世界のダイバーに大人気の島「ロタ島」の「ロタホール」は、水中洞窟グロットのように神秘的な青を体験できます。
このロタホールも、太陽の光と透明度の高い海による奇跡が発生し、
光が筋状になってダイバーを青白く照らしてくれます。
海洋生物も豊富で熱帯魚やウミガメだけでなく、バラクーダやナポレオンフィッシュといった大型の魚にも遭遇できる可能性があります。
その中でも、「マダラトビエイ」は体長5m近くにもなり、その大きさに驚く事間違いなしでしょうね。
ダイバーには危険の少ない生物たちですので、安心して観察できますよ。

思う存分ダイビングを楽しんだら、サイパン島最高峰のタポチョ山の山頂からサイパン全域を見渡せますので、
「あっ!マニャガハ島が見える!あっちにはロタ島があるぞ!」
といったように、数々のダイビングスポットを思い返す事ができます。
タポチョ山は標高475メートルなので、初心者でも簡単に登山できますよ。

サイパンは、数々の素晴らしいダイビングスポットだけでなく、
日本人のダイビング体験として最適な理由があります。
まず、ハワイやグアムと同じように、昔から日本人観光客で賑わっていましたので、
多くの飲食店や観光ガイドさんに日本語が通用します。
英語が苦手でも安心して旅ができますね。
サイパンのダイビングショップならマリンクエストがおすすめです。

さらに、「年間の平均気温がほとんど変わらない島」としても有名であり、
どの季節だろうと平均気温が27度前後の為、
1年中ダイビングを楽しむ事ができるのです。

最後の理由は、日本とサイパン間の距離がとても近い事です。
日本から一番近い英語圏の島がサイパンなんです。
東京の空港から3時間35分のフライトで、サイパンに到着してしまうんです。
アメリカやヨーロッパ旅行へ行った事がある人なら、
この短時間フライトはとても魅力的に感じる事でしょう。

皆さん、サイパンが奇跡のマリアナブルーと呼ばれる理由が伝わりましたでしょうか?
スキューバダイビングを体験するなら、ぜひサイパンで楽しみましょう!

PR:小平市・東村山市の外壁塗装
私の知人のお話です。

=========
私は現在中国に住んでいます。
場所は海南島というところで、中国のハワイと呼ばれているほどです。

ここは、中国政府も観光に力を入れているほどの場所で、特に島の南端にある三亜というところにはいくつものダイビングスポットがあります。

今日は、その中でも一押しの亜龍湾について記したいと思います。
まず、亜龍湾ではどのようにダイビングをすることができるのでしょうか。

実は、ビーチにはたくさんのダイビングのお店があります。

そこでは、ダイビングのレッスンも受けることができますし、そこを通して舟を借りて、ダイビングスポットまで案内してもらうこともできます。

もちろん、ダイビングに必要な機器もレンタルすることができます。

以前、私が入ったときには、舟を借りて、そこから15分ほどで到着する無人島に行きました。そしてその周辺でダイビングを楽しみました。
ダイビングだけでなく、素潜りでも美しい魚やさんご礁を楽しむことができるほどの海水の透明度で、砂浜も白く、ここが中国であることを忘れてしまうほどです。

舟の料金は一艘約15000円ほどです。2時間ほどで迎えにくる感じです。ですので、3,4人で遊びに行くとちょうど良いと思います。ぜひ、一度遊びに行ってみてくだささい。
=========

中国のダイビングもいいですね。
ライセンスを取得すれば世界中の海にダイビングができます。
ダイビングのライセンスなら
これは私の知人のおはなしです。

===↓↓===

東京に出てきて4年、そろそろ地元に帰ろうと思って仕事を辞めました。
地元は東北なので、今のうちに沖縄旅行に行きたい!
そして沖縄に行くんだったらせっかくだからダイビングのライセンスも取りたい!
そう思って半ば勢いだけで決めた3泊4日の沖縄旅行。
しかも女一人旅。

まずは旅行会社を探して、一人でも参加できるツアーを探したら意外とあることに驚き。
申し込みも完了して、つぎにしたのは座学の予約。
沖縄に行く前に、座学を完了させておかないといけなかったのです。
仕事を辞めて、地元に帰るギリギリのスケジュールだったので、
日程のやりくりがとても大変だったのを覚えています。

座学も無事完了。
そして沖縄に旅立つ直前に、カメラを探しまわりました。
写真を撮るのも好きな私。
どうしても海の中の写真を撮りたい!!そう思って秋葉原をかけまわりました。
無事カメラもゲット。それにしても今は海の中で使えるカメラも多いのですね。

そして無事沖縄へ旅立った私。
一人旅ということで不安もたくさんだったけれど、ダイビングショップのスタッフさんのおかげで楽しい旅行でした。
はじめてのダイビングの感想は「こんな世界があるんだ」ということ。
世界観が変わったといっても過言ではないくらい、全く違った世界が広がっていました。

今度は海外の海で潜ってみたい。
一眼レフを持ち込んで、海の中の世界をカメラにおさめたい。
夢はどんどん広がって行きそうです。

============

どうですか。
ダイビングすると世界が変わりますよね。

ご興味がる方はぜひ。
サイパン ダイビングなら
沖縄 ダイビングなら